トレックフィールドの「ぎょうれん」

てんちょうの商品への思い入れ

プロテクター

ガンダムの膝?

IMG_0109 なんて書くとガンダムマニアさんに怒られそうですが(^^;

人気のアチェルビス、インパクトニ―シンガードに新色ホワイトが追加になりました。数あるヒンジ付きに―シンガードの中で最も軽くて動きが良いのが魅力です。

前回の紹介ぎょうれん参照

ただのカラー追加なんですが、どことなく軽くてお洒落に見えるのでホワイトセットで飾ってみました。

10月からの販売価格は 定価14850を 税込み¥14100−です。



IMG_0111IMG_0112 無駄に外付けしたくなったりして(^^;

そうそう、きつきつでキノコフックが外しにくくて毎回リーマーで穴広げて販売してたんですが、この白はジャストサイズで節度ある着脱感に進歩してました。(^^)v ぎょうれん読んでくれたのかしら?

新作ザルメッシュ鎧(色物追加!!)

IMG_0077IMG_007810/16 追記
色物入荷しました。
白と赤(フレイムレッド)です。どーせ中に着るから関係ない、という方もいらっしゃいますが、やっぱしちょっと華やかだったり軽そうだったりします。(^^)v





IMG_0079IMG_0080微妙な色合いが画像では伝えにくいですが若干マゼンタ入ってる?な感じの赤でした。
参考グローブはフツーの赤。








IMG_5455
IMG_5458 今年の新作ヨロイです。どちらもザル?のようなメッシュ構造が売りです。

今日紹介するのは右側の肩付きのほう。
MX20 R3モデルです。ホントは3色設定なんですが、現在のところ黒しか用意できてません。
本体価格定価 16000円
10月からは     17600 を  16200円

IMG_5462IMG_5463IMG_5469一目でたくさんの風穴が開いてるのがわかります。
あ、背中の上端パーツの網模様はダミーです(^^; ただの平板に窓開けただけではなく、ちゃんと立体的にハニカム構造っぽく整形して強度を上げてます(^^)v
IMG_5467IMG_5468もっと大事なのは体に当たるパッド部分です。旧R3モデルに倣って、外周部分だげ当たって、他はフローティングしてくれます。
これが涼しさの秘訣でもあり軽量化にも貢献してます。








IMG_5465IMG_5464











IMG_5466IMG_5470肩パッドは前後パネルをつなぐ役割で、シンプルにベルクロ止めでアジャストが可能。
フロントパネルが男女共用を意識したのか?若干巨乳仕上げになってるんですが、これが体とのクリアランスを確保して涼しさのもとになってます。肩パッドも意外に出しゃばらなくて収まり良く、可動しないぶん動きを邪魔しません。強いて難点を言えば、サイドのゴムベルトがけっこうギリギリの長さで、軽い圧迫感を覚えます。インナーに着ることでズレや逃げを防げるので、もう少しゆったり着たいのが本音です。簡単な延長キット発明せねば(^_-)-☆

IMG_5471でもって、S/Mサイズで695g!!
因みに当店最軽量のアルパインA-1が630g
旧R3が袖付きで845g

安心感あって軽くて涼しい!

入ってくるそばから売れてってるのもうなずけますでしょ?(^_-)-☆

本体価格定価 16000円
10月からは     17600 を  16200円

まだヨロイをお持ちでない方は、いっぺん試着して安心をゲットしてくださいね。

愛がこもったニーシンガード 終了!!!

ブログネタ
オフロードバイク に参加中!
大変残念なお知らせです。
長年にわたりお世話になってきたUFOの二―シンガードですが、在庫限りで廃版となりました。(T_T)
ここまで脛部分が細い二―シンガードは他に見当たらないので、完売後がとても心配です。
立派なおみ足で、ブーツの締まりが怪しい方はお早めにゲットしてくださいませ。

※慌てて残り買い占めましたが、在庫4セットのみで〜す!

