July 23, 2016

MuseCaracara-徳澤隆枝記念館- 3

海崎三郎さんが Muse Caracaraへ打ち合わせに
想像通り 素敵なアーティスト
IMG_3133














家や庭のあちこちで 思案してます

そのそばに 蛇 長い長いあいだ庭の主です
IMG_3138現れて 祝福してくれている







11月 絵の加藤肇司 前衛の出口道吉 鉄の海崎三郎 三人展を開催します


triangle_117 at 18:18|PermalinkComments(0)現代アート | 植物/動物/自然

July 21, 2016

MuseCaracara再生14

15年くらい前に 初めてだ!と張り替えてくれた三代目左腕が 人生二度目 椅子を張り替えています
何故 三代目右腕ではなく 三代目左腕なのか? 答え↓
IMG_3118













15年たって
IMG_3121IMG_3124









張り替え後
既に褪せていますが思い出の布です
IMG_3123IMG_3127




































この家は1979年完成『空々亭』(ふところからっぽ頭からっぽ)と呼んでいました そこから1998年ムゼカラカラMuseCaracaraと名付けました ムゼは美術館ではなく音楽の女神ミューズの方です
家作りに全てのエネルギーを注ぎ 完成後まもなく隆枝は亡くなりました 赤ん坊は青弦です 思い出の布 と 椅子
思い出








---
MuseCaracaraヒエラルキ
右腕 左腕 さらにその末席につきたい というボランティアは どういう名称になるんでしょうか?募集

triangle_117 at 00:54|PermalinkComments(0)tool 

July 18, 2016

盃・七段重ね

札幌の友人ソプラノから 変なものが届きました いや大変なものが届きました
IMG_3112IMG_3116IMG_3117IMG_3100IMG_3098IMG_3101

































『あたし 上の三つもらうから』という電話

下側の四つの盃を送ってくれたのでした
七段重ねの盃
彼女の祖父母様の代に縁があって来た品だそうです どんな生涯を送ってきたのか
隣に置いたオールドノリタケのポットは120歳 アメリカから彼女が買い戻したものでゴージャス
MuseCaracara-徳澤隆枝記念館-の再オープンのために 蔵に眠っていたものを掘り出し お祝いに贈ってくれたのです





椀のセットも贈ってくれましたが そのサイズの違い………くれぐれも 右が椀 左が盃ですIMG_3107IMG_3108


裏話:
二箱送った という友人の電話に 10日間ほど小田原を留守予定だったので汗! クロネコ配送所に潜む私の工作員に即知らせ 翌朝 北海道からの大きな荷物二つ捕獲!と連絡あり

本日 工作員が無事極秘に運んで来てミッション完了__クロネコ用ハンコ無用

その晩 一番小さいので晩酌しました
IMG_3110 

triangle_117 at 16:25|PermalinkComments(0)tool | 美しいもの

July 17, 2016

栄ゾリステン

エキストラに行きます
栄ゾリステン

IMG_20160716_0001


栄ゾリステン 弦楽アンサンブルコンサート
9/19(祝)14時開演 栄区文化センター「リリス」 \2500
指揮/vn.山田慶一 vc.藤村俊介

program
ハイドン:弦楽四重奏曲「ひばり」
ヴィヴァルディ:レストロアルモニコより 「2つのvn.とvc.の為の協奏曲」op.3-11
チャイコフスキー:「フィレンツェの想い出」弦楽合奏版





大船の駅はずいぶん変わりました JRの駅は 金太郎飴です 駅を出た時ようやく そうだここは鎌倉芸術館の駅だった コンサートの仕事で通ったのでした
その昔 中学三年間 湘南電車で東京まで毎週ヴァイオリンのlessonに通って 大船観音だけ印象の駅でした

triangle_117 at 14:32|PermalinkComments(0)音楽 

July 16, 2016

街角

IMG_182242a5ed67

triangle_117 at 15:33|PermalinkComments(0)植物/動物/自然 | 可笑しい

July 13, 2016

東京シンフォニエッタ Hp.

