こんなツイートを書きました




ここ最近、髪の毛を抜いてしまった…というツイートがすごく増えている。
私見だけど毎年1月、3月、5月は抜毛したという投稿が増える印象がある。

で、抜毛症の僕らにとって、1本抜いてしまうとそのまま止められずに「あーーー」って感じで惰性で抜いてしまう傾向が多い。

…で、抜いてしまった髪の毛を見て、毎回自己嫌悪や後悔の念におそわれる。

画像2


これ自体は仕方がないことだと思う。僕も何百回も経験してきたからまぁ、心が痛むんだ。
とはいえ、もうすぐ夏。止められないでまた後悔の繰り返しばかりになってしまっては消耗するだけだよな。


今日のブログでは


・髪を抜かない習慣の仕組み
・潜在意識の上書き
・欠乏してしまった心を満たすこと


を紹介しますね。


髪を抜かない習慣の仕組みをつくる


髪の毛を抜くときというのは、その人なりの傾向が必ずあるんだ。
あえて「必ず」と言うよ。
それは、人の行動というのは90%以上が無意識下・潜在意識に浸透した行動パターンの中で行動しているからなんだ。


よく僕らは「髪の毛を抜く癖を治せ」って言われていると思うんだ。
(言われた僕らはめっちゃムカつくけど)


習慣・癖というのは、潜在意識に浸透した行動パターンの中での繰り返しの行動というものなんだ。

靴を履く時右足から履くとか、お風呂に入ったら首から洗うとかもそのひとつ。

抜毛行為もそのひとつに過ぎないんだ。


なので、まわりが「癖」と言うんなら、癖を新しい癖で上書きしちゃおうってこと!
髪の毛を抜いてしまう習慣・癖のきっかけである「トリガー」に対して、
なにかの習慣で上書きすることで髪の毛を抜かなくする方法、いわゆる「習慣逆転法」をつかうことさ。


たとえば、髪の毛を抜くトリガーにかかった!と思ったら、例えば、両手をグー・パー・グー・パーと深呼吸しながら握っていくとか、自分にピッタリ合う「新しい習慣」をつくってみてほしいのさ。


特に深呼吸など深い呼吸を組み合わせると良いぜ。
マインドフルネスと呼ばれる「瞑想」に似たワークがあるんだけど、落ち着いた呼吸は、心身を整える働きがあるんだ。なので深呼吸と組み合わせていくのが吉だね。

これは人によってさまざまかわるから、何度も試行錯誤してもらえるといいかな。


潜在意識の上書き

さきほど、潜在意識という言葉を出したよね。
潜在意識って、心の奥の深〜〜い意識のことで、自分の目や耳、頭ではわからない、言葉にできない意識なんだ。

画像1


これはあなたが、生まれたから今までの経験と学習で記憶された人生の積み重ねたもののすべて。

過去の事実は変わらないけど、過去の意味付けを変えたり、上書きすることはできるんだ。


今、抜毛している僕らは、過去に満たされない感情や想いがあって、その欠乏感をみたすために、髪の毛を抜くことで痛みを持って痛みを消そうとしたいという意識が深く沈んでいるんだ。

これを上書きしていく。


潜在意識を上書きしていく具体的な方法の例は、自分で「なりたい自分」を言葉に出して毎日何十回と唱えていくこと。

以前、僕はブログで「髪の毛を愛している」と毎日唱えていこうって書いてたよね?あれも同じさ。


たとえば、あなたが抜毛症を早く治してモデルさんのような髪型になりたいと思っているとしよう。

そういったときは毎日、


私は、藤田ニコルだよー (←たとえばね)
私は、みちょぱだよー (←たとえばね)


って毎日何度も何度も唱えちゃう。鏡に向かって毎朝言うのもいいよね!

いわゆる暗示の方法なんだけど、潜在意識ってこういったことで簡単に上書きされちゃうのさ。

ぜひ試してみてほしいな。


欠乏してしまった心を満たすこと

最後に紹介するのは、欠乏した心を満たすこと。
僕らが抜毛行為になったそもそもの理由が


「愛情や欲求を満たされていなかった過去がある」


からなんだ。


僕もあったし、抜毛症になっている人のこれまでのお話をたくさん伺ってきたけど、ほぼほぼみんな、これまでの人生で愛情が満たされていなかったり、過剰なガマンを強いられてきていたんだ。

心が空っぽになってて、欠乏してしまっていることが多いんだ。


それはそれで、悲しい事実だったと思う。
「死にたい」という言葉も、過去の自分を打ち消したい心理からかもしれないね。。


だけど、その過去を否定するともっと苦しい。。
過去を否定するのは自分の存在すら否定するから。
今の自分って全て過去の積み重ねだから、根源から否定すると自分自身すらわからなくなっちゃう。。

だから過去を否定するのはやめよう。


ただし、今の自分にガマンを強いるのもやめよう。

今の抜毛行為って、自分が本当は幸せになりたい、欲求を満たしたいがゆえに抜毛行為に及んだんだ。だからガマンをするのはナンセンス。

今の自分と過去の自分を同時に満たしてあげてほしいんだ。


じゃあ、どうすればいいかと言うと・・・2つあるんだ。


まずは、「今のわたし」を満たす方法についてお伝えすると・・・


今のわたし、これがやりたい!ということに忠実になるってこと。
なにより、声に出して欲しい。

画像4

声に出して、書いて欲しい

画像5

「嘘から出た真」「言葉にすれば願いが叶う」
ということは聞いたことがあるかな?