2007年7月の紹介記事 ↓

UFOニーシン1
UFOニーシン2

トレックフィールドではオフロードで遊ぶための最低条件が「オフブーツと膝パッド」です。これだけで怪我率がぐっと下がります。

特に膝パッドは、決して高いものではないので、ぜひ1セットは用意してくださいね。



2016.2.10 価格改定   定価¥5184−を トレックフィールド売価 ¥4660−

この製品の最大の売りは膝は大きいのに「脛パッド部が一番細い」です。

これはブーツが締まるかどうかの瀬戸際の方にとってはとっても大事なことです。

参考までにふくらはぎのピーク部外周の実測で「プラス35mm」です。
(パッド無しで370mmの方がこれをつけると405mmになります。)
また全長も短めですので、ブーツへの収まりがとても良いのです。

また左右があります。上の画像は左用で、脛部が微妙に湾曲してるのと、内側のニーグリップ部分のウレタンパッドが長めになってるのがわかるでしょ?よくできてます。

UFOニーシン3

さて、ココからがウチの「愛」です。

上の左が改造前、右が改造後です。

いったい誰に合わせたのかはわかりませんが、なぜかこの製品、下側のベルトが異常に短いのですよ。そのまま販売すると下側のベルトを目イッパイ引っ張るので、ゴム跡びっちりで痒くなったりします。

で、こだわり用品屋は付け足し延長はコストも手間もかかるので、左の画像のようにベルクロを一回はがして端っこに移動して販売しています。もちろん改造代は無料。よそとは一味違うんだな、これが。(^^)v

パッドはぜひいろいろ試着してお求めくださいね。
ブーツ持込み大歓迎ですから。


続きを読む

もてぎ?とイーハトーブに向けたインナー鎧 再紹介


IMG_5134来週はいよいよもてぎで世界選手権トライアルですが、こんな通達がでて選手とマインダーはCE規格のバックプロテクターが義務になりました。
トライアル業界では←こんなのが主流なんですが、これがなかなか暑くて脱ぎ着が大変なうえに、背中のパッドのツッパリ感がすごくて、意外に重かったりします。




IMG_5119IMG_5136 











当店では以前からトライアル用インナー鎧としてA-1ルーストをお勧めしてます。
2016年に紹介したぎょうれん記事参照

IMG_5121IMG_5122画像だけではカチカチのプラスチックに見えますが、これが意外に柔らかいんです。








IMG_5123IMG_5124 背中は2分割でしなってくれるし、フロントパネルもこんなに曲がってくれます。








IMG_5126IMG_5130 今回さらに軽く涼しくする裏技やって見たので紹介しときます。

まず肩パッドとセンターパッドを外します。
で、本来内側に張り付くY字の樹脂ストラップを外側通しに変更します。
これで肌当たりと通気路確保が格段に向上します。

IMG_5131 蛇足ですが、2サイズありますが、フロントパネルの大きさ以外はすべて(背パッド&ベルト長)同サイズなので、軽快にトライアルされたい場合は迷わず小さいほう(M/Lサイズ)をチョイスしましょう。肩のベルトを最大に伸ばせばけっこう大きくなります。(^^)v


拡大画像が見やすいアルバム




そして驚きの体重測定 ↓


続きを読む

イーハトーブに向けた鎧カタログ その1

暑くなると急に売れ出す、涼しい鎧の再紹介(一部価格修正)
初版2014年06月20日掲載

今年のイーハトーブトライアルはより一層の安全対策に力を入れてて、
チェストプロテクターについても強く推奨になりました。

トレックフィールドでは以前から「インナー鎧の薦め」としてトレッキングやトライアル界、果ては林道ツーリングでも装着を呼び掛けてきました。
つけてて良かった実例

そもそも何故「付けた方が安全上良いのは分かってるけど付けない」のか?
色々理由があるでしょうが、やはり 見た目がゴツイ・重い・暑い動きにくい・そして高い?(^^ゞ
この中でウチがもっとも重視してるのが「暑い」です。
走行風も期待できないトライアル&トレッキングで、断熱材を体に貼り付けて動き回ることは自殺行為です。
いわゆるインナータイプ、ソフトタイプをオススメできない理由はそこにあります。
衝撃吸収は硬い樹脂パーツにお願いして、体に当たるパッド部分はできるだけ小さく、
そして軽くてコンパクトなものをチョイスしてみました。

