トレンドラインPro 検証レビュー

【特典配布中】トレンドラインProのシンプルなトレードロジックがどのくらい有効なのか知りたくありませんか?

ブログネタ
FX投資 に参加中!
トレンドラインproを使ったトレードで勝率を上げるための一つのポイントとになるのは、相場で注目されている高値・安値をきちんと見分けられるようになることです。


相場の中には、たくさんの波動があり、いろんな思惑がその中で交錯しているわけですが、中には、重要な高値・安値があれば、

その逆にあまり注目されない高値・安値というのもあります。


よく前日高値・安値は注目されやすいといわれますが、それもケースバイケースで一概にそうだということができないものの、

唯一、信頼性が高いのは、ダウ理論に沿って考えた「押し目・戻り」の高値・安値になります。


トレンドの定義を純粋に当てはめてみると「この安値を超えたらロング方向のトレンドがいったん終了」と判断できたり、

逆に「この高値を上に切ってきたらショート方向のトレンドは一段落」といった判断をできるポイントがあります。


そういった高値・安値こそが相場で注目されるポイントになりますので、トレンドラインproを使う上でも、

トレンド方向を決定している高値・安値がどこなのか?を意識することで、無駄なエントリーを減らし、よりスムーズに収支を高めていくことができますよ。


多通貨ペアを見比べてより勝ちやすいチャートを選べるトレンドラインproをこのブログ限定特典付きで手に入れるにはこちら

ブログネタ
FX入門 に参加中!
トレンドラインProは注目している高値・安値を突破してきたらトレンド方向に沿ってエントリーするという、

王道中の王道的なトレードをするわけですが、販売ページに用意されているルールだけだと「損切り」をどのようにすればよいかわかりません。


利食いに関しては矢印を表示してくれるほどわかりやすいルールが用意されているわけですが、損切りに関してはでは、

どこに設定するのが良いのかというと、エントリーした時の直近の安値、もしくは高値からちょっと余裕を持たせた位置になります。

ロングエントリーをしたのであれば直近の安値のちょっと下、ショートエントリーならば直近高値のちょっと上に損切りを置いておくのが正しいやりかたになりますが、

間違ってもやってはいけないのは、一度設定した損切りラインをさらに深い位置へと移動させるような行為です。


相場状況によってはもちろん、損切りラインを深くしたことによって損切りを免れて含み益に転じる可能性もありますが、

長い目で見ればそんなケースはごくまれに起きる程度なので、運に頼ったトレードをしていては勝てる者も勝てません。


一度決めた損切りは絶対に動かさないようにして、あとはトレンドラインproを使ったトレードに慣れていく過程で、

ちょっと深めに損切りを置いた方が良い場合、損切りが浅くても良い場合などをぜひ見分けられるようにしてください。


トレード力が順調に伸びていった場合、もう一つ身につけるようにしてもらいたいのはトレーリングストップで、

利益が伸びていくにつれてストップ値をどんどん移動させるようにしてみてください。


勝てるトレーダーというのは、利益が伸びていくタイミングを逃すことなくドンドン含み益を伸ばしていくものなので、

あなたも、トレーリングストップの感覚を速めに身に着けて、利益を無難に増やしていくスキルを磨いていっていくださいね。

多通貨ペアを見比べてより勝ちやすいチャートを選べるトレンドラインproをこのブログ限定特典付きで手に入れるにはこちら

ブログネタ
トレンドラインPro 検証評価 詐欺じゃない? に参加中!
トレンドラインProの検証をしているブログに興味を持っていただいてありがとうございます。


このブログでは、トレンドラインProについてあなたが気になっていることがきちんと解決できるように、私が詳しく検証した結果のほかに、

このツールを使うならば、絶対に身に着けてるべきポイントについても紹介していますので、ぜひ最後まで楽しんでもらえたらと思います。


トレンドラインProは、ゴールデンスパイダーFXのように、トレンドラインを自動で描画してくれるツールになっているわけですが、トレードの方法に関してはだいぶ違いますよね。


では、トレンドラインProを使うにあたっては、どんな所に気を付けてもらいたいのかというと、


ダウ理論に基づいたライントレードの感覚を養うこと


で、マーケットの世界で「常勝トレーダー」と呼ばれる人たちが、どんなところに注目をしてトレードをしているのかを、自分の体でぜひ覚えるようにしてください。


まず、相場で勝つためのテクニカル分析ツールはメジャーなものからマイナーなものまでたくさんあるわけですが、

たとえば利用者の少ないやつから順番に削っていくと何が残ると思いますか?


間違いなく、安値・高値の抵抗線だったり、トレンドラインになるわけで、それだけ世界中のトレーダーが注目をしているわけです。


逆説的になるのですが、相場関係者の多くが注目しているテクニカルツールだからこそ、相場で強力に機能するツールになるわけで、

トレンドラインproを使うと、何度もトレンドラインを引いていくような手間をかけることなく、一瞬にして重要なラインを弾けるようになってしまいます。


あなたがやらなければいけないことは、あとはダウ理論に基づいた判断基準でエントリー・決済のタイミングを捉えることだけで、

難しい相場分析をゼロから覚えて、何度も失敗を繰り返しながら覚える必要はありません。


ただ、気を付けなければいけないのは、トレンドラインproに頼って、自分のトレード力アップを怠ってしまうことです。


勝てるトレーダー全員に共通していることなのですが、みんな本当によく勉強をしているもので、場合によっては、半年くらいで、

トレード内容ががらりと変わっていて、より洗練されて勝率・利益率をアップさせている人もたくさんいるものです。


なので、トレンドラインproを使うにしても、「なぜそこでラインを引いたのか?」といったことを考えながらチャートを見ていき、

最終的には、トレンドラインproと同じようなラインをあなた自身が裁量で引けるようになることも、一つの目標にしてみてくださいね。



多通貨ペアを見比べてより勝ちやすいチャートを選べるトレンドラインproをこのブログ限定特典付きで手に入れるにはこちら



↑このページのトップヘ