トレックフィールドの「ぎょうれん」

てんちょうの商品への思い入れ

キャメルバッグ

超お得なハイドレーション付きザック

IMG_4077山遊びや林道ツーリング、イーハトーブのようなツー虎で威力を発揮するバックパックです。
「レースでもないのに」って見ぬふりしてきた方も、今年の暑さと熱中症への警鐘で必要性を感じたのではないでしょうか?

トライアル界では有名なS3社製 税込み¥9936−
収納スペース15L リザーバー2L
見れば見るほどよく作り込まれてて、この価格はあり得ません!です。

IMG_4078IMG_4079ベルトは最近流行りの「センターホック?」どっかで見たような(^^;「X攻撃タイプ」

ワンタッチで包み込むようなホールド感。
脇に食い込まず揺らしません。
使わない腰ベルトがブラブラもありません。
IMG_4080IMG_4081ベルトの長さは上下ともビリビリアジャストが可能。
特に下側はゴム入り+2段アジャスト






IMG_4082IMG_4086咬むと開くマウスピースにはカバーが付いて、さらに洗剤キャップのような引っ張り出してONのコック機能付き。
※リザーバーはA社と共通。工場は一緒かな?
※正直ここだけはキャメルのマウス直付けのほうが軽くて快適だと思われます(^_-)-☆

IMG_4084IMG_4085こっちがメインの部屋。
たっぷり2Lは入るリザーバーを丈夫なハンガーベルトが支えてくれます。





IMG_4083IMG_4087こちらがサブ部屋。
細かい仕切りと何故か「外せるメッシュポーチ」がついてます。

ここまでやって1万円切り!お得でしょ?

因みに現在お勧めのドイターザックは8000円〜11000円ぐらい。キャメルの中身だけは4500円〜ですからね(^_-)-☆

今ならまだイーハトーブに間に合います!24日(金)安比会場渡しも可能です。(^^)v

闘わないキャメルこれくしょん

IMG_1889 来週からいよいよ夏本番らしいので、キャメル棚(壁)作りました。
今回の目玉はザック付きタイプです。
レースや大会で使う場合はハイドロやクラシックのような「闘うキャメル」 (水だけ背負えればいいや)のスリム仕様がよいのですが、ナンバー付き自走お山遊び派はそうもいきません。
朝晩の舗装移動と日中のもがきの運動発熱量の差をカバーするためのウェアの増減に対応したり、昼食や雨具を背負ったりしなければなりません。

これまではキャメル純正が比較的高価だったので
レース用と仕込み可能なザックの併用をお勧めしてきましたが、最近お手ごろな価格帯でキャメル入りのザックが入手可能になってきたので並べてみました。




IMG_1891IMG_1890IMG_1892


 











こちらがイチオシ  「オクテインSCUDO」    ¥10500−
欲張り3Lリザーバー込みで荷室13Lを確保
小物ポケットも充実 レインカバー装備  しなしなで超軽量 522g

IMG_1893IMG_1894IMG_1901














ついでに入れてみた「クラウドウォーカー20」   ¥8400−
2Lリザーバー込みで容量18L  コストの関係で小物はファスナーポケットが1個
レインカバー付き

IMG_1898IMG_1899IMG_1900











リムランナー25」   ¥9800−

3Lリザーバー込みで22L
こちらは蓋部分に充実の小物入れ  レインカバー付き

IMG_1897下の2種はきっちりした芯材が入れられて背中の通気トンネルもきっちり確保されてるものの、単体重量がやや重めです。

 面白いのはリザーバーを吊り下げるループが無く、メインの給水口の取っ手ベロを引っ掛けて固定する受けが作られてるところ。芯材のなせる技ですが、どっちが 便利なんでしょうねぇ?






IMG_1886IMG_1887さらについでに紹介

大昔「へびチューブ」 として紹介した「アンチドートチューブディレクター」が帰ってまいりました。

¥3300−

だいぶ価格も上がっちまったのですが、 以前は無かったL字コックとリザーバーとのワンタッチジョイントが追加されてるので許してつかーさい。

これを使うとマイクのようにマウスを立てておけて、必死に探さなくて良くなるのよ。(^^)v 
あ、注意しておきますが、ホースを洗おうとして 外筒から引っこ抜いてはいけませんよ。
その昔、レース前日に戻せなくなって困ったSさんって方がいらっしゃいましたから。(^^ゞ 

3リッター キャメル 入れてみました。

暑くなってきてキャメルバッグの大切さが身にしみてきましたね?
通常の1.5Lと2Lモデルに加えて、TNPの反対のKNP(高燃費)な汗かきさんのために、
3Lモデルも用意してみました。
いつでもどこでもマメな給水で熱中症対策を。
dea5a847IMG_1823 











