2005年12月15日

ギルドウォーズ公式サイトリニューアル

ギルドウォーズの公式サイトがリニューアルオープンしています。
基本的な操作方法・システムなどが一通り紹介されており、スクリーンショットも色々とあるようです。
(残念ながらスキルはまだ公開されていませんが、和訳サイトをみればOK)

懸念されていた和訳(珍訳)もインパクトは小さそうですね。
基本的にはカタカナ表記(英語の音)になっているので英語版からの移行組にも優しそうです。
なによりも雰囲気が壊れないのがGoodです。
一部、微妙な訳語もありますが(例:Proffesion/職がジョブなど)、許容範囲でした。  
Posted by trickster_strada at 19:48Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月14日

♪どこで こわれたの GCREST

替え歌流行ってますけど。
これ個人的にかなりツボッタのはレベッカのFANだったからかな

405 :名も無き冒険者 :2005/12/14(水) 21:19:37 ID:r8u+KMUY
レベッカ「フレンズ」で

友録を交わした日に フレリスト全て消え去った
ガチャドリルコイン与えて 確変の夢を見させたね
ほらあれが最後の 手段 手作りイベント oh
どこで こわれたの GCREST 苦情メール 受信できず
鯖が貧弱な GCREST 時が止まる ゲーム内

ねぇ君は覚えている ログイン時流れてるあの曲
黙り込む鯖がいつも 悲しくて音を消したのに
今メンテ延長 頭に残るメロディー oh
バグをなおせない GCREST 他ゲームがすごく見えて
ブログはじけてる GCREST あの態度がムカつく

  
Posted by trickster_strada at 23:43Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月08日

MMO関連の苦情に関する国民生活センターの見解

さて、親方に動きがあったので紹介しよう。
インターネットが普及する現在、オンラインゲーム(*1)に関するトラブル情報が国民生活センター(以下、当センター)の「消費者トラブルメール箱」(*2)に多く寄せられている。受信件数は、2005年1月以降急増し、1,932件にも及んでいる(2004年4月1日から2005年10月31日までの受信分)。
寄せられた情報は、「利用規約で禁止されている行為をしている利用者がいるのに運営業者は管理をしない」、「運営業者の消費者対応が悪い」等の苦情がほとんどである。
当センターは、これらの情報をもとに苦情の多いオンラインゲームの運営業者に改善を申し入れてきた。しかし、利用者からの苦情は依然として多く寄せられているのが現状である。

引用:http://www.kokusen.go.jp/cgi-bin/byteserver.pl/pdf/n-20051207_2.pdf
参考:http://www.rbbtoday.com/news/20051207/27590.html

簡単に書けば、国民生活センターに届くMMOユーザーからの苦情があまりにも多すぎるので鬱陶しくなったから見解を出したというところです。
まあ、当然と言えば当然ですけど、…少しは業界も動くのかな?(期待薄)
詳細を読んでみると、苦情もどこかでみたようなテンプレートです(苦笑)

当センターは苦情の多い運営業者数社に運営管理体制の強化を申し入れてきたが、依然として苦情は減少していない。

国民生活センターからの指導は行っている模様ですね。
指導するだけでどうにもならないのが現状なんでしょうけど。
ということは、苦情もどんどん出せば多少なりとも効果はあるということです。

接続障害が発生しても補償が十分に行われない

このケースも冷静に考えたならば、保障されないというのは詐欺に近いわけですよ。
いくら利用規約で保障しない/返金しないと書かれていてそれに同意したとしても、規約自体が不当に近いわけですから。
逆に言えば保障もろくにできないほど登録させてサービスをしている、キャパシティを無視した運営をしているわけですが。

(3)強制的に利用停止されても詳しい説明がない
(中略)
当センターから苦情が多い運営業者に、アカウントを停止した理由を利用者に詳しく説明する旨を申し入れたが、運営業者は「不正利用者に対して調査方法を明すと対策を立てられてしまうため、詳しい理由を説明することはできない」との回答であった。


子供の言い訳ですな、これ。
加えて、国民生活センターも「回答であった。」と締めてます…。
もう少し追求するくらいの権力はないんでしょうか?

