May 25, 2024

アカンサスII vol.50 -3



triangle_117 at 20:49|PermalinkComments(0) 音楽 

May 24, 2024

アカンサスII vol.50 -2

プログラム

折ります 形態は思わぬ形になります

datapro1datapro202E7C27C-E68F-497A-A12D-B4858528D340B3973340-5196-4D5B-B3ED-753D316EB5CF












クラシックコンサートのデザインは我慢をして奥ゆかしいものにしないと どうも場違いになりますが 今回は世界初演の現代ものがプログラムに上り 嬉々としてタガを外しました 制作が楽しい時間でした
「何だこりゃ」と言われたら 現代アートの世界では勲章です

B9967AE7-D4C5-4A2B-8A41-92359C4B2802C2F9F907-070A-4605-A428-A855F42E17AE
そもそも この形が最初にあって






















それから計算したり色の想像をし創造をし細部を詰め……
D9720301-865A-406B-A25F-B200E3BA35BA44A514A7-684E-4FA2-A017-475C393D5EB311B8C8DE-CB6D-49C2-AFA9-CC92D53F7FA3


triangle_117 at 18:58|PermalinkComments(0) 音楽 | DM

May 23, 2024

カーポート改装

つるバラを支える梁が痛んできたり 車の日除のサイズが合わなくなったり で改装を始めました

1C7D7AFB-EE9B-4AFC-BC5D-E3E9C2BD9DF72CBFDB1E-B5E0-40D4-B51D-377EB1B2B93D59347265-D1D2-4764-92F0-B5E205B93993

E7ED29AB-7879-487F-B923-8A07DE2228E8A5D01B1E-EDB4-4EBE-B798-4D1B70C3C2491A0EF702-8E06-44A7-8156-9486F596F95C













お役御免の 解体された木製梁
A55F84EF-7C3F-46C4-B40F-DA06140F1E2F

triangle_117 at 15:30|PermalinkComments(0) 建築 | 117クーペ/乗り物

May 21, 2024

サヨナラ井上道義

井上道義の 日本フィルハーモニー交響楽団引退公園 みなとみらいへ行ってきました
道義氏(若い頃ミッキーという愛称でした)だけでなく ホールに到着した途端 たくさんの事務局の面々と久しぶりなのに昨日の続きみたいな会話 終演後の楽員とも同じく 濃い付き合いだった人々と楽しい再会 青弦の後輩だという新入チェロなども


プログラムはショスタコ チェロ2番 と ショスタコ10番

日本人には珍しいくらいの深みのある音色を持つチェリスト佐藤晴真 冒頭のpizzで 異変を察知した道義氏がチェロを覗き込み 説明「弦が切れた」
二人ともしばらく退場
凍結のままのオーケストラととても静かな客席

張り替えて再登場の佐藤晴真 二回目はわずかに優しい出だしでした でも元々音響の素晴らしいみなとみらい たった一丁のチェロの深々と鳴り響く音 そのあとは押し寄せるチェロのソロとオケの応酬 曲自体はシンプルな静けさが際立ちます 打楽器とピッコロなどショスタコ特有の音がワクワク踊ります
このごろチェロバスが素晴らしい

アンコールは鳥の歌 前奏の和音とフラジオで一気にその世界へ引き込まれます
往年のカザルスホールで 招待チェリスト達の 決められたアンコールが鳥の歌 この数分だけ クラシックに珍しいスポットライトでした

オケのメインはショスタコ10番 道義氏の白鳥の歌でした もっと見えると良かったのですが 最後の音は瞬間こちらを向いて両手を挙げたのはわかりました

GN28StCacAA5xNXGN28Ss7awAAQg3WGN28Ss7bsAAM6RL
私は白内障が進み ほとんど誰が誰やら識別できません でも朧げな色合いと音色で ああ ヒロマサさんの美しいob.だ とか 日フィルのスターホルンだ とかはわかります コンサートマスターは田野倉君


