August 23, 2016

軽井沢の粋

軽井沢の友人別荘で これの上は考えられない粋なコンサートをプロデュースしました 出演・ムゼカルテット
GP
IMG_3192IMG_3199








本番前 いつもならコンビニのサンドイッチかおむすびなのに 晩餐ケタリングついでに 軽食のサービスがありましたIMG_3203IMG_3208


























聴衆は 別荘の夫妻だけという私の企画でしたが あまりにもったいない と お友達が加わって4人のみ ブラームス弦楽四重奏曲第二番という最高に渋いプログラム 燕尾服&イブニングドレス着用作戦
お客1000人と4人の 弾き方の違いは柔らかい弱音を心がけることでしょうか それはコントロールのエネルギーを使います
コンサート後 晩餐会場に早変わり これは友人夫妻の企画でシェフは高崎のリストランテシムラです すべての食器とリネンも
IMG_3213IMG_3212



































雨模様の軽井沢でしたが 晩餐中に大きく窓を開け放しました それはそれは静かな美しい庭でした 少し離れている隣から ときたま何やら聞こえてくるそうです 狂言の名手の家です お互い様

こんな時間を作ることができるのは 選ばれた人なのではなく 人生で何が大事か 考えられる人でしょう 

__________________
おまけ
翌日のこと:Tri Angleで チェロの茂木さんが私のva.を弾いてしまいましたIMG_3223


私のva.はマルケッティですが同じチェロを持っていたそうで 音色が似ている と言い言いしていました 了解をとって突然弾き始めました チェロ弾きがvn.を弾く時は膝にはさんで結構上手く弾くものですが 顎に持って来たのでびっくり 弓の持ち方はチェロ式でご愛嬌 弾いた曲もバッハ:チェロ無伴奏組曲でした

普通こうなります ↓
03

triangle_117 at 23:33|PermalinkComments(0)音楽 | 美味しいもの

August 22, 2016

コンサートDM

kuki1kuki2
















プログラム
program1program2

triangle_117 at 12:12|PermalinkComments(0)DM | 音楽

August 20, 2016

ラッピング

ラッピングです
中身は カルテットのギャラです
美術アーティスト達はふつーにこんなラッピングしますが 現金は珍しいと思う そもそも クラシックの演奏家達はこんなラッピングの経験ないと思います
なんで三つかというと 私のが無し…
IMG_3189

triangle_117 at 02:15|PermalinkComments(0)現代アート 

August 19, 2016

第二隠遁所 成果7

まだ続いているのです これから水道屋が入り改装します キッチンなど構想からはまだ遠い
IMG_2766IMG_2765IMG_3183

triangle_117 at 21:53|PermalinkComments(0)現代アート 

August 15, 2016

日本酒

昨年 京都のフレンチの『日本酒』と 蕎麦屋の『熱燗』 とで揺さぶられて 現在 日本酒党です 
20代30代の私は量だけの日本酒でした 高山・老田酒造の「鬼殺し」がお気に入りでした 杉玉の下がる本店まで行きましたonikorosi
その後過労で倒れ10年お酒と縁を切り ゆるゆるとワイン少々に戻っていました








好きなのは
ワインは「フルボディ・渋く重い」
ビールは「エール・苦み・高アルコール度・ゆっくり注ぐ」
ケーキは「ずっしり重い」
案の定
日本酒も 「辛口・濃醇」が好きということがわかってきました (日本酒度はプラス 酸度は2以上)

日本の風土に合った「淡麗 キレ 冷え冷え カーーッ」「やわらかい! ふわふわっ」は 私には全然まずい

日本酒は 説明書が不親切ですが その中で はっきり書いてあった「辛口・濃醇」 おいしい!
masumimasumi2
真澄




chikumachikuma2
千曲錦




nanawarainanawarai2
七笑




濃醇を所望したら 別々の酒屋で勧められた日本酒 同じ蔵元でした「大七」
daishitikaikaikai














成城石井オリジナル大七「戒石銘」 は実に美味しいけれど 少し¥お高い

京都のフレンチの『日本酒』はどこの何だったのかしら メモしなかったのが後悔の極み 少し甘口ながら淡麗ではない濃醇の味 その味を探しています 「戒石銘」はかなり近いけれど…もっと毒な味だった
辛口濃醇__「醸し人九平次」「十四代」 を当たってみましょう