6.消費者へのアドバイス
オンラインゲームの運営には問題点も多く、利用者は現状をよく確認し、認識した上で利用することが重要である。


えーと、つまりそれは泣き寝入りするか辞めろということで?
言い方を変えれば、諦めろと国民生活センター様が仰っております。  
Posted by trickster_strada at 10:44Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月07日

無料MMORPGと貧富の差

トリックスターの記事とは関係ないことが増えてますが、読者はいるようなので気なるゲーム関連の記事でも。

MMO業界でも転機が訪れているのは明らかです。
最近の事件としてはMaster of Epicも来年度より基本無料(アイテム課金)に移行するということでMoEコミュニティは大荒れですね。

さて、気になる記事を見つけたので紹介します。
http://www.4gamer.net/news.php?url=/weekly/kaito/056/kaito_056.shtml
記事の内容としては、
・月課金制MMOの時代は終わりを告げている
・ゲーム内でも(リアルの)貧富の差が生まれるだろう
と言った感じです。
一読の上、今回の記事を読んでもらうとベターです

トリスタでも基本無料(アイテム課金)のモデルをとっていますが、貧富の差よりもっと悪質な気がしてなりません…
さて、黒歴史を振り返りつつ現状を考えてみます。

■cβ〜オープンまで
ちょうど1年ほど前に開始したcβ、春頃からの課金。
この頃を知る人は随分と減ってしまったかと思いますが、ユーザー側から見れば最も面白かった時期です。
ラグはあるものの耐え切れないほどではなく、色々と試行錯誤しながら無料でプレイしていました。
とはいえ、運営も開発もお金を回収しなければ倒れてしまいますし、MMOの場合はさらに維持費(運営)がかかるわけです。
何らかの方法でお金を回収する必要はあります。

■課金開始(黎明期)
オープンと同時に実装されたマイショップですが、初期の課金アイテムは幾つかのマイキャンプ用のアイテム。
装備が職毎に2種類程度づつといった感じでした。
装備の性能は「悪くはない」という感じで、期限はあるものの性能的にいいなと思う程度のものです。
お金に余裕のある人、人とちょっと違った装備がいい人、時間はあまりとれない人などが購入し、無課金ユーザーも羨ましいと思うかもしれませんが差を大きく感じるものではなかったのです。
キャンプ関連は一部の人は買いまくってました。
5千円とか投資したキャンプは初期の頃では非常に目立ち、マイキャンプコンテストなんかも行われていました。

アイテム課金もいいね、と誰もが感じられていた時期です…。

■ファッションアイテム実装(5月10日)
韓国情報などで情報を先取りしていた人には最も待ち遠しかったファッションアイテムの実装です。
まあ、キャラクターのカラーリングを色々と変えられるというものですが、ヘアカラーも含めキャラクターに個性が生まれるわけです。
アバター的要素の強いトリスタでは生命線ともいえるアイテムです。
しかし…、ファッションアイテムに期限がついているとは誰もが予想できなかったのです。

賛否(注:ほとんど否)ありましたが、この事件は全てのはじまりだったのかもしれません。
この頃の課金アイテムと言えば白衣の天使やプチデビル、縮地法の護符など、バランスを崩すほどではないものの、無理に必要なアイテムでもありません。
課金したい人が課金し、したくない人はしたくないという世界でした。

■悪夢のガチャ実装(6月10日)
全ての歯車はこの日に狂ったと言っても過言ではありません。
『無料MMORPGと貧富の差』にあるような貧富の差こそありませんでしたが、そこにはユーザーから金を吸い上げようとしている運営の魂胆がみえみえでした。
恐れていたことは現実となり、強力な装備やペットがガチャ限定となったわけです。
多くの人は今後の展開が予測できました、強力な限定アイテムが実装されていくだろうと。
そして過去のアイテムはゴミとなる時代が来るだろうと…。

