September 24, 2016

MuseCaracara-徳澤隆枝記念館- オープン

案内ができました 11月 開館します おいでいただけると嬉しいです
201muse1201muse2

















































ナンデモflyerです 皿・フィッシュ&チップス紙・コースター・包装紙・名刺・鼻紙
202fly1202fly2































































修復工事中のMuseCaracara アートしてます
IMG_3415IMG_3416IMG_3417



















日本の田舎の風景は汚く 外が見えてしまうのは困るのですが
11月の再オープンで 鉄の海崎三郎さんがクレーンで作品を搬入するため 塀を撤去 木を伐採しました
IMG_3429

続きを読む

triangle_117 at 00:21|PermalinkComments(0)現代アート | DM

September 21, 2016

栄ゾリステン

エキストラに行きました
栄ゾリステン
IMG_1874











根岸線・本郷台駅前リリスホール こじんまりとしながらも音響の良いきれいなホールでした そして良いコンサートになりました
女性のみの楽団ですが 教養の高さゆえさっぱりとして 居心地が良さそうです 臨時首席の私を気持ちよく迎えてくれました
演奏者というのは必ずどこかでつながっています 何人か知り合いでしたが 20年前まで東京シティ・フィルで長いあいだ仲良く一緒に弾いたヴィオラがいて驚き 私を強力にサポートしてくれたことが幸運でした 偶然二人共心の闇を抱えていますが 幸せな常人と違って理解できるので 再会を本当に喜び合いました 彼女は体の大きさに恵まれ 女性ながら白人男性と同じ大きさの楽器-43cm-を弾きこなし それは実に良い音が出るのです ヴィオラセクションが良い音に包まれました

IMG_3433IMG_3435舞台そで(集合)


































________________________
7/17付

IMG_20160716_0001


栄ゾリステン 弦楽アンサンブルコンサート
9/19(祝)14時開演 栄区文化センター「リリス」 \2500
指揮/vn.山田慶一 vc.藤村俊介

program
ハイドン:弦楽四重奏曲「ひばり」
ヴィヴァルディ:レストロアルモニコより 「2つのvn.とvc.の為の協奏曲」op.3-11
チャイコフスキー:「フィレンツェの想い出」弦楽合奏版





大船の駅はずいぶん変わりました JRの駅は 金太郎飴です 駅を出た時ようやく そうだここは鎌倉芸術館の駅だった コンサートの仕事で通ったのでした
その昔 中学三年間 湘南電車で東京まで毎週ヴァイオリンのlessonに通って 大船観音だけ印象の駅でした

triangle_117 at 00:27|PermalinkComments(0)音楽 

September 19, 2016

京都アンテルームH・アート 3

アンテルームの 新しい部屋は すばらしい木製楕円バスタブとシャワーヘッド 専用の広い庭 部屋のそこここにアート
バスタブは体に気持よく沿って2人半は入れる 木の良い匂い
IMG_3283IMG_3285IMG_3313















































コンクリートの廊下は 波文様と不思議な足跡 猫より小さい狸的IMG_3294IMG_3312



























廊下壁はギャラリー
IMG_3290IMG_3291IMG_3358IMG_3336IMG_3337

triangle_117 at 12:20|PermalinkComments(0)建築 | 現代アート

September 17, 2016

レストラン?@小田原

オマール海老のアヒージョ ベルギーフリット ティラミス クリームブリュレ エスプレッソ
IMG_3418IMG_3420IMG_3426IMG_3427IMG_3424IMG_3425























































小田原の寿司屋なんです… それも回転寿司なのよ〜とdaiに連れられて
シマアジ 貝 タコ どれもびっくりするくらいおいしかった
daiデリカテッセンのファンで毎週妙な買い物をする人がいて 正体はこのオーナーでした それなら美味しいかも と いそいそでかける

オーナーは『回転』寿司にしたいアヤシイ哲学があるらしい 日本酒も私好みのしっかりとした品揃え 5時起きで横浜までリハーサルにでかけた夜でした 疲れが溶けます
回転寿司BISTRO禅
回転寿司禅