一番の推奨鎧は今でもFoxの「R3ルーストデフレクター」です。
以前紹介した記事をそのまま貼り付けておきます。

改めてインナー鎧(いわゆるアウター用のブレストガードをジャージの中に着る)の効能を書いておきますと、
  1. 見た目が格段におとなしくなり、ご近所やカタギの方への威圧感が格段に減る。 
    市街地や里山を通過するツートラやクロカントライアルなんかでは、特に効果的。
  2. ジャンプ中や、空中に放り出された場合の、ガードが体から浮き上がって離れてしまってガード製が低下するのを防ぐ。 
    外に付けるよりもプロテクション効果は上がります。
  3. インナータイプに比べて、体から離れる空間確保がされてるので格段に涼しい。
  4. ザックやキャメルが体に張り付かなくて快適。肩ベルトの食い込みが緩和される。
  5. 今まで黙ってましたが(^^ゞ雨の日に濡れた衣類が貼り付かないので冷えが少なくとても快適

ピンク字が追加分
薄着の今、ちょい乗りだから、ツーリングだから、トライアルだからなんて言わずに、山バイク乗るときゃ必ず着る習慣を付けて、不要な怪我を減らして長〜くバイクライフを楽しみましょう。
(これをサボって怪我をして一年間の乗車禁止処分を受けたお客様がいらっしゃいました)
もひとつ付け加えれば「まだ下手ですから」は要らない理由になってません。ビギナーさんほど理解不能なクラッシュをされます。ガード類は上手な人ほど要らなくなります。乗り始めは何かと物入りで大変だとはおもいますが、オトーサンの安全費用は特別会計からなんとか捻出お願いします。>奥様方

今年のイチオシはこちら
IMG_0340IMG_0341












FoxのR3ルーストデフレクターです。
カラーは3色 
Mサイズ   定価 ¥15120− を  イーハトーブト特価 ¥13600−
Lサイズ    〃  ¥17280− を       〃       ¥15500−
シアワセな価格でしょ?
この商品に限り2014イーハトーブ参加者 又は 実行団に限り送料サービス!!
お安いのもさることながら、構造がシンプルで、体につく部分が極端に少ないのが分かりますか?
IMG_0343IMG_0344これが軽さと涼しさの秘密です。



肩の盛り上げも控えめで、インナー使用に向いてます。




IMG_0342IMG_0347この隙間感伝わるかな?











IMG_0346IMG_0345ここで大事になってくるのがサイズ選びです。肩パッドの取り付け部分で、Mは2段階、Lは3段階ビス位置を変更して調節が可能です。

つまりメンズでは
M小
M大
L小
L中
L大
の5サイズが選べます。
このサイズ設定が合わないと、微妙に違和感あったり、不必要に重たく感じたりします。(これホント)
なのでおせっかいなトレックフィールドでは、できるだけ常時5サイズをセット済みで、いつでもすぐ着比べられるように用意してます。(^_^)v
6月20日追記
06065_285申し遅れましたがレディースサイズもあります。
基本メンズの構成でフロントパネルのみ専用の胸のふくらみ持たせたものになってます。
色はこの色だけ
サイズが S/M と L/XLの2種類

定価 ¥16200− を  イーハトーブ特価  ¥14500−
※価格修正しました





ご来店の際は話の種に試着してみて、ついでにジャージ(マイジャージ持参推奨)も被せてみて、
意外な動き易さや涼しさを体感してみてくださいね。
 

恒例の体重測定  公平を期すために、袖パーツは無しで測定してます。
IMG_0336袖無しLサイズ  約915g









IMG_2170
袖付き Mサイズは 約845g




続きを読む

短パンに使えるお手頃ニーシンガード


IMG_3069
ホントはアチェルビスのを売りたいのですが、なかなかおいそれとは押せない価格(13800)なので、お求めやすいよく似た商品?を在庫してみました。

SCOYCO フレキシブルニ―プロテクター
白・黄・緑

 トレックフィールド売価 税込み¥7560−

何がどう違うのか元祖と比較してみましょう(A:アチェルビス S:SCOYCO)

IMG_3072IMG_3073通気孔は若干Sのほうが多いです。









IMG_3077
IMG_3076裏地材ですが、
Aはつるっとしたナイロンでちょっと汗吸い悪そう 真っ先に切り取りたくなる白いタグもウルサイ(ーー;)
Sはタオル風で肌に優しそう
でもこの手のパッドを直接素肌に付ける方はほとんどいないので無問題か?
IMG_3078IMG_3079外して洗いたいパッドの付け外しはSが樹脂ホックのみなので楽ちん。Aは金属ホックと爪引っ掛け。

