日本の美に触れてみよう。極みのごはん@蓬莱

April 06, 2009

寛ぎの空間@蓬莱

熱海にちょっと足を伸ばして、温泉とおいしいごはんを楽しみに蓬莱へ。熱海の駅からタクシーで3分ほどの海に面した丘の途中にあって、潮騒しか聞こえないとても静かな宿。さすがは老舗旅館、着物姿のご主人と仲居さんが入り口でびしっと座礼して迎えてくださって恐縮。

heya
おばあちゃん家に来たみたいな懐かしさを感じさせる、昔ながらの造り。床の間や廊下などのさりげない花あしらいが素敵でした。

ohinasama
部屋の飾り棚のお雛様。伊豆のあたりは旧暦でお雛様を祝うそうです。

niwa roka
鳩と猫がのどか〜な、中庭。

kaidan
旅館は丘の傾斜に沿って建てられており、お風呂にに行くには階段を利用します。行きはよいよい、帰りは…笑。

ofuro
誰もいなかったので、隈研吾氏の建築による開放感いっぱいの露天風呂をパシャリ! 松林と海を眺めつつ、無臭の柔らかなお湯に漬かっていると身も心もゆるゆるとほどけていく感じ。極楽、極楽〜。ちなみに外風呂はさらに階段をくだったところにもう一つあって、そちらも露天風呂。より海に近いので潮騒がはっきり聞こえて野趣豊かでした。

明日は「蓬莱」お食事編♪

bannerお越しいただいてありがとうございます! 人気Blogランキングにぽちっと一押しお願いします。




tribeca1 at 10:19│Comments(8)TrackBack(0) 09春 東京 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 蒼心   April 07, 2009 10:28
こういう日本の伝統の美って日本人にしか分からない部分がありますよね。日本人に生まれてよかったとこういう時に良く思います。

日本にはあとどのぐらいいられるんですか?楽しまれてくださいね。
2. Posted by non_ca   April 07, 2009 22:42
蓬莱、それも海の見えるお部屋、羨ましぃ〜〜。 露天出来たんですね。 
一時帰国の時っ寄った分とく山さんも、隈研吾さんのデザインでした。
お食事期待しています♪
3. Posted by minami   April 08, 2009 10:55
隈研吾さんの建築やっぱり素敵ですね。
写真を見てはうっとりしちゃいました。
去年10月にシカゴで展示会がされていたみたいなのですが、分かったのが終わってからだったので行けなくて残念でした。

建築物を見るのも一つの醍醐味ですよね☆
4. Posted by あくび   April 08, 2009 11:59
蒼心さん、こんにちは♪ ひー、もうNYに帰ってきちゃいました。蓬莱やら和食屋さんやらの思い出を反芻しながら、いまだに寒いNYで風邪ひいて寝込んでます、笑。
5. Posted by あくび   April 08, 2009 12:01
non_caさん、こんにちは♪ 分とく山さんも隈研吾さんのデザインでしたかー。そう言われてみればそんな気もしますね。分とく山さんのご主人、お客様の帰りしなに電光石火で階段を今でも駆け下りていらっしゃるのでしょうか?
6. Posted by あくび   April 08, 2009 12:03
minamiさん、こんにちは♪ 隈研吾さんのデザイン、自然光がいっぱい入って気持ちのいい空間でした。変に気張っていないところがかえって好感度高かったです。
7. Posted by よだれ屋   April 11, 2009 16:16
5 いいなぁ〜!!
そういう贅沢な時間☆
8. Posted by あくび   April 12, 2009 01:51
よだれ屋さんもたまには温泉旅館でゆっくり…の旅はいかがでしょう? NYはサイレンやクラクションや工事の音で夜でもうるさいので、潮騒しか聞こえない空間がとても貴重に思えました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
日本の美に触れてみよう。極みのごはん@蓬莱