多くは語りませんが、多くの仲間が引退していきました。

■課金アイテムのインフレ
その後は、
・イベントといえば限定だがカスアイテム
・1ヶ月もすれば上位ペット実装(課金、最悪はガチャ)
・ゲームシステム自体のアップデートの遅さ
・ハンゲーム提携などによるお子様の大量流入
・ゲームがまともにできないほどのラグ発生
そして今があります。

■ビジネスとしてのトリスタ
ビジネスとしてはどうなのでしょうか?
現在のトリスタはある程度の貧富の差が生じています。
強力な課金アイテムはキャラクターの個性(ステ振や職)を失わせ、同じゲームとは思えない差を生み出しています。
さらに問題なのはゲームは全てリアルラックに依存するという点でしょう。
ガチャにせよドリルにせよ合成にせよ、プレイヤーの能力や経験が生かされることがほとんどありません。
そこにあるのはリアルラックのみ。

これって博打と変わらないんではないでしょうか…

(自分はやりませんが)パチンコと比べてみてください。
パチンコもCR時代で、最終的にはコンピュータが確率で配当を決めるものです。
テクニックはあるものの最終的にはリアルラックです。
運がよければ配当がもらえ、それ以外は業者に吸い取られるわけです。
よって必ずあたることはありえませんね。

トリスタには配当がありません。
あったとしても一時的なもので、運営の匙加減でその配当は意味のないものとされてしまいます。
大金をはたいて手に入れたあなたのガチャペットを今もつれていますか?

  
Posted by trickster_strada at 13:21Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月05日

ジョブ紹介(Guild Wars)

ギルドウォーズ(以下GW)には6種類の職(ジョブ)がありそれぞれ基本的な立ち回りが決まっています。~
また、サブとなるジョブを選択し、その役割にアクセントを加えることができる為、様々なキャラクターを作ることができます。~
代表的な役割を紹介しましょう。

■ウォーリア


ソード、アックス、ハンマーなどを手に前線でパーティーを守る盾となります。
アトリビュートとスキル構成次第である程度の火力を持つことができますが、基本的な役割は盾です。
PvPの盛んなゲームではこの盾の役目をするタイプをタンク(Tank/戦車)と呼びます。

ゲーム内でも最も人気のある職で、パーティでも必須な職でしょう。
(ただし、多すぎる為あぶれることも多い…)

GWでは装備可能なアーマーはメインジョブで決まります。
ウォーリアが最も硬い防具を装備でき、防御系(主に物理)のスキルも豊富です。

■レンジャー


レンジャーは弓を手に遠距離から攻撃をします。
エレメンタリストには適わないものの火力が高く、ウォーリアに適わないものの硬いジョブです。
また、自然を生き抜く術に長け敵をおびき寄せたり、偵察などには最適です。

レンジャーのみが可能な罠設置はうまく扱えば威力は申し分ありません。
また、動物を使役しともに戦わせること(いわゆるペット)ができるのはレンジャーのみです。

■モンク


モンクはパーティーの回復役(ヒーラー/Healer)であり守護者(プロテクター/Protector)です。
火力も防御力も低いですが、ポーション類がないGWにおいてモンクが休む暇はありません。
他職にも自己回復スキルは多少ありますが、回復のほとんどはモンクが担当します。
また、プロテクションと呼ばれる防御系サポートスキルが必要不可欠です。
敵の集中攻撃や大ダメージの前には回復だけでは間に合わないのです。

ゲーム内ではいつでも引く手数多でしょう。
どんなクエスト/ミッションでも最低でも1人が必要であり、後半になれば2人以上が必要なのですから。

また、ホーリー(英語ではSmith)は敵に神罰を与え(特にアンデットに対する)攻撃役ともなれます。

■エレメンタリスト


エレメンタリストは遠距離から敵を殲滅するアタッカー(nuker)です。
強力な攻撃力で敵にダメージを与えるのはエレメンタリストの役割なのです。
ですが、4属性のどれを使うかによりエレメンタリストの顔も随分と変わるでしょう。
アースなどは防御力を高めるスペルが豊富です。