ただ耐久性やダメになった場合の補修は「?」です。
IMG_3075IMG_3074ヒンジ部のピボットネジは
A両面アルミ
B裏アルミ
 表樹脂ビス

スペアの供給は不明
こういうのは用意しててほしいですが>輸入元様
IMG_3080IMG_3085深曲げ対応感は互角

でも 内装の収まりはAのほうが上

Sは重なり部が折れ曲がってきそう。



IMG_3083IMG_3081約一割 Sのほうが重いです。









IMG_3087IMG_3088一番の違いはここ。

Aは超スムーズで軽い動きですが、Sは若干の抵抗感。

それと深曲げ時は互角ですが伸ばし切ったときにSは追従しきれず曲がったまま少し浮く感じがあります。
ただそれが重大な支障あるかといえばそんなことも無くて、価格差を考えればとても良くできた二―シンガードだと思います。

ぜひ両方付けてみて立ったりしゃがんだりして、お財布と相談して選んでくださいね。


強化されたピボットニーシンガード

 やっと入荷!軽量ピボット二ーシンガード 」
で紹介して好評だった膝パッドがマイナーチェンジしました。


IMG_1865
 IMG_1854パッと見はほとんど変わってませんが

細かい改良が加えられてます。 

一番は重さが増えました。

356g→395g

でその分アウターシェルの厚みが増えて
強度が上がりました。(^^)v

前のぎょうれんの不安感を読んでくれたのかしら?(^^;

これからの短パンシーズンに活躍してほしいプロテクターですので嬉しい改良です。


ac-17195_top21608_top右が新型です。

輸入元HP
旧型  新型












IMG_1867IMG_1868動きの良さはそのままに、ピボットのネジが一回り大きくなって引っかかりにくくなりました。



 









IMG_1855IMG_1856もう一つ、内側のゴムの取り付け部が三角別体パーツだったのが直接本体スリットに縫い付けに変更されました。

こうすることで破損・脱落トラブル率を下げ、軽量化できた分本体シェルの厚みアップに貢献してます。


残念ながら価格も増加してて(^^; 定価¥14580− を トレックフィールド売価¥13800−です。


細かい仕様は前回のぎょうれん参照ください。

IMG_1857IMG_1858もう一つ気になったのは、このひっかけパーツの形状のバラつきです。

キノコの頭の大きさや向きに個体差があります。

それとひっかけ穴との相性があって、気持ち知恵の輪 のようなコツが要るようになりました。慣れてしまえば大した問題ではないのかもしれませんが、老舗プラパーツ屋さんにしてはちょっとね(^_-)-☆

超軽量 肩無しヨロイ 売れてます

IMG_1688トライアルやトレッキングでのブレストガード着用は、インナー鎧のススメの影響か?(^^ゞ、イーハトーブトライアルでも推奨されて、
世界選手権では来年から義務?にもなりそうな勢いです。

現在でも安くて強くて涼しいのはFoxR3であるのは変わらないのですが、
どーしても肩が無いのが欲しい、って方もたくさんいらっしゃいました。

で、今回紹介するのはアルパインスター A-1 ルースト
定価¥17064− を トレックフィールド売価¥16200−です。

IMG_1689IMG_1690こそっと新発売されて、店頭で試着していただくと、
「お、これなら良いわ」って、たくさんある他のに目もくれずに買われていく不思議なヨロイです。




IMG_1682最大の売りは何と言ってもその軽さ

実測590gは断トツで、

予備知識なく手にされた方でも素直に「軽いですね」
って言ってくれます。(^_^)v










IMG_1695もうひとつ長所は、インナータイプの中でも最も通気孔が多いです。

さすがにアウタータイプには及びませんが、フィット感と通気性とかなりよくバランスしてると思います。

サイズ調整もベルクロでかんたんにできますし、
ウレタンだけの肩パッドもお好きな位置に貼り直せます。

因みにツマミがついた赤いゴムは、ネックブレース固定用です。



IMG_1691IMG_1692











IMG_1696背中の内側はこんな感じ、まあまあの通気穴です。

おそらくシングル(前だけ)使用もできるようにの配慮だと思うんですが、樹脂のストラップ(Y字プレート)が背中に貼りついてしまうのが残念なところ。

まあ、素肌に直接の方はいないでしょうから、それほど気にならないと思いますが、
見た目を無視すればガードの外を取り回しも可能に見えます。
今度実験してみようっと。

ネックブレース対応を謳ってますので、背中上部は外せます。

IMG_1693IMG_1694ベルクロでくっついてるだけですが、トライアルやトレッキングで頑丈なブレースは使わないので、まず外されることはないでしょう。

特にこの外せるプレートの材質がちょっと独特なんですが、これが軽さの秘密かしら?

