aamall
「タユタマ -kiss on my deity-」 2008年6月27日発売!

2006年12月03日

「遥かに仰ぎ、麗しの」 殿子&梓乃クリアー

殿子&梓乃ルートクリア

殿子ルートと梓乃ルートはかなりの互換性がありませすね。
殿子から先にやったほうが梓乃が明らかに楽しめると思います。
そんなわけで二人同時に感想を。



まず、殿子ですが。
やる前とやった後でここまで印象が変わるとは思いませんでした。
殿子めがっさ可愛いww
娘属性というものを作ってしまいましたw
殿子・・・恐ろしい子!


シナリオは・・・
最初はお嬢様家特有の伝統やら引き継ぎの問題。
ここにきってやっとお嬢様っぽい話だ(笑
自由に羽ばたきたいと願う少女。
ここまではいいんですが・・・

途中からは・・・
なんでしょうかねこれはww
かなり飛んでる話ですww
主人公の超人っぷりがかなりでてますねww
面白いかといわれればいろんな意味で面白いですww
でも個人的には擬似親子関係の話でひっぱったほうが好きだったかも。

ネタバレ防止反転

なんで戦闘機操縦できるんだろうか・・・w
免許とかいらないものなの?とかいったらヤボなんだろうなぁw

エピローグの数学者はないだろうと・・・
ちょっとご都合過ぎかと

反転終了。



次に梓乃。
殿子やってからやるとびっくりするストーリーですねぇ
梓乃黒いよ梓乃w
しかしシナリオの出来は素晴らしいものがありますね。
個人的にはみやびより好きです。
主人公のトラウマ、梓乃の持病に正面から向かっていく展開は実によかった。
傷のあるものが舐めあうのではなく共に更生していく様は見事。
特にヒロインの二番煎じならぬオウム返し戦法がここまで心に響くとはw
キャラに関してもあの赤面の顔はやばいってw
ここまでキャラが変わるのも珍しいというか、期待していなかっただけに実に効きました。

ネタバレ防止反転

梓乃に手を出そうとした坂水。
あんたは永久戦犯です。

しかし、ロープかぁ・・・
梓乃の病気を考えればわからなくはないですがなんか罪悪感が・・・

「おまえの掴んでいるのは僕の手なんかじゃない!
 おまえの人生なんだぞっ!!」

痺れました・・・
司のカッコよさは異常。

反転終了。

本校側に総じて言えることなんですが、ヒロインの視点が実にうまく使われていたなぁと感じました。
分校側も採用して欲しかったな。

triangle_sanctuary at 20:59│Comments(0)TrackBack(0)clip!ゲームプレイ日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アクセスカウンター



Since 2006/04/27

プロフィール


HN 雨音(あまね)

(旧Ava)

プロフィールとブログの詳細はこちらをご覧ください。

コメント、トラバ大歓迎です!!
リンクフリーです。

メールはinfinity_lucifer☆hotmail.co.jpまで。
☆を@にかえてください。(スパム対策です。


同盟








Recent TrackBacks
Recent Comments


戯画 『この青空に約束を―』 おうえんバナー企画、漢らしく参加中!