ゲーム内ではウォーリアに次いで人気のある職です。

■ネクロマンサー


ネクロマンサーは癖のあるサポート職です。
自らのヘルスを生贄に捧げたり、死体を利用して回復や下僕(ミニオン)を作り出したりします。
また、敵にペナルティを与えるスキルに富んでいます。

癖が強くタイプによって全く方向性が違うため代表例を幾つか紹介します。
ブラッドネクロは、血(自分のHP)を生贄に敵を攻撃するアタッカーです。
カースネクロは、相手に様々な嫌がらせ(病気を撒き散らす等)をして死に至らしめます。
バッテリーネクロは、パーティーメンバーの回復の為、死体を利用したり自分の血を流します。
ミニオンマスターは死体からミニオン(下僕)を作成し、軍隊のごとく使役します。
※ハイブリットもあります、念の為。

■メスマー


メスマーは敵の行動を妨害するサポート職です。
いわゆるアンチ-キャスター(Anti-Caster)と呼ばれる役割で、対人戦やRPの後半では重要な役割となります。
メスマーは敵のスキル発動に対して割り込んでカウンターを与えます。
強力なスキル(大抵は発動が長い)を潰したり、スペルを使う毎にダメージを与えたり、敵のエネルギー(MP)を枯渇させたりといった感じです。

残念ながらRPモードでは使いどころが難しく、終盤以外での需要が少ないでしょう。
対人戦においてはモンクより先に狙われることもある不憫な職です(苦笑
※原則として敵のモンクを先に倒す方がRPでもPvPでも重要



というわけで、ギルドウォーズにはいらない子はいません。
それぞれ役割があり、パーティにはバランスよくいることが重要なのです。

最強職なんかないんです!
  
Posted by trickster_strada at 13:10Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月29日

ギルドウォーズはじめませんか?(2)

続いて既存のMMOにある不満点がこんなに解消されている!っていうところを紹介します。
ギルドウォーズは資本は韓国ですが、開発陣はディアブロなどを作った人達です。
ギルドウォーズ(Guild Wars)は、これまでのMMORPGをプレイする上で単調になりがちな要素を改善するということをコンセプトに開発され、MMORPGの楽しさをそのままにテンポ良くプレイできるゲームとなっています。

公式より引用。
これはほとんどの面で実現されているでしょう。
MMOにおけるトラブルや問題点をしっかりと分析して対策を取ってあるといえます。
(勿論、足りない部分もあることはあります)

■プライベートフィールド
GWでは町と郊外(戦闘エリア)で扱いが異なります。
町は普通のMMOのように様々な人がいて、パーティーを組んだりトレードしたりできます。
しかし、町の外にでるとそこはパーティーのプライベートエリアです。
つまり、他のパーティはいませんので、横殴りされたりボスを占拠されていたりということはないのです。
最初は寂しいかなと思うのですが…快適です。
敵を巡って言い争ったりすることはありません。

■ドロップ権
パーティーで敵を倒した場合のドロップ権ですは、簡潔に上手く処理されます。
お金に関しては誰が拾ってもパーティーで均等にシェアされ、
アイテムに関しては、ランダムに所有権が決まりその人のみが獲得できるルート権がつきます。

また、自分にルート権のないアイテムは見えにくく灰色で処理されている為、レアアイテムが出たとしても粘着されることはほとんどありません。
まあ、ほとんどの場合ドロップした時点では未鑑定状態なのでレアかどうかは解りかねるのですが…

戦闘エリアはプライベートエリアですから、当然ルーターも居ません。

■ラグとチャンネル
当然、町へ移動するのに2分以上かかるということはありません:p
戦闘中、たまに処理が遅延して位置情報が狂うことがあるのですが、これはどちらかというとサーバーの問題ではなくパーティーメンバーの誰かがダイアルアップ回線であることに起因しているようです。
また、町などで人が溢れて重くなることもありません。

