May 24, 2017

成城クラブコンサート

素敵な曲がふんだんに

お待ちしております
ご予約は
nyannyangure@gmail.com
又は このブログcomment欄
seijoQ2





成城クラブ コンサート
\5000 ペア券\8000(一人\4000)
7月19日(水) 午後6時頃より 軽食+ワンドリンク

午後7時30分 コンサート開演
成城クラブmap








成城クラブ と 支配人(後輩) と ムゼカルテットのポスター
IMG_4358
続きを読む

triangle_117 at 00:51|PermalinkComments(0)音楽 | DM

May 21, 2017

プリツカー賞 dinner

プリツカー賞授賞式@日本
K10010989161_1705202038_1705202039_01_02









アメリカの 建築界のノーベル賞です 5/20スペイン人の受賞
この流れのプリツカー賞dinner に
私と Tri Angle設計建築の山口誠が 出席です
アメリカ人友人に招待されて
ブラジル大使館で

なかなか難しい関連です 山口誠が調べて 5/20に日本で授賞式 とわかりましたが
どーしてアメリカ人友人が?
どーしてブラジル大使館で?
どーしてTri Angleの私?
そのうち 解明するでしょう
IMG_4359

triangle_117 at 16:35|PermalinkComments(0)建築 

May 20, 2017

サバ

30分前まで泳いでいたサバ
三代目左腕がびしょびしょ服で浜から連れてきました
したたる美女 サイズ 45cm
IMG_4353















MuseCaracaraでは 朝起きたら 玄関ポーチにオランダのバウムクーヘンが置いてあったり アオヤギが自転車乗って来たり 今日はサバ

御衣黄の花見酒 ロサ・レヴィガータの花見酒 満月月見酒 アオヤギで一杯 次はサバと一献
MuseCaracara-徳澤隆枝記念館-の吹き抜けの 高いガラス窓は ぴったり月の運行観測用です
昔 灯りを全部消して その日コンサートをしてもらったピアニストの新居由佳梨さんに ドビュッシーの月の光 弾いてもらいました ぜいたくなことでした 真っ暗な中 突然の注文をよく弾けるものです
IMG_4322

triangle_117 at 17:46|PermalinkComments(0)美味しいもの 

May 19, 2017

黒い花

第一次MuseCaracara(1998~2007)の作庭で 黒の花を集めました
2007~2016不払い借家人の10年間 荒れ果てましたが
どっこい生き延びていた クリスマスローズ 黒ロウバイ 黒椿

いずれも去年の手入れに答えて 咲きました
黒ロウバイは 春の宵 濃厚な匂いを放ちます
IMG_4215IMG_4219IMG_4178

triangle_117 at 00:55|PermalinkComments(0)植物/動物/自然 

May 16, 2017

ムゼカルテット ハーサル

11/18(土) 1600開演 @静岡
ムゼカルテット・メンバー と ピアニスト喜多尾康子の室内楽の夕べです

ムゼカルテットのホーム MuseCaracara-徳澤隆枝記念館-でリハーサルしました
リハを聴きにきたお客様をつかまえて 写真を撮ってもらいました

IMG_4347















このお客 [daining269つむぐ]の若きマダムです
この晩 プレイヤー4人は [269]で晩餐 やはり堪能しました
シェフの凄みのある腕 若い美女なのに!マダムのお酒の知識 両輪で来られたらもう陥落
269

続きを読む

triangle_117 at 00:34|PermalinkComments(0)音楽 

May 14, 2017

望月眼科

弟子友人が 独立開業しました
望月眼科

スカイツリーの町です
IMG_4301












大変嬉しいことに 徳澤隆枝の絵をロビーに飾ってくれました
絵 特に抽象油絵を買う ということの 日本においてはハードルがひどく高いのです
それを楽々とこなすこの若い友人の 自然体の教養がどこで身についたのか 生まれつきか いやそれもあるけれどやはり 育った家庭の質か もう一つ 軽妙洒脱さもあります
軽さ
これがどの芸術でも 大変大事です

厚ぼったく絵の具を塗る 重苦しい音を出す どうも日本人は苦しそうなものを好むような気がしてならない
IMG_4292IMG_4295IMG_4299
















近々 白内障や 遺伝もある緑内障でお世話になることでしょう 彼は震えそうだ と笑っています 弟子は圧倒的にviolinが多いのですが彼はviolaの弟子です 授業や音大受験生以外には恐い先生ではなかったのですが