IMG_3422IMG_3423

triangle_117 at 12:23|PermalinkComments(0)美味しいもの 

September 14, 2016

京都アンテルームH・アート 2

アート一覧表
anteroom2











まず気に入ったのが 村上美樹
IMG_3292IMG_3304IMG_3393


































































IMG_3300隣に座っても良い というので







背景の中庭も 今回はアーティスト作でした














IMG_3295やなぎみわ










IMG_3296増田セバスチャン















IMG_3298IMG_3299永瀬正敏






































IMG_3309永瀬正敏とコラボレーションしたヤノベケンジ 展示場所はバーです これの隣で飲めるなんて しかも近所の美味しい地ビールIMG_3338IMG_3318IMG_3374

triangle_117 at 19:10|PermalinkComments(0)現代アート 

September 12, 2016

MuseCaracara再生16 小田原市文化部

壁の修復をしています 壁そのものが現代アートのよう 1979当時の壁の中の死んだエアコンは塗り籠めることにしました 1万年後掘り出した火星人は『何なのだろう?』と考える
KIMG0369IMG_3408IMG_3405









































そして アトリエのなつかしい北面と窓が再び現れました 美しかった階段の跡は悲しい
IMG_3413

















小田原市役所には 「文化部」があります 行政にこれだけ大きい「文化」と名のつく部は珍しいのだとか 加藤市長の考えだそうです 1998~2007第一次MuseCaracaraのときは加藤さんは市民リーダーで お客様でした 市長になってもうめちゃ忙しく なかなか来られないでしょう 健康を保って良い仕事をしてほしいと思います
MuseCaracara担当から日時を設定され 文化部の部長さん 副部長さん 課長さん 係長さん にずらりと挨拶されました

小田原の文化の希望の星 MuseCaracara-徳澤隆枝記念館-

triangle_117 at 22:49|PermalinkComments(0)建築 | 現代アート

September 10, 2016

京都アンテルームH・アート 1

私の京都の定宿は京都アンテルームホテルです
また素敵な展覧会中で エントランスから張り切っていました
門灯には 剣山の上にスニーカーを履いた鳩
IMG_3399IMG_3400IMG_3350IMG_3347IMG_3352IMG_3353
















































田村琢郎 『これで剣山の上でも大丈夫。』







アートはさらにこの後アップしますが まず一足飛びに 最後の日
大好きなホテルに別れを告げるとき スタッフと名残を惜しみました ブレクファストのスタッフで しっかりと仕事に誇りと責任を持つ気持ちのよい女性です 仕事をする女性が好きです
IMG_3396

triangle_117 at 15:19|PermalinkComments(0)現代アート | 建築

September 08, 2016

アカンサスII vol.32

triangle_117 at 12:50|PermalinkComments(0)音楽 | DM

September 06, 2016

青弦 ALMA MUSIC BOX

青弦チェロ 本番前GP
11



































広上淳一マエストロの背中の60は 京饗60周年だそうです
三鷹の国立天文台から来た若い学者が 楽しい解説をしてくれました
ALMA MUSIC BOX
これは寿命の尽きる星から 南米チリのアルマ望遠鏡に届いたデータを音に置き換えたオルゴールで はかなく美しい前衛音楽でした
それを元に作曲されたコンサートでした
ALMA

triangle_117 at 01:18|PermalinkComments(0)音楽 

August 31, 2016

青弦リハーサル 京都岡崎音楽祭

9/3,4の 京都岡崎音楽祭のリハーサルです
[Throwing a Spoon]ピアノ:トオヤマタケオ チェロ:徳澤青弦 京都市交響楽団 指揮:広上淳一 @京饗練習場
京都岡崎音楽祭
IMG_3325IMG_3324IMG_3323

























たくさんのミュージシャンが出演しますが すべて青弦の編曲です キーボードやヴォーカルまで担当します

triangle_117 at 22:16|PermalinkComments(0)音楽 

August 30, 2016

サマーフェスティバル2016

サントリーホールの 芥川作曲賞含むサマーフェスティバルのうち 三つ行きました 芥川賞ではありません芥川作曲賞
サマーフェスティバル2016

portrait_kamio現代音楽のコンサートはほとんどが満員にはならないのですが 神尾真由子さんの人気でしょうか 8/25は売り切れでした キャンセル待ちで開演ベルぎりぎりで入れました 現代音楽も人気があるのだと嬉しくなります…しかし見たような顔が多い

サントリーホールの小ホールブルーローズは 平土間折り畳み椅子で 後方からはステージが見えず 音響は大変悪いです 東京シンフォニエッタも指揮者も 良い心意気を持っていますが技術はもう一つですので 神尾さんの演奏にはほっとし陶然としました 曲も今年の人リゲティです!面白いしすばらしいものでした ぴしりと固めた髪やぴっちりとしたセクシーなドレスや 姿も楽しみました 演奏と衣装は比例しています