ところで オリンピック
私は「悲願」という言葉が大嫌いです
メダルを取ると盛んに『悲願だった◯◯』と言いますが 選手は試合中はそんなこと考えず 無心にさわやかなのではないか 考えてしまうような選手は始めから取れないのではないか 回りから悲願悲願と言われてその気になっただけではないのか 『金メダルを取ります』という宣言が『有言実行』とはならずどうして『悲願』になるのか
TVを持たない主義なのでネットニュースで見るだけですが そもそもオリンピックに大騒ぎする国は日本 アメリカで 私が好きな国オランダベルギーなどは 選手を送っているのかさえもわかりません
東京オリンピックのロゴも もっと抽象の素敵なのができたはず 今回のロゴなら文字で「東京オリンピック」の方がよほど洗練されている ロゴは必要なのか ぬいぐるみは必要なのか

triangle_117 at 22:50|PermalinkComments(0)美味しいもの 

August 13, 2016

フランク・ゲーリー 2

ついに フランク・ゲーリーのヤカン
IMG_3173IMG_3168IMG_3172























コーヒーも落としにくくありませんでした
迫力あるピーピー音です


小田原MuseCaracara-徳澤隆枝記念館- は井戸ポンプが壊れました 配管も新しくするため 8月末まで 行くことができませんが 思い切り軽井沢の涼しさ(寒さ)を味わっています

triangle_117 at 15:26|PermalinkComments(0)tool 

August 11, 2016

音色を磨く

あと10日間
ブラームスの弦楽四重奏曲第二番を磨いています
この2年で第三番 第一番 と弾く幸運に恵まれ 今 第二番
クラシックの中でも 聴くことが最大にマニアックな 演奏家には最終的にあこがれの 三曲
brahms3


brahms11









一楽章のブッフシュターベ[13]から
初心者向けのフィンガリングで隣の弦に行くのは易しいですが正しいフレーズにならず 何より美しくありません 音色(おんしょく)を選ぶなら途端に困難な道になります 一本の弦だけで弾くと 声楽のように適度なグリッサンドがセクシーで心地良く 美しい音色の音楽になります
前半61小節目にも 三度高い同じフレーズがあります
brahms1



メンバーからは まだ10日間あるのであきらめず挑戦を と励まされています




その昔 メンバーのvn.協奏曲の譜を見たことがありますが 何故わざわざこんなに難しいフィンガリングに?と驚いたことがあります 低いポジションで隣の弦に移って弾けば簡単なのに
音色に目覚めたときでした 

triangle_117 at 23:17|PermalinkComments(0)音楽 

August 09, 2016

塀から犬

32e3240a131f7a825653b22cca4ce98b5afd742dab1e79b64e87b8a71a6bb0d8a0ad62b3cb6b46b41d56efd65178e2a2f0d27ec9569b87f557f0a37857c73b99

triangle_117 at 22:28|PermalinkComments(0)植物/動物/自然 | 可笑しい

August 05, 2016

青弦 京都岡崎音楽祭

青弦のチェロを聴きに行きます 9/3,4
『ALMA MUSIC BOX:死にゆく星の旋律』
京都市交響楽団 広上淳一 と青弦
京都岡崎音楽祭 OKAZAKI LOOPS

top



Throwing a Spoon
徳澤青弦 Seigen Tokuzawa (cello)
トウヤマタケオ Takeo Toyama (piano)
トウヤマタケオと徳澤青弦


triangle_117 at 20:39|PermalinkComments(0)音楽 

August 04, 2016

MuseCaracara再生15

2007年 小田原MuseCaracaraの道具や食器を 軽井沢Tri Angleへ収納しました
食器は 初代右腕やたくさんの友人に助けられ MuseCaracaraで梱包 初代は泣いていました もう MuseCaracaraでこの食器を見ることはないだろうと
MuseCaracaraにこそ 似合う美しい器でした

数奇なことに 里帰りです
人生は 1000年目の津波規模の どんでん返しが起こります 私にも安寧は来るのでしょうか
中央 大きな壷は 徳澤隆枝制作 サインと「生涯モチーフ」の手のサムネール 傘や靴べらを差しています
IMG_3143

triangle_117 at 01:30|PermalinkComments(0)tool 

August 01, 2016

255パエリ屋

R255沿いの パエリ屋再び
サーモンのカルパッチョと 舌平目のムニエル どちらも良く知っていながら これは食べたことのない美味しさ 必ずつけ合わせの野菜が絶品です
IMG_3141IMG_3142















常連の物静かなロマンスグレーが 『もっと値段を高くしてください』(どうも騒々しい女性グループに占拠されたくないらしい)


triangle_117 at 00:07|PermalinkComments(0)美味しいもの 

July 30, 2016

MuseCaracara-徳澤隆枝記念館- 4

市のMuseCaracara担当は 文化部:文化政策課の係長さんや課長さんです 部長さんにはこれから会います 楽しみになってきました
小田原市は 文化振興のための条例制定を目指していることもあり Muse Caracara-徳澤隆枝記念館-は小田原の新たな文化芸術の拠点として期待してくださっています