お祝いのお饅頭 このおいしさったらないのです 見かけからしてずっしりとタダモノではありませんでした この焼き印!
豪徳寺 東肥軒
IMG_4305

triangle_117 at 00:24|PermalinkComments(0)現代アート | 美味しいもの

May 11, 2017

朋あり遠方より来る

IMG_4185MuseCaracaraのおもてなし
daiデリカのキャロットスープ 大山鶏のサンドイッチ_パンは近所「ういーと」の堅焼き 第一級の富水の伏流水

美しい器に盛られていきます
Ms.Oの訪れに






IMG_4282IMG_4290MuseCaracara庭の ロサ・レヴィガータ
IMG_4317IMG_4308IMG_4319

triangle_117 at 00:04|PermalinkComments(0)美味しいもの | 植物/動物/自然

May 09, 2017

レストラン・お祭り・PHAIDON

小田原 「269つむぐ」へ晩酌に
先週 daiに連れられて来たばかり とても美味しい
私は ここから徒歩数分のところで産まれました
269

DSC_0008メニューにはdaiのソーセージが載っています
黒板にも 珍しい美味しいもの






















DSC_0006お祭りで 門口へ神輿が現れました
先頭が入れさせないように押し返す演技 木遣り節をうなっています 正月の獅子舞と同じく酒代をこうして集めるのでしょう いい身分







カウンターに まだ封を開けていないPHAIDON「ELEMENTAL LIVING」
イギリスの建築の辞書
軽井沢Tri Angleが載っています 実は載るのは二度目 2003年完成してすぐに「一世紀の一千軒」というタイトルで載り
今回は 背景が美しい建築を再編 歴史的名建築になりました
名誉なことなのです_と 全く自慢しない山口誠がぽつりと言います
Tri Angle掲載辞書PHAIDON

IMG_4284IMG_4285IMG_4286IMG_4287




































































IMG_4289歴史的名建築 フランク・ロイド・ライトの落水荘











IMG_4288ミース・ファン・デル・ローエのファーンズワース邸

triangle_117 at 00:35|PermalinkComments(0)美味しいもの | 本/現代俳句/言葉

May 04, 2017

麻布十番 Blue & White

友達の店の 再オープンのお祝いに Tri Angle建築家の山口誠と訪れました
Amyさんの Blue & white という麻布十番の 日本民芸の店
IMG_4278IMG_4267IMG_4271IMG_4268IMG_4273


















何故 山口誠かというと AmyさんがTri Angleの大いなるファンなのです 彼女自身も旧軽に別荘を持ち Tri Angleへしばしば訪れます
山口君の設計事務所である「山口誠デザイン」は すぐ近くです 私も毎週のように隣駅の白金高輪に合奏団のリハーサルに行きます
久しぶりの再会に ひしとhag

Amyさんはこのゴールデンウィークに リニューアルopenしました
面白いディスプレイがあり やはりAmyさん作でした
同じく今週 開業する友人のために プレゼントを買いました この友人はviolaの元弟子で 本職・眼科の開業です

Amyさんの最愛の夫は なんともなんとも魅力的な男性でした 日本人離れして軽く やたらかっこいい人でした 昔 オープンカーにAmyさんを乗せて走り回ったそうです 絶世の美女である彼女を空から見守っているでしょう
























私は 本当のお祝いは カルテットの演奏をしてあげたかったので この秋〜冬に 弾く約束をしました
IMG_4274


















地球の違うところで生まれ 育ち 私のこと過大評価していますが 心が通じている友人です



麻布十番は知らない町なので 山口誠君に 案内してもらいました NISSINという輸入品の多いスーパーマーケット 面白かった! 妙な色のパスタを買いました

triangle_117 at 00:10|PermalinkComments(0)tool 

May 02, 2017

メシアン「世の終わりのための四重奏曲」

以前に 古い録音の放送を聴き 中でもチェロ+ピアノの楽章が心に届き 生で聴きたいと思っていました
茂木新緑さんのチェロで念願かないました

コンサートは カロローザというものでした
驚いたことにホールには子どもが走り回り 前半は岩崎淑門下生の発表会だったようです ピアノの音量が大き過ぎて弦楽器の音をかき消し ピアニストの指は稚拙な動きをし 曲作りは全くなされず ヴァイオリニストも奇妙なヴィブラートでした お金を取ってはいけないような


