息子たちの腕を見ていてふと気づく。
BCGの痕ってみんなあるんだよな・・みんな同じなんだよな・・この9個の点の組み合わせが2組セットで並んでいたら誰もがBCGって認識できるんだよな・・!
せや、注射は嫌いだけどこの日本人の無意識に刷り込まれたグラフィックパターンを自由につけられるハンコをプロダクト化してやろう!
ていうかいわゆるBCGのハンコ注射って海外ではどうなんだろう?

まずは実測から

自分のBCGの痕ってなかなか測るのが難しいので息子の服をひっぺがして測ってみる。おそらく成長の過程でこの痕はどんどん引き延ばされていくから子供と大人では寸法は変わってくるだろう。
IMG_9871
IMG_9873
実際息子のBCG痕も縦長に引き延ばされている。
まあ正確にはかっても仕方ないから適当にそれっぽく作ることにしよう。

BCG注射器の形って

Wikipediaに注射器の画像があった。
BCG_apparatus_ja1
針の周りに円形のリブが立っている。
これの痕まで付いてしまうと困るので無しにする。

爪楊枝で自分の皮膚を押してみるとけっこう強く深く押さないと跡がつかないので少し長めに設定する。あとはなんとなく本物に近づけたかたちにしてやろう。

3DソフトのFusion360で形を作ってみる。
bcg_stamp
まあこんなもんだろう。
針がへたらないように付け根にはフレットをつけて補強。
(後から思ったが針自体にテーパをかけて補強すればなお良かったかも)
針の先端には面取りをして痕が二重の円になるよう目論む。

例によって3Dプリンタで造形。
使っているQIDI社のX-one2は安価な割にそれなりにきれいに作れるのでなかなかに便利だ。これからも使い倒してやるぜ。

サポートを外して少しお掃除して完成!


押してみよう!

さっそく押してみる。
IMG_9884
へへ、、二の腕じゃなくたっていいんだぜ・・。
いたるところに押してやろうじゃん。
(以下、お見苦しい所があるかもしれないがご容赦を)
cross
IMG_9880
やっぱり2つ並んでいる方がBCGっぽいな。
IMG_9882
IMG_9879
うちに帰ったら子供たちにもビシバシ押してやるんだ、、待ってろよ・・!

sponsored link