秋の味覚が並ぶ、実りの秋となりました。自転車でよく通る栗林では、緑だった栗のイガも色づいてきました。割れたイガからは栗の実がちょこんと顔出しています。さて今回紹介するのは、ゲッチョ先生こと盛口満さんの絵本です。自由の森学園の理科教員から、沖縄に移住して現在は沖縄大学の学長さんなんですね。本ブログでは新著が出るたび紹介しています。

新刊は自分で移動できない植物たちの知恵をテーマにした楽しい絵本です。おいしい実をつけて鳥や動物たちに食べられ運んでもらったり、とげとげをつけて動物たちの体にくっついて運んでもらったり、海流の乗って島から島へと移動したり、プロペラのような形で風に乗って運ばれたりと、その環境に合わせた植物たちの様々な生き残り戦略に感心しました。今回も対象物への愛情あふれる、卓越した描写力を堪能できる一冊です。

学習塾トレック ☎042‐494‐4534