トレチノイン・ハイドロキノンいちご鼻使用体験記

トレチノインがいちご鼻のブツブツした黒い角栓や毛穴にも効くらしいということで、ハイドロキノン・ビタミンC誘導体(APS・APPS)とともに試してみました。その体験記です。40歳を過ぎ、最近は頬の毛穴のたるみやシミを防ぐ目的で使用することが増えてきました。

いちご鼻は治るのか?(トップページ)

長い間、私は、いちご鼻の黒いブツブツに悩んでいました。
メイク落としや泥石鹸でよく洗っても、黒ずみはなくなってくれませんでした。
それどころか、洗いすぎて肌表面の必要な脂分まで落としてしまい、
却って皮脂の分泌が増え、小鼻横から角栓がたくさん飛び出てくるという悪循環に。

そこで、ネットでいろいろ調べ、特に効果があると評判の
トレチノイン
ハドロキノンで治療をしてみることにしました。

トレチノイン&ハイドロキノンを使い始める前のいちご鼻。
小鼻の右側です。角栓や凹凸、黒ずみが気になります。
2013年2月16日のもの。
ichigobana
ichigobana20130216
ビタミンC誘導体ローションを使い始めて2~3日経ってるので、
ニョロニョロと飛び出ていた皮脂は少しマシになってます。
でも、黒く酸化した角栓が目立ちます。
表面もボコボコで肌のキメが荒く、テカっています。
   
5日後(2月21日)のいちご鼻右側
ichigobana2
5日後の同じ場所です。
炎症反応はあまり出ていませんが、黒ずみが薄くなっています。

効果があるとは聞いていましたが、
わずか5日で、黒ずみが治ってくるとはおどろきました。

この治療1クール目のいちご鼻の経過写真は、こちらにまとめています。


頬骨の上の、シミ治療も少ししてみました。
これも、一旦は消えました
でも、2週間くらいで、ハイドロキノンを塗るのをやめてしまったので、
まだシミの元が残っていたらしく、一皮むけたらちょっと復活していました…
ハイドロキノンをすぐにやめてしまったのがいけなかったようです。


トレチノインは、表皮にあるメラニンを追い出し
ハイドロキノンは、新しいシミを作らせない効果があります。
この効果で、シミ(老人性色素班)が消えたんだと思います。

シミの治療経過についてもご覧になってください。


トレチノインとハイドロキノンの
使い方や効果、副作用、購入方法、保存方法、使用期限
などをまとめています。


今、私が使っているトレチノイン&ハイドロキノンです。

▼ トレチノインジェル A-retGEL0.1%


▼ ユークロマクリーム4%(ハイドロキノン)

↑ こちらのサイトで購入しています。
送料無料で、個人輸入代行では最安だと思います。

今なら、初回購入でポイントがもらえるようです。
よければ使ってみてください。


※ ご使用の際は、使い方をよく調べ自己責任でお願いします。
トレチノインは強い薬ですし、
ハイドロキノンは、使用中、紫外線を浴びたり、皮膚を刺激することにより、逆に色素沈着することがあります。

トレチノインとハイドロキノンの使い方、塗り方

私は、トレチノインハイドロキノン
いちご鼻の黒いブツブツ、頬の毛穴・角栓、肌のハリ、シミに使っています。
肌の様子を見つつ、慎重に正しく使うと、とても効果があります。
スティーバA

2週間ほどでシミが消えたり、ほほの毛穴が目立たなくなったり。
それに、ザラザラだった肌が、モチッと柔らかくキメ細やかになるんですよね。
継続的に使っていると、肌の奥からハリが出て若返った感じがします。

ただし、トレチノインやハイドロキノンには強い作用があるので、
間違った使い方をすると、色素沈着などトラブルを起こすことがあります。

トレチノインやハイドロキノンの効果的な使い方や注意点をまとめたので、よかったらご覧ください。



◆ トレチノインとハイドロキノンの塗り方・手順

洗顔後、水溶性ビタミンC誘導体ローション(APPSやAPS)を顔全体に付け、
  ある程度乾かします。

※トレチノインの前にクリームなど油脂を塗ると、作用が弱くなります。
  
目の周りなどトレチノインを付けない部分保湿クリームを塗ります。

.トレチノインを患部にうすーく塗ります。
  
※量は、鼻だけなら米1粒分くらい。
 顔全体なら米2~3粒分(チューブから2~3mm)くらい?
 「ちょっと少ないかな」くらいから試し、数日して反応が弱ければ増やしてください。
 皮膚の薄い部分は、特に少なめに塗ってください。

※シミなど小さな部分は、ベビー麺棒を使うと塗りやすいです。
 顔全体の場合は、指の腹でトントンとして、伸ばします。
 指に付いたトレチノインは、すぐに石鹸で洗い流してください。
tretinoin-tukekata
私はトレチノインをラップに出し、3本の指でトントンと塗ります。

数分おいて、トレチノインが皮膚に浸透したら、ハイドロキノンを塗ります。
  範囲は患部よりやや広く、白くならない程度に薄く。

※量は、顔全体ならチューブから5mm弱。米4~5粒分くらい?