1998年第一次MuseCaracaraのときも 県から出向の若く美しい女性職員の強力なバックアップがあり 記者会見をしましょうか という打診がありました
しませんでした 静かでいたい現代アートギャラリー&クラシック音楽です その後 彼女は横浜・港の見える丘公園での室内楽にも聴きに来てくれました
当時 市民活動のリーダーだったお客様は市長さんになってしまいました 市に連絡をしてくれたのは 現在は市役所の これも管理職になってしまった第一次MuseCaracaraの仲間で 再びお手伝いをしてくれるそうです 初代右腕 二代目右腕 三代目左腕 達の『補佐』あたりでしょうか 管理職になると動かないので体重は増えたそうですが 私には変わらず当時の若者に見えます

小田原市役所
300px-Odawara_City_Hall

triangle_117 at 16:51|PermalinkComments(0)現代アート | 音楽

July 26, 2016

飲もうぜビール!

アカンサスの上手軍団(上手[かみて]から舞台へ出る低弦メンバーva.vc.cb. [じょうず ぐんだん]とも言う)揃って 美味しいビールパーティーへ繰り出しました
「クラフトビアマーケット高円寺」
クラフトビアマーケット

上手軍団に 美味しいビールの店にはアサ◯スーパードライなんてないのよ と講義 一杯目から地ビールやIPAを吟味して選びます va.梯氏『じゃ アサ◯スーパードライを』
私は 結局アルコール度の一番高い11度のがおいしかった止まりませんでした そして炭焼きの肉がすばらしかった
2703585113IMG_1855









































演奏家達は 人生のどこかで同じオーケストラで弾いていたりします 音楽学校もとても少ないので 年が違っても四つくらいの学校のうちのどれかです 演奏において独学とか知られざる天才はいません 五つ以上の(義務教育にはない)分野の専門家がていねいに仕込まないと演奏家になれません アカンサスとてそれぞれの人生が複雑に入り組んで 話は本当に面白い でもリハーサルは命懸けですから そういう話をする気分にはならず こんな仕事抜きの時間はゆるんで最高です 美術アーティストと違って演奏家は可笑しいことを逃さず 増幅させます


実は これの一週間前にvn.中心に「テイキー」でビールパーティー ここの世界のビールと料理は折り紙付きです
テイキー
たまたま私の誕生日だったので 巨大なケーキが用意されていました ろうそく一本が10歳 この日 運が悪くてもれたメンバーが 高円寺へ敗者復活戦として集まりました
IMG_1844
アムステルダム コンセルトヘボウで弾いていたvn.村上氏が 日本には美味しいビールがない と嘆いていたので 「テイキー」へ案内しました 欧州のビールや アメリカIPAを経験してしまうと 日本のはニセモノの感じがします ビールは頭痛がするメンバーも 全く痛くならなかった と驚いていました 日本の大企業ビールには何が入っているんでしょうか??

triangle_117 at 22:07|PermalinkComments(0)美味しいもの 

July 23, 2016

MuseCaracara-徳澤隆枝記念館- 3

海崎三郎さんが Muse Caracaraへ打ち合わせに
想像通り 素敵なアーティスト
IMG_3133














家や庭のあちこちで 思案してます

そのそばに 蛇 長い長いあいだ庭の主です
IMG_3138現れて 祝福してくれている







11月 絵の加藤肇司 前衛の出口道吉 鉄の海崎三郎 三人展を開催します


triangle_117 at 18:18|PermalinkComments(0)現代アート | 植物/動物/自然

July 21, 2016

MuseCaracara再生14

15年くらい前に 初めてだ!と張り替えてくれた三代目左腕が 人生二度目 椅子を張り替えています
何故 三代目右腕ではなく 三代目左腕なのか? 答え↓
IMG_3118













15年たって
IMG_3121IMG_3124









張り替え後
既に褪せていますが思い出の布です
IMG_3123IMG_3127




































この家は1979年完成『空々亭』(ふところからっぽ頭からっぽ)と呼んでいました そこから1998年ムゼカラカラMuseCaracaraと名付けました ムゼは美術館ではなく音楽の女神ミューズの方です
家作りに全てのエネルギーを注ぎ 完成後まもなく隆枝は亡くなりました 赤ん坊は青弦です 思い出の布 と 椅子
思い出








---
MuseCaracaraヒエラルキ
右腕 左腕 さらにその末席につきたい というボランティアは どういう名称になるんでしょうか?募集

triangle_117 at 00:54|PermalinkComments(0)tool