5月31日から、ユークロマプラスでメンテナンスをしています。

1年ほどトレチノイン治療をしていなかったため、ほほや口周りにも角栓が詰まっています。
肌がたるみ、毛穴のボコボコや法令線も目立ってきています…。
角栓がビッシリと詰まっているので、本当は、
トレチノインを強めに作用させ、ターンオーバーを盛んにしたいのです。
でも、6月は日差しが強く、紫外線により肌を傷めやすいので、強い炎症は起こせません
人に会う機会が多いため、あまり赤ら顔にしたくないのもあります。

そこで、今回のメンテナンスでは、炎症は少しにして、その代わりに期間を長めにしてみます。
毛穴をふさいでいる角質を取り除き、角栓をなくすのが目標です!
1クール(2~6週間)様子を見つつやっていこうと思っています。



◆ ユークロマプラスとは
ユークロマシリーズというと、ハイドロキノンで有名ですが、
このユークロマプラスには、トレチノインも入っています。
一度にトレチノインとハイドロキノンが塗れるので、時間が短縮できて便利です。

トレチノイン0.025%、ハイドロキノン2%低濃度です。
それに、トレチをハイドロと一緒に塗るので、効き目がマイルドになると思います。
(トレチノインは油分や乳化剤と混ざると作用が落ちます)

更に、炎症を抑えるモメタゾンフランカルボン酸エステルが配合されています。
※モメタゾンフランカルボン酸エステルは副腎皮質ホルモンなので、
あまり長期に使用すると、皮膚が薄くなるなどの副作用があります。
ほどほどに使うようにしましょう。



◆ 方法
・ユークロマプラスは、夜だけ付けます。(朝洗い流す)
 鼻、ほほ、口周辺に。(唇に付けないよう気をつけます)
・日中は、ビタミンC誘導体化粧水(APPS)と保湿クリーム、日焼け止め。
 (もし炎症が強ければ、色素沈着防止のためにユークロマ4%をビタミンC誘導体の次に付けます)
あまり赤くならないくらいの小さな炎症に調節。

トレチノインやハイドロキノンの詳しい塗り方や使用方法は、こちらのページにまとめています。



◆ 経過
5月27日~
ビタミンC誘導体化粧水(APPS)を付け始めた。
変化はよくわからなかったです。。

APPSについては、こちらのページで。


5月31日(1日目)~6月2日(3日目)
夜 ビタミンC誘導体化粧水(APPS)のあとにユークロマプラスを付ける。
チューブから4mmくらいの量を鼻、ほほ、口の近くの順番で。
保湿はヴァセリンで。

朝 石鹸で洗い流す。

2日目くらいから寝てる時、鼻の脇がかゆかったです。
掻かないよう、空気穴をあけたマスクをしていました。


6月3日(4日目)の頬の写真
hoho_keana20180604
ちょっと炎症が強く、赤くなっています。
顔全体としては、ぱーんとハリが出て若返ったような感じなのですが、炎症で腫れてるだけかも。。

昨日の夜中から、ヒリヒリ感や赤みが強くなってきました。
これ以上炎症を起こしたくないので、今日の夜は塗る量を減らしてみます。


人気記事