そして道義氏は 私のレゲエもどきのヘアスタイルを喜んで 撫でてくれました
今年の大晦日まで 引退公演が続きます 若い頃と何ら変わらない姿のまま 指揮台から姿を消します カールベームの引退公演など大騒ぎだったのに 道義氏は最盛期のまま 時々老人の真似をするようだけれど 違うことを始めるのでしょう

triangle_117 at 16:17|PermalinkComments(0) 音楽 

May 15, 2024

ダリのカトラリ

欲しいな 使いたいな
983155b3a283e85d0b11597a












シュールというよりも アール・ヌーヴォーみたいな官能的なデザイン




ダリへの郵便物は ↓
Unknown
封筒に このマークを書いただけで 世界中のどこからでも届いたとか
ほんとなら楽しい

triangle_117 at 00:10|PermalinkComments(0) 現代アート | 美しいもの

May 11, 2024

日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会

贔屓のカーチュンウォンのマーラー9番

第760回東京定期_page-0001カーチュン・ウォン
Kahchun WONG
日本フィルハーモニー交響楽団
マーラー交響曲第9番

2024年5月10日(金)19時サントリーホール

















かなり前 日フィル&小林研一郎の 最後の最弱音が鳴り止んだ後 1分半 余韻に浸って拍手が起こらなかった伝説の演奏がありました その記憶はあまりに衝撃的で官能的でした
録音係が楽屋の通りを 1分半!1分半!録れました と泣き笑いで叫んで コバケンの楽屋に飛び込んできました
無音の状態を1分半録れた というのは考えてみると可笑しいですよね

残念ながら その記録に到底及ばず 20秒だったそうです 慚愧に耐えないのは 客2000人とオーケストラ楽員の 息も止めている中 誰か普通に咳をしてしまったこと__緊張が破れ 拍手を始めてしまった人がいました



恍惚と虚脱に浸ったあの1分半の時間が懐かしく マーラー9番というとその思い出があります

カーチュンウォンの9番は 実にシンプルで綺麗でした 雑味がなく 透き通っていました 暗譜でした そこはコバケンと同じ

こうなると 滅多に演奏しない9番の全体像が見えてきて マーラーの他の交響曲よりも優れているというわけでもなく 個性に溢れているわけでもなく ひたすら長い時間 ゆっくり浸る 周りの客席は演奏中は船を漕ぐとか それぞれです
これなら 作曲家の鬼門の9番を書かずに終わっても良かったんじゃないかしら

近くの席に 日フィルの神尾あずさvn.さんがいて 久しぶりだったので弾丸近況おしゃべり ご自分のリサイタルと重なったので 舞台ではなかったそうです

_____________
コンサートの前に Ruby Jacksで夕飯しました 早い時間だったので 貸切のような 外のテラスは恒例 外国人集団
013
access_top
interior2-480x480
interior7-480x480interior3-480x480003food11-480x480


triangle_117 at 23:41|PermalinkComments(0) 音楽 | 美味しいもの

May 09, 2024

KTT 初夏のミニコンサートno9 ❶

triangle_117 at 16:47|PermalinkComments(0) 音楽 | DM

May 08, 2024

ピンポイントの同期会

パンデミックで中断していた 4人の高校の同期会 が再開
それぞれが少しずつ作った美味しいものでたわいもない話がほんわかと続きます
本番が近いメシアンを聴いてもらいました
生きる元気が少し増すような 同期会

いつも集まるのはY邸
ベランダにルピナス その向こうは神田川
若い頃の友人の作という絵が素敵
571C6698-2DE2-45D7-87A9-917B9BD647A13FDB3DEC-4D0F-4AAD-8B8D-35A15C46B7F2DD550673-EEEA-446E-AF43-2319B745BAA1FBEF3333-C21C-4DC7-BF76-7F1951011FF6

triangle_117 at 14:25|PermalinkComments(0) 美味しいもの 

April 28, 2024

ヒトの目のあやふやさ

このままでは真実はわからない
435871311_122133022712225162_2884704622947539111_n


可能な限り 拡大をお勧め
ショッキング そして徐々に どこか 人生の教訓めいた

元vn弟子の 大学教授になったS氏のfacebookより
ナショナル・ジオグラフィック.. この写真でフォト・オブ・ザ・イヤー賞を受賞

triangle_117 at 00:06|PermalinkComments(0) 植物/動物/自然 | 美しいもの

April 26, 2024

井上雅之作品

お披露目です
87511D8B-6FF9-45C5-91AB-87CB1CAD5D9E86DFCACD-B63B-4A4D-B3E6-8861CAC618A0FCF2D180-E25F-4788-88E2-8C758570B23D313336EB-923A-45A2-A46A-C5235B0874CF