※あまり炎症を起こしたくないときは、
 トレチノインを付けた直後にハイドロキノンを塗ってもOKです。
 トレチノインは、油分と混ざると作用が弱くなります。

数分してハイドロキノンが肌に浸透したら保湿クリーム日焼け止めを塗ります。
  皮膚が炎症を起こしているときは、保湿クリームはノンアルコール、
  日焼け止めは紫外線吸収剤不使用など、肌に優しいものを使ってください。

※日焼け止めは、目の周りなどトレチノインを付けてない部分へ先に塗る



◆ トレチノインの濃度は何パーセントがいいのか?
続きを読む

角栓を取るためユークロマプラスで長めのメンテナンスを始めました

5月31日から、ユークロマプラスでメンテナンスをしています。

1年ほどトレチノイン治療をしていなかったため、ほほや口周りにも角栓が詰まっています。
肌がたるみ、毛穴のボコボコや法令線も目立ってきています…。
続きを読む

ビタミンC誘導体(APPS)を使ってみた!APSとの違いは?

昨日届いたビタミンC誘導体(APPS)の「クリスタルパウダー」
crystal-powder

実は、前回の記事のあと、やっぱりAPPSの「クリスタルパウダー」ではなく、
APSの「ホワイトパウダー」にようかなと迷っていたのです。
なぜかというと、皮脂抑制毛穴引き締め効果は、
APPSよりも、APS(アスコルビルリン酸Na)のほうが高いらしくて。

以前ホワイトパウダー(APS)を使ったときに効果があったということもあります。
クリスタルパウダー(APPS)はまだ使ったことがないんですよね。

でも、レビューを見るとクリスタルパウダー(APPS)を使うようになり
皮脂が抑えられニキビが出来なくなったという人もたくさんいました。

それに、最近年齢による、肌や毛穴のたるみもとても気になるようになってきたのです。
そこで、奥まで浸透して肌にハリを出してくれる、
アンチエイジング効果の高いAPPSを使ってみることにしました。



◆ ビタミンC誘導体・APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)の効果
続きを読む

何故久しぶりに口周りニキビが出来てしまったのか?原因と対策を考えた

以前、生理前になるとよく口周りに赤ニキビが出来ていました。
でも、トレチノインビタミンC誘導体(APS)を使うようになり、ここ数年は出なくなっていたのです。

それが、連休終わりの朝、いきなり口の上に2個の大きな赤ニキビが発生!
けっこう炎症が酷くてかゆいし、目立つ部分だし…。

1週間ほどして2個のニキビが治りかけたと思っていたら、今度は口の下に新しいニキビが…。

口の下のニキビの写真
kuchimawari-nikibi
毛穴に皮脂が詰まり気味で、角栓も飛び出ています。
アップで見ると汚い…

口の上にできた2個赤ニキビの写真は撮り忘れてました。
続きを読む

A-retGELとユークロマでいちご鼻のメンテナンス~毛穴の黒ずみとザラザラ解消

今、トレチノイン(A-retGEL0.1%)と、ハイドロキノン(ユークロマ4%)で、
いちご鼻の軽いメンテナンスをしています。

最近、寒くなってきたので、夏よりは鼻の皮脂が出にくくなっています。
でも、前回のメンテナンスから3ヶ月ちょっと経ち、お菓子などを食べすぎているせいもあってか、
小鼻の毛穴に角栓が溜まり、ザラザラとしてきました。
(角栓とは、皮脂と古くなった角質が混ざったものです)
毛穴の黒ずみも目立ってきて、近くで見られると恥ずかしいなあという感じです。

なので、あまり外に出なくてもいい3連休を利用し、軽いメンテナンスをすることに。
軽いメンテナンスでも、鼻の毛穴の黒ずみや、角栓によるザラザラ感を改善できるのです。