東京シンフォニエッタ第39回定期演奏会 ハープを巡って〜木村茉莉
7月8日 サントリーホールブルーローズ
39_flyer



【プログラム】
アラン・ゴーサン(1943-):Le vent se leve... 〜風立ちぬ(2014) 日本初演
一柳 慧(1933-):夏の花(1982)
モーリス・ラヴェル(1875-1937):序奏とアレグロ(1905)
尹 伊桑(1917-1995):ノヴェレッテ(1980)
武満 徹(1930-1996):スタンザll(1971)
江村哲ニ(1960-2007):ハープ協奏曲ll(2001)



現代曲に ハープは欠かすことのできない楽器 というけれど 他に弦楽器がいるとその言語だけ聴こえてくるし 管楽器も入るとそれが聴こえてくるし とんでもないことをしてくれないと 私にはハープは流れて行ってしまいます

尹 伊桑:ノヴェレッテに至っては フルートのすばらしさに聞き惚れ ハープの存在を忘れました ま これはフルートが主役の曲でした この晩のフルートは姓が同じお二人の出演 似ておいでなのでご兄弟か 年上の頬にシミ!のある方のフルーティストがノヴェレッテを演奏し 素晴らしかった これからは頬のシミを大事にしよう

そして最後の江村哲ニ 私は元々作曲界の知識がありませんから知らない作曲家でしたが 初めてハープが面白いと思いました 夭折した惜しい作曲家です

客席一列目の 離れた席に 私が毎回心待ちに愛聴している番組二つの解説者が座っていました 「クラシックの迷宮」の片山杜秀さん 「現代の音楽」の西村朗さん
「現代の音楽」でこのコンサートを放送するそうです

演奏の音を楽しむためには 一列目というのは最悪です ボウイング(弓の動き)を知りたいとか汗を浴びたいとか 大きな理由がある以外 音響の良いのは天井桟敷です
私は不思議に現代曲のときは 一列目に座ってしまいます 驚きをより強く体験したいのか?
片山さんと西村さんは どんな理由で一列目の演奏者と目が合うような席に座ったのでしょう ご一緒ではないのでそれぞれが一列目を選んだのです 演奏者の方は よ〜く知った顔ですから 嬉しいと同時に弾きにくいかも 


triangle_117 at 23:13|PermalinkComments(0)音楽 

July 11, 2016

MuseCaracara-徳澤隆枝記念館- 2

11月オープンの MuseCaracara-徳澤隆枝記念館-
三人展を思い描き 口説きました三人目 海崎三郎さん

雨引の彫刻で 私が衝撃を受けた海崎さん作品
最初の衝撃 2006年
2006-12006-2

















次の衝撃 2011年
2011-12011-2





























三番目の衝撃 2013年
IMG_8593IMG_8576

triangle_117 at 23:28|PermalinkComments(0)現代アート 

ういろう

札幌のソプラノが 飛行機で小田原へ薬を買いに
ういろう

私が通った小学校(今はもうない城内小学校)の学区内に 600年間ある店
子供心に品が良いとは思えなかった建物です 大衆受けする広告塔 国道一号線沿い
127358792636716411047_DSCF1360img2









遠い人々ほど ありがたさが増すのかもしれない 本人にしか売らないのは 動けない重病人にはきっと効かないのだと理解
Unknown

札幌の友人をきっかけに 回りでういろうが流行し始め わざわざ小田原に来る歌手が多くなりました 美声になるのではなく胃腸とか血圧など

triangle_117 at 00:41|PermalinkComments(0)

July 08, 2016

Phaidon Atlas of 21st Century World Architecture

イギリスの建築の辞書 Phaidon Atlas of 21st Century World Architecture に 軽井沢Tri Angle 正式名「軽井沢の別荘/ギャラリー」は載っています
Tri Angle

_SX344_BO1,204,203,200_



01
photo: KOICHI TORIMURA

設計の山口誠が教えてくれましたが 『自然と呼応する建築を集めた新たな作品集』でもう一度 Tri Angleが載るそうです

もう一つ NEW YORK TIMESより発刊している雑誌 T magazine 本国版 にも

2003に建ってから ずっと Tri Angleは人気

triangle_117 at 00:47|PermalinkComments(0)建築 | 本/現代俳句/言葉

July 07, 2016

おいしいMuseCaracara近辺

daiデリカテッセン
IMG_1798daiさん 生まれたときから知っていますが 同じ人生の姿勢を持ち合わせている最高に良い友達
ソーセージやポタージュやバル総菜を買い 時にはドイツパンや 野菜や こんなものもくれる
釣ったアジのフライ
私は五穀市場で仕入れたおいしい総菜を分けてあげるIMG_1797














五穀市場 中学からの親友の店 
一流料亭の味が買える
五穀市場
h_lusca










小田原駅近くのパン屋 守谷のパン 現在は新築中仮店舗
工場直売だった体をどのくらい残してくれるのか パン屋の形にしたら名所でなくただのパン屋になってしまう
IMG_1800











