2009年09月05日

週末のシカゴ穀物は三品とも大幅続落となっている。シカゴコーンは昨日のインフォーマ社に続き本日はアレンデール社・リン・グループの事前予想も130億〜131億強とつぎつぎと過去最高の生産高発表になってきていることにも圧迫され、三連休前の買戻しどころかヘッジファンドの売り攻勢に新穀12月限は306.25セントと約定安値を更新し8ヶ月ぶり安値をつけて引けた。ニューウェッジ社の推定では本日ヘッジファンドは11000枚売りこし、オプション込みで約48100枚の売りこしとなった模様。小麦は2年4ヶ月ぶりの安値をつけてきている。本日300.50セントにて引けた9月限だが農家の安値抵抗で受け渡し通知は少ないものの大豆のように0ではなく146枚出ている。来週の天候予報が急変でもしないかぎり、レイバーディ明けにもファンドの売り攻勢に12月限で3ドル割れが試されよう。小麦の下落傾向が続きやすく、価格比からもコーンの3ドルも通過点のように見られる。

東京とうもろこしは来週明けにも18000円割れを試しに行くと思われ、来週は下げの値幅も週棒で大きくなっても不思議でない。

(11:23)