fusen
中学校の定期テストの問題が様変わりしつつあります。

一番顕著なのは、やはり英語でしょうかね。かつてはテスト前に教科書を読みこなし、文法問題を演習しておけば、まず大丈夫でしたが、今は違います。英語の総合的な力を問われるテストに変わりつつあります。テスト範囲のみならず、これまで習ったきたことが数多く出題されています。

つまりテスト範囲だけを勉強していては、なかなか点数が上がらないテストということです。思うように点数が上がらないのは、勉強の仕方に問題があります。テスト前のテスト勉強だけでは、もはや対応できなくなっているのが英語だと言えます。日頃の勉強から現行の単元と合わせて、これまでの復習をやっていく必要があります。当教室でも二本立てで英語は取り組んでいます。

英作文の問題も年々比重を増しています。課題の英作文に加えて、初出の英作文が出題されるようになっています。英作文を白紙にしてしまうとかなり大きな失点となります。また飛ばして次の問題へと進めるのはあまりお勧めできません。チャレンジしないでいると、英作文は永遠に書けないままです。完答を目指さなくても良いので、1文でも2文でも書いてみましょう。部分点がもらえるはずです。英作文についてはまた改めて書いてみようと思います。

学習塾トレック ☎042‐494‐4534