8/25(木)19:00ブルーローズ(小ホール)
■ピエール・ブーレーズ(1925-2016):デリーヴ1(1984)
■オリヴィエ・メシアン(1908-92):7つの俳諧(1962)
■ベネト・カサブランカス(1956-):6つの解釈 ―セース・ノーテボームのテクストによせて(2010)日本初演
■ジェルジ・リゲティ(1923-2006):ヴァイオリン協奏曲(1992)
指揮:板倉康明
ヴァイオリン:神尾真由子
東京シンフォニエッタ

______________
8/26(金)武満 徹の《ジェモー(双子座)》19:00大ホール
■武満 徹(1930-96):ジェモー(双子座)(1986)−オーボエ、トロンボーン、2つのオーケストラ、2人の指揮者のための
オーボエ:荒川文吉 トロンボーン:ヨルゲン・ファン・ライエン
■譚 盾(タン・ドゥン)(1957-):オーケストラル・シアターll:Re(1993)−2人の指揮者と分割されたオーケストラ、バス、聴衆のための
バス:スティーブン・ブライアント
■武満 徹(1930-96):ウォーター・ドリーミング(1987)−フルートとオーケストラのための
フルート:神田勇哉
■譚 盾:3つの音符の交響詩(2010)
指揮: 譚 盾、三ツ橋敬子
東京フィルハーモニー交響楽団

昔々 タンドゥンさんを日フィルで聞いたことがありますが そのときと全く同じ印象を受けました クラシックとは言えない でもロックとかジャズならもっと魅力的です どうも品に欠けてあれこれ盛りだくさん過ぎる 楽員に歌わせるのは疑問 観客が歌うのも嫌い 床を踏みならすのも多過ぎ ステージマナーも芝居がかって媚びている 日本では いや世界でもこういうの 人気なんだろうなーと思う

安っぽさの次に武満徹が来ると なんて静かできれいでしょうか
たくさん聴いていると 似通っていて少し飽きますが

松平頼曉さんにロビーで会って 挨拶しました 80代半ば 疲れたなんて言ってられない 本日の二人よりも私は松平さんの曲が好きです

______________
8/28(日)第26回 芥川作曲賞選考演奏会15:00大ホール
第24回芥川作曲賞受賞記念サントリー芸術財団委嘱作品
■鈴木純明(1970-):テューバと管弦楽のための《1920》(2016)世界初演
テューバ:橋本晋哉

本選
■渡辺裕紀子(1983-):折られた…(2014-15)
■大場陽子(1975-):ミツバチの棲む森(2015)
■大西義明(1981-):トラムスパースll〜2群による18人の奏者のための(2013-15)
指揮:杉山洋一
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
選考委員(50音順):小出稚子、法倉雅紀、三輪眞弘

芥川作曲賞の優勝者は 2年後の本選で新曲を披露します
第24回優勝者の鈴木純明の曲は どこまでいってもとらえることのできない混沌 ああ 新しい感覚だなーと思う 応募作品だったらこんな思い切りぐちゃぐちゃはできないかも 面白かった
__
そして このあといよいよ本選が始まるロビーで
松平頼曉さんの顔を又見たので 嬉しくて挨拶したら 突然『このあと ずっといますか?』と聞かれ ロビーでの15分間かと思ったら 2−3日間の長い時間でした サマーフェスティバルの間 会えるなら 私にCDをプレゼントしてくださる……!と言うのです
それだけでなく 11/3のコンサートに誘われました!
挨拶って 大事です
claviarea13_omoteclaviarea13_ura




私は29日から京都へ行ってしまうので CDはそのコンサートのときに! と強くお願いしました
私のアイドルからプレゼント どうしましょう

__

本選
渡辺さんの曲は 飽き飽きしているグリッサンドだらけでした
大場さんのは 二部に別れ 二楽章が長い長い穏やかな流れの中に 突然暴力に近い低音金管が4回侵入 シュニトケみたいな病的さ これが私にはたまらなく刺激的脳内麻薬でした
大西さんの曲はノイズばかりの管楽器打楽器主役でした こういうのも飽きている
三人共打楽器多過ぎ マリンバの使い方下手

芥川作曲賞は 舞台で選考委員が公開で選考するのが面白い
その選考委員を評(笑):
小出稚子さんは子供っぽい 三輪さんにかみつく
法倉雅紀さんは一番私と似通った講評 穏やかゆえに両方から突き上げられる
三輪眞弘さんは ファイナリストが書いたプログラムノートだけ分析 場内は反発があるよう 解説嫌いの私も驚く 言葉にできないから音符で書いた作曲家達 解説を講評してどーする
三人共 本選曲の過去の録音と比べていたが サントリーと演奏者に失礼だし聴いていない聴衆に失礼だし必要全くなし この日の印象で選考するべき