今日のいちご鼻の写真
ichigobana_20141121
角栓表面の黒いブツブツが目立ってきました。
それでも最初の治療前よりはだいぶ良くなっています。

続きを読む

トレチノインによる2度目のいちご鼻治療結果まとめ

トレチノインによる2回目のいちご鼻治療のまとめです。

3月に行った1回目の軽い治療や、2度のメンテナンスで、
角栓の黒ずみや、詰まった皮脂によるザラザラ感だいぶ良くなっていました。

でも、まだ角栓がブツブツと残り、皮膚は厚く凸凹としています。
これらを改善したくて、2回目の治療をすることにしました。


◆ トレチノインの働き
トレチノインには、表皮のターンオーバーを促進し、正常な表皮細胞を育てる働きがあります。
また、古く不要な角質を剥離し、角質肥厚を解消し、毛穴の詰まりを解消します。
そのため、使用から2週間くらいは、ポロポロと角質が剥がれます。

トレチノインやハイドロキノンの効果や治療方法についてまとめています。


◆ まずは治療途中、トレチノインを塗り始めて 19日目(12月10日)の写真です。
ichigobana20131210
続きを読む

いちご鼻治療 経過6~11日目~トレチノインを2度塗りしてみる

ブログネタ
美肌になるスキンケア方法 に参加中!
トレチノイン(スティーバA0.1%)による2回目のいちご鼻治療中です。

1度目の軽い治療や2度のメンテナンスにより
酷かった角栓の黒ずみザラザラ感はだいぶ良くなっています。
今回は、残っている角栓皮膚の凸凹も治したくて、強めの反応を起こす予定です。

塗り始めから5日時点では、ほとんど皮剥けがなく、反応が思ったほど大きくないので、
6日目からは、夜のトレチノインを2度塗りすることに。



◆ 6日目からの治療方法
朝は今までと同じように、洗顔後、ビタミンC誘導体ローションを付け、
スティーバA0.1%を米粒1.5個分くらいいちご鼻のブツブツの目立つ場所に薄く塗ります
10分ほどおいて、ユークロマ4%米粒1.5分くらいをやや広い範囲に。

夜の洗顔後は、スティーバA0.1%2度塗りします。
1度塗ったあと、10分ほどして肌にしみこんだらもう一度塗る感じに。
量は、合わせて米粒2個強分くらいです。


◆ 6日目(11月27日)
角栓のようなニョキニョキとした白い皮脂
昨日よりもたくさん鼻の端から出てきました。
ichigobana-hisi20131127
皮脂がたくさん溜まっていたんですね^^;
汚いですが、ターンオーバーが活発になり、老廃物を排出しているところなので、
これからキレイになるために我慢です!

毛も目立ちます…
毛があると毛穴に詰まった角栓が取れにくいので、抜いてから治療したほうがよかったかも。
続きを読む

いちご鼻治療 経過報告3~5日目~炎症反応が少なめの理由は

トレチノインによる2回目のいちご鼻治療の途中経過です。
1回目の軽い治療については、こちらにまとめています。

角栓の黒ずみザラザラ感は、1回目の治療でだいぶ良くなったのですが、
ブツブツとした角栓毛穴、皮膚の凹凸も治したくて、再び挑戦することにしました。

1ヶ月くらいトレチノインを塗り続けてみる予定です。
黒ずみ防止のハイドロキノンは、その倍くらいの期間続けます(炎症が治まるまで)。

詳しい治療方法については、
トレチノインとハイドロキノンの使い方・治療方法をご覧ください。
続きを読む

トレチノインによるいちご鼻の角栓や毛穴、凹凸の治療を開始!

久しぶりに、トレチノインによるいちご鼻の治療を始めました。
今回は、角栓ブツブツの毛穴皮膚の凹凸も改善したいので、
皮が剥けるくらいのやや強めの炎症を起こし、表皮のターンオーバーをしっかりとさせる予定です。


7が月ほど前にも、トレチノインによるいちご鼻治療をしたのですが、
その時は、トレチノインの濃度が0.05%と低かったためか、炎症があまり強くなりませんでした。
わたしの鼻は表皮の角質層が厚くなっている(角質肥厚)ためか、他の部分に比べ炎症反応が起こり難いんですよね。
それでも、角栓の黒ずみや、ザラザラ感はけっこう改善しました。
ですので、今回はそれ以上に良くなることを期待しています。

その時の治療は、こちらのページにまとめています。



解凍して小分けにした、トレチノイン(スティーバA0.1%)とハイドロキノン(ユークロマ4%)
tretinoin-hydroquinone131121
密閉して光に当たらないようにし、冷蔵庫に入れておきます。
斜め下に入れた2mmほどの切り込みから絞り出して使います。

詳しくは、トレチノインとハイドロキノンの保存方法と使用期限をご覧ください。

続きを読む
  • ライブドアブログ