左が オクテイン XCT    ¥8500−
右が オクテイン 18X    ¥12000−

従来サイズも含めてなかなか供給も価格も安定してません。
欲しいの見つけたら即キープお願いします。

ところで今回入荷分でびっくらこいたのがこちら
IMG_1818IMG_1819











なにやら見慣れないパーツが追加になってたのですが、どこかで見たような・・・

以前紹介した別売り胸ベルトに付いてたような「ホイッスル」が標準装備になってました。

う〜む・・・真似っこすか?(^^ゞ

詳細は追記にて

続きを読む

キャメルねた2点

その1 胸ベルト 黒¥525− オレンジ¥630−
m-DSCF0133一番お手ごろで買いやすいハイドロバッグには胸ベルトが付いてきません。。以前はスターナムストラップが別売りで手に入ってたけど今は何故か廃盤。で、こいつが無いとなかなか色っぽく?肩からずり落ちやすいときたもんだ。高いモデルには標準装備だからそっちを買えということか?(ーー;)
一瞬自作も考えたんですが、出来合いの手ごろなの見つけたので在庫しました。




m-DSCF0136商品自体はこんなの。

これで¥525−
(真っ黒モデル)

20mmベルトにバックルとTカン2個、それにショック吸収のゴムが縫い付けられてます。

絶対自作より安いです。


m-DSCF0134こんな感じで取り付けます。

こいつがちゃんとしてると、両腕の付け根に「線」で食い込んでたのが、
H型の「面」で荷重を受け止めるようになるので、ライディングの邪魔になりにくくなります。






m-DSCF0137因みにオレンジパーツはなんと「笛(ホイッスル)」になってます。
こちらは¥630−

音色は時代劇の「曲者!出合え、出合え!!」のときのピーッって甲高い音がでます。

山の中でSOSしたいときはだいたい声が出なかったり、届かなかったりしますが、これがあれば体力使わずに誰かを呼べます。

オブザーバー用としては少々物足りませんが(^^ゞ続きを読む

キャメルアクセサリー 値下がりやがりました(ーー;)

エンデューロはもとより、今やクロカンや山遊び、トライアルから草刈作業まで?いつでも水分補給できるキャメルバッグはじょーしきグッズです。(きっぱり)

P6022126
10(イチゼロ)キャメル、入荷しました。
右端は珍しくて入れたらすぐ無くなった変わりキャメルなので無視していただいて、残り三つが10ハイドロバッグ(1.5L) ¥5700−
2Lのクラシックバッグも入荷¥6800−



P6022127それぞれ少しずつ値上がりしましたが、悪評だった08キャメルよりは格段に使いやすくなったのでご勘弁下さい。

なんつってもリザーバー(内袋)の出し入れがぐっと簡単で吊り下げ式になりました。
小物入れスペースも拡大されたので、これだけでレースも可能かな?

P6022124今日の本題はこちら。本体は値上がりしましたが、ばら売りアクセサリーが勝手に値下げされてました。

左上:クリーニングキット
¥1995− → ¥1500−
左下:なんだこれ
¥2100− → ¥1680−
その右:スターナムストラップ(後付胸ベルト) ¥900− → ¥800−
真ん中:チューブエクステンダー(本来はマウス付き延長キットですがホースがダメになった場合のスペアに) ¥1500− → ¥1350−
右上:オメガリザーバー(マウス付き中袋)
1.5L ¥4400− → ¥3500−
2.0L ¥4700− → ¥4200−
右下:ビッグバイトバルブ(マウス部分だけ)
¥1000− → ¥850−

まあ、今まで不当に割高だったのが、ようやく妥当なバランスに訂正されたと言えばそれまでですし、これを見ているお客様方は下がって喜んでいらっしゃるでしょうが、真面目に予備パーツをけっこう在庫してた弱小用品屋はたまったもんじゃないのよ〜〜〜!どーしてくれんだっこの!!
泣く泣く値段書き直しました!(T_T)
続きを読む

なんだこれ?

P8071269キャメルバックのカタログで見つけたものの、どーしても使い方がわからず、入れて見ました。

さて、どーやって使うんでしょう?

続きを読む

最後の?ハイドロ

PB250598輸入元HPでは、とっくに「完売 今期の入荷はありません」になってて、今期は諦めて他のを漁ってたらば、ひょんなところで発掘されました。

紺色は3つしか無かったので、思わず「全部いただくわ」って叫んじゃいました。(^^ゞ

ハイドロバッグ  1.5L    ¥5400− 当然先着3名様限り

こいつを買うと必ず欲しくなる?後付けの胸ベルト「スターナムストラップ」も在庫あります。画像右¥900−

使い方はこちら

ドイター祭り 詳細

秋の?ドイター祭り で詳しくはまた今度って書いてしまったので、駆け足で紹介しておきます。


レース (赤のみ)    10L      トレックフィールド売価¥5980−
レースX (青のみ)    12L          〃       ¥6480−

P8230167

このふたつはまったくの同仕様でサイズと色だけが違います。

ザックとしてはかな〜り小型ですが、山遊びでウェストバッグと併用しやすいサイズです。

 