ドヴォジャーク:ピアノ三重奏曲 第3番 ヘ短調 作品65
 vn.杉浦美知  vc.茂木新緑 pf.城みどり
アミロフ&ナジロヴァ:アルバニアの主題による組曲
リスト:メンデルスゾーンの無言歌の主題による大協奏曲 S257
 pf.横井玲子 石澤直子
      ・・・
メシアン:時の終わりのための四重奏曲
  第I楽章:水晶の典礼
  第II楽章:時の終わりを告げる天使のためのヴォカリーズ
  第III楽章:鳥の深淵
  第IV楽章:間奏曲
  第V楽章:イエスの永遠性への賛歌
  第VI楽章:七本のラッパのための怒りの乱舞
  第VII楽章:時の終わりを告げる天使のための虹の狂乱
  第VIII楽章:イエスの不滅性への賛歌
 vn.廣川 抄子 cl.鈴木 生子 vc.茂木 新緑 pf.尾西 秀勝

後半メシアンで やっとコンサートになりました 尾西 秀勝というピアニストは知りませんでしたが とても人気のタレントさんらしく すばらしい衣装で目が醒めました あ きちんと室内楽もしてくれました 第III楽章クラリネットソロ 第V楽章チェロ+ピアノ そして第VIII楽章ヴァイオリン+ピアノ は息の大変長い痛切な音楽です 演歌の好きな小手先人には難しいです
毒気を抜かれて 新緑さんの写真を撮るのを忘れました 川口淳ちゃんやピアニスターHIROSHIと良い勝負  
IMG_4255IMG_4262





















---
日本フィルハーモニー交響楽団は 昔 日比谷高校星陵会館を練習場として使っていたことがあり こっそり練習を聴いて はまってしまった生徒が少なからずいました 彼らは道を踏み間違え 楽器の猛練習をして音楽学校へ入り 演奏家になりました そんなケースがひんぴんと起こりました お客にその典型例の立派になったチェリストがいました 茂木さんが誘ったそうで 青弦を知っていました

triangle_117 at 22:19|PermalinkComments(0)音楽 

May 01, 2017

アリからうまれた渋滞学

f709be31a3b2b3c8484c89af041b3194


アリから学んだ渋滞学

Q:先生は、どういう時にこの法則に気付いたんですか。

A「渋滞学」の東京大学の西成活裕教授:これはね、アリさんなんですよ。

20年くらい前のことです。交通渋滞はどうやったら解消できるのかと悩んでいたけれど、なかなかいい解決策がない。そんな時、渋滞がアリの行列っぽく見えてきて、ある日「アリの行列って渋滞してるのかな」って思ったんです。

そこで、インドでアリを長年研究している先生のところに出向いてアリを3ヶ月間観測したんです。そうしたら、アリは渋滞してなかった。なぜか。アリは「混んできたら詰めない」って戦略を実践していたんです。

混んできたら人間は詰めて詰めて動けなくなるじゃないですか。アリはある程度混んでくると詰めるのをやめるということがわかった。そこで私は、物理学の世界で一番難しい「フィジカルレビューレターズ」という最高峰の雑誌に、「アリは渋滞しない」という論文を書いたら一発で通りまして。世界中にバーンと、ニュースにもなったんです。

Q:ということは車間距離…アリ間距離を…。

A西成:蟻間(ぎかん)距離とでもいいますか(笑)。アリは必ずゆとりを確保しているんです。なぜアリにこんな知恵があるのかと考えると、進化の過程で常に壮大な実験をやっていて、うまく適応したやつだけが生き残ったからじゃないかと。

距離を詰めたアリとあけたアリがいて、進化の過程でどっちが生きていくのに都合がいいか実験をしていった。そうすると詰めたアリは行列ができますから、餌をとる効率が悪くなって絶滅しちゃう。それがアリが2億年も生きてきた秘密だったんだと。

距離を詰めてたアリは絶滅していなくなってしまった。ということは、人間も詰めてる場合じゃない。

______
だいぶ前にも 渋滞学を載せたことがあります
2010/01/08 付
同じ西成活裕さんでした
渋滞学

フルーツバスケットという椅子取りゲームがある ゆっくり移動して前をあけると 取れる椅子がいくつもある あせって前の人にくっつくと椅子は一つも取れない

triangle_117 at 22:05|PermalinkComments(0)117クーペ/乗り物 | 可笑しい

April 30, 2017

天才

史上最年少で将棋のプロ棋士となった中学3年生の藤井聡太四段 13連勝中の話
興奮する出来事で心から祝福
そして 負けた先輩達の快い励ましもすばらしい
51










弦楽器の世界に置き換えますと
プロフェッショナルになる決心を 弦楽器奏者は小学生でします その頃技術面は習得し終わっています

日本のどこにどの天才がいるか明らかで 「隠れた天才」はいません 何故かというと独学では上手にならず 悪い癖のある先輩に教わると悪い癖も覚えて致命傷 一生直りません
最高の演奏者でもある先生に限り 教えることができます 「隠れた天才」「隠れた先生」はロマンティックですが いません 小学生くらいで名を知られて 同じ芸術でも美術とここが違います