triangle_117 at 20:22|PermalinkComments(0) 現代アート 

April 25, 2024

花の絨毯

MuseCaracaraの庭は 鬱金の黄桜 と 御衣黄 の絨毯になりました
A32AD0D0-4BB9-4D22-BAD4-6C4EA74EF72A






左:鬱金 右:御衣黄
落ちる寸前に 黄桜は濃いピンクに 御衣黄は赤のラインが入ります

triangle_117 at 16:32|PermalinkComments(0) 植物/動物/自然 

八重桜の花見

MuseCaracaraには 鬱金の黄桜と 御衣黄という二本の八重桜があります
5人の友人を迎え 観桜会しました
酒とIPAをたっぷり用意し 途中「禅」という寿司屋でも堪能しました
ロサレヴィガータも 黒ロウバイも咲いていました
八重桜が そこここに散って コニファーに花が咲いたようでした
46E11551-6E6F-4EA1-91A9-7925444A40AA641973F0-E41A-4120-A6C1-BDFCAD0902E0
C998BA77-4B46-40B0-AC95-6DAC6E4E96C549DF4885-4229-427C-9872-BE72F528AC4C
1A86E800-B077-4303-BFE0-D33C431F99E6CA7B528A-1FE9-492B-B952-8842C6231C8A6F366D29-FA22-4741-B62B-EFAE8F8BE137


triangle_117 at 00:16|PermalinkComments(0) 美味しいもの | 植物/動物/自然

April 09, 2024

アートを引き取りに

井上雅之さんのアートを引き取りにユマニテへ

雑多な廃金属で動物を作る展覧会を開催中でした
よくあるアイデアです
本当に現代アートかというと難しいところ
01s02s0A084049-A12E-4F08-9DC2-19C4917C9EE245FBEE57-1C0A-4A44-AC83-50A38CCFFFF0AFBE44D9-D675-47C5-8990-51D355A867E56CDE3720-D5CE-4DD3-87F4-277FAC4F7425



芸術は 抽象が最高峰にいます 知能のある人間にしか作れません
ナニかに見えたら それは具象です



井上雅之です
お披露目はまだ
70FCCB23-E597-406E-A197-129FF5792DDDEA69E79B-D674-40C6-A367-F54B91B3B13389792E91-4612-4494-A3B3-E92927E531C3

triangle_117 at 00:02|PermalinkComments(0) 現代アート 

April 06, 2024

アカンサスII vol.50 -1

5月のアカンサスコンサートのチラシです
書き出し書き出し2


弦楽合奏団アカンサスII は 初めて現代音楽 しかも初演 を弾きます
メンバーに現代音楽演奏のエキスパート 山本昌史がいるので 最高峰をお届けできます







日時 2024年5月24日(金) 18時半開場 19時開演 
会場 五反田文化センター音楽ホール(東急目黒線不動前駅下車7分)
全席自由 ¥4000
曲目 森田泰之進 コントラバスと弦楽の為の協奏曲「響・層・極」  ソロ 山本昌史
   A・ドヴォルザーク 「セレナーデ」Op.22

弦楽合奏団アカンサスII
指揮:大川内 弘
violin
大川内 弘(コンサートマスター)村上 和邦(コンサートマスター) 太田 津根子 小宅 栄子 東條 絵里子 徳井 えま 中藤 節子 西本 徳子 保井 頌子 脇屋 弓子 渡邉 拓真
viola
梯 孝則 岸 優子 近藤 淳子 徳澤 姫代 渡邉拓真
cello
茂木 新緑 多賀谷 志野 野津真亮
contrabass
山本 昌史


triangle_117 at 13:28|PermalinkComments(0) 音楽 | DM

April 03, 2024

やられたわDM

これ以上 素敵なDMってあるかしら
C83C8672-6396-445C-9E4C-AB292B839110



宛名面
鉛筆汚れに見えるでしょうが 印刷です
鉛筆で塗りつぶすアートです

daiと大騒ぎしながら眺めました
長谷川さんほどアブナイ天才はいない と
なつかしい作家 長谷川学 入れ込んでいましたが いろいろ外野が問題で 連絡が途絶えていました
展覧会の開催地は大阪ですが 行きたいものです

triangle_117 at 00:11|PermalinkComments(0) 現代アート | DM