 

P8230170メッシュのショルダーストラップが、軽さと涼しさを演出。

表の縦開きのポケットは意外に大きめ。

内側にはふたつの小物入れ。

当然無くさない(ココ大事!)レインカバー内臓

P8230169P8230168

P8230173

 

 

 

 


  ツアーEXP グレー 又は オレンジ) 10+3L(可変)  〃  ¥5380−

P8230174

このモデルだけ残念ながらレインカバーが付きません。

これだけ見るとけっこう大きそうですが、レース並みのショートタイプ(バッグ長40cm)です。

コイツの最大の売りは容量可変です。

 

P8230178右が通常、左が増量状態です。

ウェアの脱ぎ着で調節したい時、不意のお土産ゲットなんかに重宝します。

ナゼかこいつだけキャメルトンネルが開閉式です。

 

P8230180P8230181

 

 

 

 


クロスバイク  (赤 又は 青)   18L   〃  ¥7980−

P8230158私が昔からクロカンで使ってたオレンジザックの後継モデルです。

さすがにこのサイズですとショルダーストラップがしっかりタイプになります。

もちろんレインカバー内臓(^^)v

 

P8230159P8230162

 

 

 

P8230166もともと自転車屋さん用ですので、外側にヘルメット(チャリの)ホルダーになるベロが付いてます。

で、荷物イッパイではみだしちゃったら、こんな風にも使えます。

 



こんなもんでだいたい伝わりました?全体に共通して言えるのは、表地は比較的薄手の素材で軽量化を追及してますが、背面パッドはしっかり盛り上がってて、通気トンネル確保を真剣にやってくれてます。自転車屋さんの思いはそのままバイクでもいけますよね。

価格以上の性能だと思います。

「いつでもどこでもキャメル給水」下見でも>KBCさん)するための素晴らしいツールをゲットしてくださいね。

秋の?ドイター祭り

「ちゃんと物が入るキャメル入れ」です。

キャメルからも「少しは物が入るキャメル」が売られてますが、まず高いのと使い勝手がいまひとつなので、トレックフィールドは使い分けを考えて「フツーのキャメル+キャメルが入るザックの組み合わせ」を推奨してます。

P8230157P8230156

 

 

 

 

右画像は何処が光るか?チェック用。レインカバーも光ってます。

このシリーズはもともとチャリンコやさん用なので、

  1. キャメルが仕込めるようになってます。(内臓フック・ホーストンネル・クリップ)
  2. レインカバーが仕込んであります。(ツアーEXPを除く)
  3. 軽量・コンパクトで、ウェストバッグとの併用が楽です。
  4. ショルダー部もメッシュで通気性抜群(クロスバイクを除く)

上段左赤  レース     10L      トレックフィールド売価¥5980−
 〃中のグレー&オレンジ  ツアーEXP 10+3L(可変)  〃  ¥5380−
 〃右赤&下段右青    クロスバイク  18L   〃  ¥7980−
下段左青   レースX     12L          〃  ¥6480−

P8230160P8230161

 

 

 

 

P8230170P8230173

 

 

 

 

個々の説明は後日追加します。

お近くの方は、とっとと現品確認においでください。 

なかなか手強い?08キャメル

P6120012 いよいよ暑くなってまいりまして、給水の大切さが身にしみてまいりました。サントレ準備で炎天下動き回ってて3時過ぎから、なんか頭痛い・・・と思ったときには時すでに遅し。軽い脱水と熱中症で夜飯食えず・・・が2回ありました。

荷物は降ろしてもキャメルは降ろすな。飲みすぎぐらいが丁度良い?かな?

ところでココのところ、キャメルバッグの供給が悪化してます。入手が困難で手強いのも事実です。輸入元さん、根性入れんかい!!ですよ。
トレックフィールドでは幸い早めに手を打ってたので、まだ少し在庫あります。あちこちで断られた方はぜひ早めにメール下さい。

P5220007

で、本題はこちら

08キャメルの売れ筋のハイドロとクラシックが(他にもあるんですが)「蓋丸見えタイプ」になりました。これがなかなか曲者で、使い終わった後に中身を外して洗おうとした時に、画像のように引っ張り出そうとしても中の円形ベースのほうが直径でかくてものすごくきつくて外すのが大変でした。

すでにゲットされてたお客様は「外せないと諦めて、セットしたまま使ってた」そうです。

コイツは出来が悪すぎなので、取り扱いをやめようか・・・でも代わりの商品が無いし。。。

と思ってた矢先、ついに裏技発見しました。熱心なぎょうれんファンの皆様だけにこそっと公開します。

画像イッパイなので「続きを読む」に掲載してます。

持ってる方はもちろん、持っていない方もこれを覚えて、持ってるけど外し方が判らない方にはえらそうに教えてあげてくださいね。

続きを読む
アクセスカウンター
  • 累計:




Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
訪問者数