優勝 2年後の委嘱作品作曲家は:渡辺裕紀子

triangle_117 at 22:39|PermalinkComments(0)音楽 

August 28, 2016

花火

MuseCaracaraの井戸が直り 来る展覧会のアーティスト氏も下見に来た晩 家が少々揺れる爆発音が立て続けに 火薬=テロ…ではなかった
うちは最高のスタンド席なのです 三階の展望台
北の方角 酒匂川が舞台でしょう 台風接近のかなりの雨でした
そちらを向いている車が楽しげなハザード きっと小田急の運転士も 近隣も傘をさして外へ
IMG_3243IMG_3251IMG_3239IMG_3255IMG_3254IMG_3259

triangle_117 at 23:00|PermalinkComments(0)美しいもの 

夏休みこども科学電話相談

39
小学生の女の子:地球温暖化で人間が火星へ移住するのはほんとですか?
宇宙科学の女性研究者:火星を人間が住めるようにするのにはとても時間がかかります。移住したとしても 地球を汚して行くような人間は また火星を汚すと思うのですよね。それよりは地球をきれいにすることの方が簡単です。今 大人達は一生懸命研究していますが あなたも大人になったら 地球をきれいにしてほしいと思います。
小学生:はい。大きくなったら私は地球をきれいにしていきたいと思います。

この最後の子供の言葉は 司会も他の先生方も 胸に迫るものがあったことは ラジオでもはっきり伝わりました

はやぶさの川口淳一郎さんや この宇宙の永田美絵さんは 特別に美しい発音と美しい声を持っています その上 研究者の豊かな心もあるので 機械的なアナウンサーだったらとても太刀打ちできません
アナウンサーも時々 豊かで軽妙な心を持った人がいて 司会の金井直己氏には聞き惚れます 子供が意気込んでむずかしい単語を並べると 彼は頭の上に「?」をいっぱいくっつけた声で 先生方に丸投げします 『おじさんは オトシブミ というのが何だかわかりませんが では先生に聞いてみましょう』は名文句でした オトシブミというのは昆虫のことでした
どんな質問も 先生方は答えられるし(例えば どうしておかあさんは怒るんですか?) その周辺の深い知識もさらりと出てきて さすが専門家だなーと感心し 楽しんでいます

triangle_117 at 00:20|PermalinkComments(0)

August 23, 2016

軽井沢の粋

軽井沢の友人別荘で これの上は考えられない粋なコンサートをプロデュースしました 出演・ムゼカルテット
GP
IMG_3192IMG_3199








本番前 いつもならコンビニのサンドイッチかおむすびなのに 晩餐ケタリングついでに 軽食のサービスがありましたIMG_3203IMG_3208


























聴衆は 別荘の夫妻だけという私の企画でしたが あまりにもったいない と お友達が加わって4人のみ ブラームス弦楽四重奏曲第二番という最高に渋いプログラム 燕尾服&イブニングドレス着用作戦
お客1000人と4人の 弾き方の違いは柔らかい弱音を心がけることでしょうか それはコントロールのエネルギーを使います
コンサート後 晩餐会場に早変わり これは友人夫妻の企画でシェフは高崎のリストランテシムラです すべての食器とリネンも
IMG_3213IMG_3212



































雨模様の軽井沢でしたが 晩餐中に大きく窓を開け放しました それはそれは静かな美しい庭でした 少し離れている隣から ときたま何やら聞こえてくるそうです 狂言の名手の家です お互い様

こんな時間を作ることができるのは 選ばれた人なのではなく 人生で何が大事か 考えられる人でしょう 

__________________
おまけ
翌日のこと:Tri Angleで チェロの茂木さんが私のva.を弾いてしまいましたIMG_3223


私のva.はマルケッティですが同じチェロを持っていたそうで 音色が似ている と言い言いしていました 了解をとって突然弾き始めました チェロ弾きがvn.を弾く時は膝にはさんで結構上手く弾くものですが 顎に持って来たのでびっくり 弓の持ち方はチェロ式でご愛嬌 弾いた曲もバッハ:チェロ無伴奏組曲でした

普通こうなります ↓
03

triangle_117 at 23:33|PermalinkComments(0)音楽 | 美味しいもの

August 22, 2016

コンサートDM

kuki1kuki2
















プログラム
program1program2

triangle_117 at 12:12|PermalinkComments(0)DM | 音楽