aamall
「タユタマ -kiss on my deity-」 2008年6月27日発売!

2006年04月03日

この青空に約束をー レビュー

今年一番の期待作「この青空に約束をー」(戯画)のレビューいってみましょうー
*一応ネタバレは注意です


シナリオ

これぞ王道の学園物だ!!!
シナリオライターは丸戸氏。私が尊敬するシナリオライターのひとりです。
伏線の張り方、回収は秀逸の一言で、キャラの立て方はもはや神レベル。
ギャグやネタをうまく取り入れ、思わずニヤっとさせられますw前作のネタも微妙にあるので前作をやっているともっと楽しめると思います。
また、主人公が最近のヘタレではなく熱血系なので感情移入しやすいと思います。
残念なところは寮を守るという最初の趣旨から外れてしまうことですかね。
ちゃんと解決するのはさえちゃんや海己だけで後のシナリオではあまり触れられません。
あと言うとするならばシナリオの出来にバラツキがあることですかね。宮穂や静は少々物足りなかったかな。

CG

原画はねこにゃん氏。柔らかいとても可愛いキャラを書く人ですね。前作の「パルフェ」よりもシャープにすっきりとした感じになってます。
だからなんだって感じですね、ハイ。
まぁ要するに私はねこにゃん氏のファンになりました。(まぁ、パルフェから好きだったんだけれども)
以上w

音声

音楽はいつものI've soundに加えてave;newさんを起用。さらに完成度の高いものとなっています。
また戯画の過去作品からいくつかBGMが使用されているという遊び心付ですw
OP曲のヴォーカルはKOTOKOさん。前作同様明るくポップな曲です。KOTOKOさんはカッコイイ曲もいいけどこういう曲もまたいいですねぇ・・
また、ED曲合唱の「さよならのかわりに」はもはや反則でしょうw


声に関しては奈緒子がやはり合ってないと思いますね。
さすがに中の人の年齢を考えると、ねぇ?w
あと、よく言われるのが凛奈ですが私的には問題なし。むしろ、ルート後はあのボイスに脳が溶けましたw

システム

申し分ない出来です。設定項目も多岐にわたり、非常に細かい設定が可能です。
ここであまり言うことがないくらい快適です。ほかのメーカーさんも見習ってほしいものですね。


総評

今年一番の出来ですw
文句もいろいろありますがそれ以上に楽しめました。久しぶりにキターって
いう作品でしたね。
点数は90点をつけたいと思います。
やはりシナリオではパルフェを超えてなかったと思うので。
それでも間違いなく楽しめると思います!
丸戸&ねこにゃん氏の次回作に期待!
その前にこれのファンディスクが出るといいなw

・お気に入りキャラ

 年上好きの私としてはもちろんさえちゃんw
そのダメダメっぷりにやられましたw

triangle_sanctuary at 23:10│Comments(0)TrackBack(0)clip!ゲームレビュー 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アクセスカウンター



Since 2006/04/27

プロフィール


HN 雨音(あまね)

(旧Ava)

プロフィールとブログの詳細はこちらをご覧ください。

コメント、トラバ大歓迎です!!
リンクフリーです。

メールはinfinity_lucifer☆hotmail.co.jpまで。
☆を@にかえてください。(スパム対策です。


同盟








「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments


戯画 『この青空に約束を―』 おうえんバナー企画、漢らしく参加中!