冗談抜きで命にかかわるプロテクターです。
他に無い軽さとフィット感をぜひ味わって
乗るときは必ず守る習慣をつけてくださいね。

続きには新しいハカリで出来るだけ条件をそろえた体重測定を掲載してます。↓


続きを読む

やっと入荷!軽量ピボット二ーシンガード

昨年ちょろっと入荷して、「おっ!これ良いじゃん。俺も欲しい!」って追加頼んだら、
「完売、春までお待ちください」、でようやく来ました。 
IMG_0125IMG_0126IMG_0127















見た目バッチリ、深曲げOK ゴムベルトは引っかけタイプで着脱はワンタッチ。
短パン使用にもお洒落でしょ?

商品名は「IMPACT-EVOニーブレース」ですが、サイドに骨が入ったブレース効果はありません。
ただの二重ヒンジ付きのニーシンガードです。
定価¥13824− を トレックフィールド売価 ¥13200−

名作FLYに代わるものはないかとイロイロ入れてみましたが、
けっこうどれもしっかりしすぎて重たいんです。(軽いヤツは深曲げ追従がイマイチだし) 
MXやエンデューロで走り続けてるだけならそれほど苦にならないんでしょうが、
トレッキングやトライアルでは歩く量もかなり増えるので
重さがじわじわ効いてくるんですねぇ。

でこいつは外見とは裏腹にけっこうペラくて軽いんです。
ダシパンのみならず、入れパン内の収まりもグッドですよ。 
IMG_0132実測356g!

参考までに
Fox  タイタンPro  438g
リアット デュアルアクシス 436g

明らかに軽快です!
 
今日半日店の中で付けて歩いてみてたけど、
これなら1日歩き回っても大丈夫そう。(^_^)v

あ、絶対強度はやや落ちるので、ハイスピード優先の方には向きません。
IMG_0137IMG_0134 内装は残念ながら通気も吸水も悪そうなウレタンですが、ドットボタンで簡単に外して洗えるのは嬉しいです。
汗出しタイツ快適ソックスで対応してください。

ドットボタンが付いてないところは爪を引っかけてあるんですが、FLYでは直接足に当たって痛かったんですが、こちらはちゃんとウレタンパッドに埋もれてて当たりません。(^_^)v

IMG_0139
IMG_0140 











IMG_0526IMG_0525あらかじめアジャストしておいたベルトの赤いプラフックを引っ掛けます。

弱点としては、やや頼りないゴムバンドとそれを通してあるアジャスターが気持ち緩みやすいことかな?


ただ膝上も留めるタイプは多少緩んでもブーツである程度押さえられてれば、
ルーズフィットのままでも使える(落っこちて膝頭むきだしになったりしない)ので
それほど気にならないかもしれません。

もう少しノーマルで使い込んでみて気になるようなら、
ゴムに関しては交換もそれほど手間ではない(たぶん)ので、
もう少し厚手のしっかりベルトで対応するかも?です。 

あふたーさーびす

PC270353プロテクター類ではお馴染みK社さんちのヒンジ付きニーシンガードです。

膝頭の廻り込み大きくて安心感あります。

特に足が立派で(^^ゞ膝廻り大き目の方にオススメです。

裏張り内装も外して洗濯できます。(^^)v

暮れに値上がりしてて、
税込み定価¥10584− 
トレックフィールド売価¥9800−
 

PC270354PC270355でもこいつの一番エライところはスペアベルトだけ販売されてるところ!

ちゃんと長さを変えて左右6本セットで¥1620−
なかなかこういうアフターパーツって珍しいというか、ほとんど存在しません。K社さん、えらいっ!!
ウチで同じく作ったら価格が倍になっちまいますもん。










 続きを読む
アクセスカウンター
  • 累計:




Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
訪問者数