昨日届いたビタミンC誘導体(APPS)の「クリスタルパウダー」
crystal-powder

実は、前回の記事のあと、やっぱりAPPSの「クリスタルパウダー」ではなく、
APSの「ホワイトパウダー」にようかなと迷っていたのです。
なぜかというと、皮脂抑制毛穴引き締め効果は、
APPSよりも、APS(アスコルビルリン酸Na)のほうが高いらしくて。

以前ホワイトパウダー(APS)を使ったときに効果があったということもあります。
クリスタルパウダー(APPS)はまだ使ったことがないんですよね。

でも、レビューを見るとクリスタルパウダー(APPS)を使うようになり
皮脂が抑えられニキビが出来なくなったという人もたくさんいました。

それに、最近年齢による、肌や毛穴のたるみもとても気になるようになってきたのです。
そこで、奥まで浸透して肌にハリを出してくれる、
アンチエイジング効果の高いAPPSを使ってみることにしました。



◆ ビタミンC誘導体・APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)の効果
ビタミンC誘導体の中で、
水溶性のAPSは速効性があり、皮脂を抑える、毛穴を引き締める効果が。
油溶性のVC-IPは、角層の奥まで浸透し、持続性があります。
その両方の特性を備えたのがAPPSなんだそうです。

○APSと同じ、皮脂を抑え、毛穴を引き締め、キメを整える効果があり、ニキビができにくくなります。

○浸透力が高いので、肌の角層の奥のメラニンの生成まで抑えてくれる。
 (浸透性がAPSの100倍!)

○角層の奥まで浸透してコラーゲンの合成を促進し、ハリのある肌に。
 (アンチエイジング効果が高い)
apps_siwa
昭和電工HPより
(トゥヴェールでは、APPS(アプレシエ)を開発した昭和電工株式会社の純正品を100%使用しています)

ただし、せっかくのAPPSも濃度が低いと効果があまり出ないんだそうです。
私の使っていた無印の美白化粧水も、低刺激なところやお値段から考えて、
ビタミンC誘導体の濃度がそれほど高くないんだと思います。

その点、トゥヴェールのAPPS「クリスタルパウダー」は、
原末100%なので、好きな濃度で使うことができます。

以前使っていたAPS・ホワイトパウダーも毛穴引き締めや肌をふっくらさせる効果が
少しの間使っただけで分かるほどにありました。
奥まで浸透して、肌にハリを出すというAPPSはさらに期待がもてそう。。
楽しみです!



◆ おまけの化粧水作成キッドをつかいAPPS化粧水をつくってみる

この作成キッド+精製水を用意します。
kesyousui-sakusei-set
1.作成ボトルに、しっとり補充液を入れる

2.クリスタルパウダーを大スプーンすり切り2杯入れる(これで1%)

3.精製水を100mlのメモリまで入れ、横に振る(軟水のミネラルウォーターや水道水でも一応作れるそうです)

※ヒアルロン酸など、液体タイプの保湿成分を入れる場合は、1と2の間に。

しっとり補充液を入れることにより、冷暗所で1ヶ月保存できるそうです。(入れなければ4日間)
公式に1ヶ月ということは、冷蔵庫で1ヶ月半くらい大丈夫かも?

ちなみに、開封後のクリスタルパウダー原末は、冷凍庫に入れると7ヶ月と長持ちするそうです。


kesyousui-bottle
精製水をドバドバと勢い余って10ccくらい多く入れてしまった…ので、
クリスタルパウダーを少し追加しました。
しっとり補充液の割合が少なくなったけど、まあ大丈夫でしょう。汗


◆ APPS化粧水を使ってみた
洗顔をし、たっぷりと付けます。
一応、2度付けしました。

この化粧水だけだとさっぱりとしてすぐに乾燥するので、保湿をしっかりしたほうがいいと思います。
(私は混合肌なので、皮脂はたまるけど、乾燥もしやすいです)

頬の毛穴の写真
hoho_keana20180527
1度使っただけではまだ変化は分からないです。
それにしても、毛穴に皮脂がびっしり…。
これではニキビもできますね。
普段拡大して見ることがないので、接写で撮った写真を見るとびっくりします。。


↓ 商品ページへ
⇒ 次世代ビタミンC誘導体粉末(アプレシエ、APPS)100% 3g1%化粧水300ml分キット(ボトル付)★クリスタルパウダー



◆ ユークロマプラス

eukroma-plus01
新しいユークロマプラスもちょうど届きました。

ですが、連休以来お菓子の食べ癖がついたからか、頬の表面ではなく内部にニキビの炎症のようなものができてしまっています。
まずは、ビタミンC誘導体を朝晩の2回付けて、
それに、お菓子も中止して、ニキビを治さないと!

治ったら、トレチノインハイドロキノンの入ったユークロマプラスを使い、
毛穴に詰まった角栓を追い出そうと思います。


関連記事


人気記事