2009年07月27日

シカゴコーンは6月後半からの天候推移がほぼ理想的な生育環境を生み出し、天候予想も生育に良好なため、またテクニカル悪化や、米国内の畜産を軸とした消費動向も不振が続き6月上旬の450セントを天井に7/22には12月限で314.75セントを付け(引けは319.25セント)たが7/22引け後米農務省が作付の遅れた7州にたいし作付面積の再調査を実施すると発表し翌7/23日に作付面積減少が囃され急反発339.50セントをつけ338.75セントナイトでは一時340セントを覗く。市場では引き下げ幅を50万エーカー程度(レンジ50〜150万エーカーとの見方が多い)と見ているが、仮に面積が引き下げられても高単収が面積減少分による減反分を充分相殺するとの見方に週末には急反落した。NYダウやNY原油の急上昇に下支えられながらも、日々大豊作が見通されるようになってきているシカゴコーンは下押し圧力がかかりやすくなっている。他銘柄が修正安してくるようだと3.00ドル割れを目指しやすい。


東京とうもろこしは7/13日に先限で18000円をつけた後反発、シカゴは7/22日年初来安値を更新したが、東京とうもろこしは他銘柄急上昇にも支えられ値頃買いを呼び込み下値は切らず、逆に下げ渋ったことで、23/24日とナイト・シガゴ本セッション急反発に急反発し上値を追った。本日は週末のシカゴ急反落を受けたがエネルギーや貴金属など他銘柄急伸を眺めた売りにくさに一般の押し目買いや買戻しに下げ幅は限定的だった。それに対し、海外系の売りが先限中心に纏まって入ってぶつかっていた。今週他銘柄高につられ買われているうちが目先の売り場提供と見ている。


(17:02)