おはぎ 岡西
軽井沢でびっっっくりしたことが 長野のおはぎのゴマやきな粉は中身が餅米だけ!餡がない! ここのゴマorきな粉おはぎも 関東風で中に薄い餅米の層とたっぷりの餡 甘さを徹底して控えているので 餡はほんとは好きじゃないけど巨大なんですけど つい食べる
IMG_1825IMG_1823





















梅雨になると 私の胃腸は徹底的に壊れる 何を食べても食べなくても壊れるので 栄養のバランスなんぞどうでもよい ダイエットしたい人にはうらやましがられる 夏も引き続き胃腸は壊れている
IMG_3075食指が動くのはこれら
















……黄昏時
濃醇酒で良い気分になっていたら daiさんができたての豆のスープを持って走り込んできました
ああ 絶品です
IMG_3096IMG_3097

triangle_117 at 00:23|PermalinkComments(0)美味しいもの 

July 04, 2016

MuseCaracara再生13

人気の田んぼ
今度はアオサギ
こちらを向いているときは まっすぐな塔で 稲の中央にそびえ 何かが突き刺さる事故かと思いました
IMG_1829



















素敵じゃなかった中国の酒壷を仕立て直しました
上の方を割って 銀に塗って 銀色や黒の葉を植えました
フォーカスポイントになりました
IMG_3093IMG_3095

triangle_117 at 22:30|PermalinkComments(0)植物/動物/自然 

July 01, 2016

MuseCaracara-徳澤隆枝記念館-

MuseCaracara-徳澤隆枝記念館- 再オープンは秋11月になりました

再オープン記念展覧会に選んだ アーティストの 加藤肇司 出口道吉 がMuseCaracaraへ打ち合わせに
IMG_3080
















元の美しいMuseCaracaraになって 喜んでくれました

記念展覧会はゴージャスに三人展に
あこがれの二人は懐柔したので あこがれのあと一人これから口八丁です
オープニングパーティーのカルテットも 現代曲を演奏したいところ


現在 Tri Angleの壁にあるアートです
左・加藤肇司  右・徳澤隆枝
IMG_2492

















出口道吉
IMG_2487


















故・徳澤隆枝 この後亡くなる
右は幼い頃の徳澤青弦 @池田二十世紀美術館
s20

triangle_117 at 16:34|PermalinkComments(0)現代アート 

June 29, 2016

MuseCaracara再生12

庭をライトアップしました
実際はきれいでロマンティックです
IMG_3065IMG_3068























最近の富士山
IMG_3071IMG_3072












梅雨なのに こんなに富士山が見える ということは 強烈な風が吹き 空気中の湿気チリが取り除かれ MuseCaracaraは塀が倒れました 撤去の予定で 何も被害がなかったのが幸い 身の危険を感じる風で 建物へ逃げ込みました 数分して風が逆へもう一度
IMG_1826

triangle_117 at 00:41|PermalinkComments(0)植物/動物/自然 

June 26, 2016

チェロ

楽器の鑑定書は こんな風になっています
青弦がつい最近まで使っていたチェロの鑑定書で 元々藤原真理さんのために作られた楽器でしたのでMari Fujiwaraという名がついています
IMG_3051

triangle_117 at 12:42|PermalinkComments(0)音楽 | 本/現代俳句/言葉

June 24, 2016

寿司

小田原の寿司屋を開拓しようと 新しい店に行ってみました
不思議に小田原は『おいしい寿司屋』を聞きません 早川漁港はあるのですけど 上がった魚は何処へ行くのでしょう

小田原駅前の寿司屋
おいしかったです 難は 照明が店内の隅々まで一様に明るすぎて 酔った女性のまだらの顔が丸見え 女性が美しく見えるのは ほの暗い灯り 陰影礼賛

このごろ料理よりもお酒を吟味
紗利
田酒
八海山か黒龍か忘れました

紗利_面白い味でした フランス人のレストランで使われているらしいですが 香りが良く味が日本酒の概念からかなり外れる
晩冬 京都のフランス人レストラン[ステファン・パンテル]で飲んだ日本酒が 開けちゃいけない扉 魔の味が忘れられず 銘柄をメモしなかったのが痛恨

田酒は普通の日本酒 八海山か黒龍か美味しい

舌も足もろれつが怪しいいい気持ちでMuseCaracaraへ帰りました 
IMG_1819IMG_1820

triangle_117 at 00:47|PermalinkComments(0)美味しいもの