薄着の季節なので鎧祭りの続きです。

改めてインナー鎧(いわゆるアウター用のブレストガードをジャージの中に着る)の効能を書いておきますと、
  1. 見た目が格段におとなしくなり、ご近所やカタギの方への威圧感が格段に減る。 
    市街地や里山を通過するツートラやクロカントライアルなんかでは、特に効果的。
  2. ジャンプ中や、空中に放り出された場合の、ガードが体から浮き上がって離れてしまってガード製が低下するのを防ぐ。
    外に付けるよりもプロテクション効果は上がります。
  3. インナータイプに比べて、体から離れる空間確保がされてるので格段に涼しい。
  4. ザックやキャメルが体に張り付かなくて快適。肩ベルトの食い込みが緩和される。
  5. 今まで黙ってましたが(^^ゞ雨の日に濡れた衣類が貼り付かないので冷えが少なくとても快適

ピンク字が追加分
薄着の今、ちょい乗りだから、ツーリングだから、トライアルだからなんて言わずに、山バイク乗るときゃ必ず着る習慣を付けて、不要な怪我を減らして長〜くバイクライフを楽しみましょう。
(これをサボって怪我をして一年間の乗車禁止処分を受けたお客様がいらっしゃいました)
もひとつ付け加えれば「まだ下手ですから」は要らない理由になってません。ビギナーさんほど理解不能なクラッシュをされます。ガード類は上手な人ほど要らなくなります。乗り始めは何かと物入りで大変だとはおもいますが、オトーサンの安全費用は特別会計からなんとか捻出お願いします。>奥様方

今年のイチオシはこちら
IMG_0340IMG_0341












FoxのR3ルーストデフレクターです。
カラーは3色 
Mサイズ   定価 ¥12600− を トレックフィールド売価 ¥11340−
Lサイズ    〃  ¥14700− を       〃       ¥13230−
シアワセな価格でしょ?

お安いのもさることながら、構造がシンプルで、体につく部分が極端に少ないのが分かりますか?
IMG_0343IMG_0344これが軽さと涼しさの秘密です。



肩の盛り上げも控えめで、インナー使用に向いてます。




IMG_0342IMG_0347この隙間感伝わるかな?











IMG_0346IMG_0345ここで大事になってくるのがサイズ選びです。肩パッドの取り付け部分で、Mは2段階、Lは3段階ビス位置を変更して調節が可能です。

つまりメンズでは
M小
M大
L小
L中
L大
の5サイズが選べます。
このサイズ設定が合わないと、微妙に違和感あったり、不必要に重たく感じたりします。(これホント)
なのでおせっかいなトレックフィールドでは、できるだけ常時5サイズをセット済みで、いつでもすぐ着比べられるように用意してます。(^_^)v

ご来店の際は話の種に試着してみて、ついでにジャージも被せてみて意外な動き易さや涼しさを体感してみてくださいね。

恒例の体重測定  公平を期すために、袖パーツは無しで測定してます。
IMG_0336Lサイズ  約915g












IMG_0337Mサイズは 約700g












IMG_0334参考までにいかにもインナータイプの
DFG  は  約690g

こちらの紹介はまた今度