藤井聡太四段くらいの天才弦楽器奏者が多勢 日本にはいます
早くに高いところへ行った天才達は さらに高いところへ行く

早くに高いところへ行く ということが どの世界も共通 大事です
一つの現象が 藝高です
芸大よりも早くに高みに達した日本の天才達が集まる高校で 一学年わずか40人弱 卒業生はそのまま人生の終わりまでリードし続けます
紙一重 と言いますが 彼らは越えてしまってます 華やかな狂気 苦しいだろう狂気 

triangle_117 at 01:23|PermalinkComments(1)音楽 

April 27, 2017

私の御衣黄

Kering CEO のTri Angle訪問の晩 「私の御衣黄」と酌み交わしたい一心で 高速を乗り継ぎ小田原へ

10年間 不払い借家人がいて 手入れもかなわなかった庭 この春「私の御衣黄」が懸命に花をつけたので 愛でてやらねば

花は咲き進んで緑が赤になっていました
IMG_4204IMG_4231IMG_4237IMG_4242IMG_4243











































































これを書いているとき daiが庭から駆け込んで来た 鯵の刺身の差し入れ これは美味しいんだ!と自慢する
ハム屋が魚を持ってくる
うむむこの鯵…まだ午前中だというのに やっぱり花見酒せざるを得ない
IMG_4248

triangle_117 at 19:05|PermalinkComments(0)植物/動物/自然 | 美味しいもの

April 26, 2017

Tri Angle人気

このところのTri Angleの人気はどうしたことでしょう と 張本人の Tri Angle建築家・山口誠が言います

先日の ↓ Aesop創業者の Tri Angle見学(彼は『住みたい』と言ったほど気に入っていました)
IMG_2127











そしてイソップ創業者夫妻がパリに去った後すぐ 今度は有名なブランドKeringのCEO!
New York Times をご覧になったのではなく 昨秋からの打診だったそうです
子どもたち3人を伴い 家族同士はフランス語 子どもたちはカメラを向けるとすばらしく洗練された表情とポーズを取ります
イギリスの建築の辞書 Phaidon Atlas のTri Angleの記事を楽しんで見ながら 他のページの建築も『行きました!』と大騒ぎしていました
IMG_4193IMG_4195
























私にも 一般のかたぎの人々の顔見知りがいます 残念ながら 私のライフスタイルを全く受け付けず 常識的考え・やり方・生き方 を主張します(つまり皆さん同じ内容_TVがない! お風呂ガラス張り?! 生活用品がない! 一人は恐い!)
これを Tri Angle建築家の山口誠と ため息をつき合いますが 私とため息をつき合い・共感する人がいる ということが なぐさめです
初めて会う 外国のCEO アーティスト達が何の抵抗もなく 私のライフスタイルにするりと入ってきて うらやんでくれて楽しむのが なぐさめです

triangle_117 at 00:46|PermalinkComments(0)建築 

April 23, 2017

青弦とギターのDuo

青弦Duo

20170420





コンサートそのものは ギタリストのおしゃべりで伸びに伸びて 私にはかなり苦しい 若い人達はこんなものが楽しいらしい
青弦の作曲は現代曲で 非常に面白い良いものでした ギタリストは『むずかしい』とさかんに訴えますが 涼しい顔して弾いた方がよろしいかと 高額なチケットを払っていただいているのですから 可能な限りマイナスの言葉は無しにして 
ま 鈴木大介さんや大萩康司さんなど クラシックギターの冴えた演奏の世界とは違うので荷が重かったのでしょう
そして青弦がバッハ無伴奏No.1サラバンド アルマンド を弾き 次元の違う美しさでした 聴いたことのない…


下北沢は ゆっくり回って歩くと 居酒屋が多く 12時頃まで楽しみました

triangle_117 at 00:05|PermalinkComments(0)音楽