言葉にして言っていくと、本当に言っているようになるんだ。

先ほど紹介した「藤田ニコルだー」とかって暗示をかけることも同じ。
言葉にしていくと、本当にその言葉通りに人間の意識がインプットされるんだ。


ということは、今が満たされていない状況なら、まずは言葉で満たしてみよう。何度も何度も言葉にすることで、世界が変わっていくぜ。



その次は、過去の自分も満たしてあげること。


過去の自分の記憶はとってもツラい人も多いと思う。
虐待された、ショッキングなことでトラウマになった…いろいろあると思う。
それらのことがあなたの今を縛っているんだよね。ガチガチの鎖のように。


じゃあ、その鎖を壊しちゃえ…というかと思うでしょ?
実は違うんだ。


簡単に言うと、あなたの過去を認めて、笑ってあげることをやってほしいんだ。


「過去を笑うって何よ!失礼な!!」


って思ったら、ちょっと誤解なのでもう少し話すよ。


過去の悲しい出来事を経験したあなたは、その経験から「〜〜してはいけない」「〜〜すべき」「〜〜じゃないとダメ」というあなたなりのガチガチのルールを決めちゃっていると思うんだ。


たしかに、それは過去のその時にはそうせざるを得なかったと思うんだ。
だけど時間が経った今、その時に決めたガチガチのルールがあなたが本来したい・なりたいことまで縛ってしまっている事が多いんじゃないかなー?

画像3


これが続くと苦しい。
だけど、過去のその時の気持ちも晴れない。。


だから、その時に決めたルールに対して癒やしてあげて欲しい。

具体的にはそのルールを出した時に「ウケる〜〜〜」っていってみる。


たとえば、

「髪の毛抜いたわたしをダメだって思い込んでいたんだ、ウケる〜〜」
「人前で本音を言っちゃいけないルールを勝手に決めてたんだ、ウケる〜〜」

って。


ウケる〜〜〜とは決して馬鹿にしているわけじゃないんだ。

「そんな時代もあったね」ときっと笑える日が来るさ〜というような感覚ってわかるかな?(とある、有名な歌の歌詞だけどご存じの方、いらっしゃるかな?笑)

あなたが中学生の頃、「今は読まなくなったけど、小学生の頃って、『りぼん』ばかり読んでたよね〜。小学生時代ってそんな感じだったよね〜」みたいなやつ!!(…と言ってわかってもらえるとうれしいっ←41ちゃいのおっちゃんの悲哀w)

そんな感じなのさ。


決して馬鹿にしているわけじゃなくて、あの頃、そんな感じだったんだねと認めてあげること。そして笑って許してあげること。この2つのことをまとめて「ウケる〜〜〜」って言ってあげるのさ。


過去を否定しないし、今のあなたも馬鹿にしない、
そして今の欲求に正直になっていくと、あなた自身が満たされていくのさ。

心を埋め合わせる必要がなくなるから、髪の毛を抜く必要がなくなるってことさ。


外見だけじゃなく、心も満たしてあげて欲しい

抜毛症の人たちの中で、ウィッグかぶればOKみたいな風潮があるよね。

ウィッグはその時の「応急処置」はできるし、今の自分とは違う「別のあこがれの自分」になりきることができるよね。それはそれで便利だし、大事だもん。だから僕はウィッグ自体を否定はしない。


でも、根本的なところ・心については
いつまでも解決できないんじゃないかな?


ある人みたいに一生スキンヘッドで生きていくという覚悟を持っているのであれば良いと思うんだけど、その覚悟って並大抵のことじゃないよね。
とはいえ、ウィッグでごまかし続けることを続けるのも正直、キツくないかい?
ウィッグって、買うにも維持するにもお金がかかるし、これからの季節は暑いし、蒸れるし(苦笑)

できればウィッグを脱出して欲しいと思っているんだ。

それには、外見だけじゃなく心も満たしてあげてほしいんだ。



抜毛症は必ず克服できる



僕はいつもこう言っているんだ。
抜毛行為にこれまでの生涯で10000時間も使ってきた41歳の僕でさえ、一部を除いて、髪の毛は回復している。

僕の周りでも


・25年以上抜毛症だった40代の女性が2年連続ノー抜毛で髪の毛全回復
・35年以上抜毛症だった50代の女性が1年以上ノー抜毛で髪の毛全回復


しているんだ。(後者の方は今年開催した横浜の交流会にお越しくださいました)

たとえ、今毎日100本以上抜いているとしても、絶対に諦めないで抜毛症は必ずやめられると信じて取り組んでほしいな。


こんにちは。トリコの星☆ほりうちたかしです。

こうしてブログを書くのは2ヶ月ぶりになるかな。
正直、ここ2ヶ月がすごい不調でブログが全く書けなかったんだ。
頼りにして皆さま、本当に申し訳ない!


続きを読む

こんにちは!トリコの星☆ほりうちたかしです。
続きを読む

↑このページのトップヘ