実はGWではトリスタでいうところサーバーやアイランドという概念はなくサーバーは1つです。
しかし、トリスタに例えると、メガロポリスにいるキャラが一定数を超えてしまった場合、自動的に新しいアイランドが作成され、次にメガロに移動してくるキャラは軽いアイランドに自動的に割り振られます。
そこも人口が増えてしまうと次のアイランドが…という形です。
逆に人口が減ってくるとアイランドは減っていきます。
基本的には自動的に割り当てられますが、自分で指定のアイランドに移動することもできるので待ち合わせできないこともありません。
先日のハロウィンイベントの時は、ある都市のアイランドは40を越していました。

■移動
移動に関しては大マップを表示し、移動したことのある町をクリックするだけで一瞬で移動できます(無料)。
但し、移動したことのない町には歩いていかねばなりません。
2週目・3週目などである場合、先の町に行きたいならば、ランナーに頼むというのが定石になっています。
ランナーに幾ばくかのお金を払うことで先の町まで走ってくれます。
そこで欲しいスキルや装備を買うことが出来るでしょう。

■スピーディで面白い戦闘
GWの戦闘は敵を選択(クリック)して攻撃またはスキルを発動とシンプルです。
しかし、スキルを発動するタイミングやポジショニングなど単純ではなく複雑すぎないほどよい操作感です。
より重要なのはどんなスキルをスキルスロットにいれてきたか、です。
それらのスキルを最適なタイミングで運用することがプレイヤースキルとなります。

自然回復は早く戦闘時以外では回復に大きな時間をとられるということもありません。

■パーティー戦
戦闘はパーティー戦が基本です。
個々での動きとしては最適かもしれませんが、周りを見る力が必要とされます。
体力が減ってきたけど、ヒーラーが別のキャラの回復に忙しいならば、あえて引くなど最終目標のチーム戦に向けてプレイヤースキルを磨く必要があります。

また、回復薬はなく、ヒーラーは必須です。
POTがぶ飲と即死の世界はそこにはないのです。

レンジャーが弓で敵を引き寄せ、
ウォリアーが前線で盾となり敵を足止めし、
モンクが回復を担当し、
メスマーが敵のスペルを妨害し、
エレメンタリストが強力なスペルで敵を一掃する。
基本ですが忘れていた世界があります。

また、良く出来ているのが難易度です。
序盤は特にパーティーで連携がうまくなくともなんとかなるでしょう。
中盤になるとある程度の連携をとれなければ厳しくなります。
後半になると息が合わなければ何度やってもクリアできないクエストもあります。
これは敵の強さでの難易度ではないのです。
普通にプレイしていればそのエリアで十分なレベルに達しているはずです。
Lv20の単独でつっこんでいく攻撃力特化のウォリアーよりも、Lv15でダメージは少なくともしっかりと盾となり死なないウォリアーの方が求められる世界です。

■神運営
GWはバランスよく、熟成してきたゲームですが、それでも不具合もあればバランスが微妙なこともあります。
しかし、素晴らしいのはその対応の早さです。
ほぼ毎週、ゲームには修正パッチが当たり、詳細が公開されています。
バランスでユーザー側が気になっている所も、さくっと修正してしまいます。

■そしてPvPへ…
最終的にはGvGを楽しむことがギルドウォーズの目標です。
しかし、そこまで達しなくとも十分に面白い!
RPモードを流してスキルをとっていくだけでも十分に楽しめるのです。
おまけにRPモードをやりこむと、自然にGvGのスキルも付いていくのは素晴らしいです。
スキルの選択、キャラクターの役割、ポジショニング、敵のスキルへの対抗策etc...

最初からPvP(GvG)に踏み込むのも良し、とりあえずRPモードを楽しむも良し。
もし、ギルドウォーズの世界に興味があれば、拍手なりコメントをどうぞ。

ご案内いたします(゜-゜)
  
Posted by trickster_strada at 13:13Comments(0)TrackBack(0)

ギルドウォーズはじめませんか?(1)


更新していないのにアクセス伸びているは、拍手はあるわでなんだろう?
と思ったら() ( ) ( ) ( ゚) ( ゚-) (゜-゜)からリンクが張られていました。

■近況
管理人ですがトリックスターには呆れ飽きました、はい。
ここ1ヶ月ほどはたまにインしてチャットする程度です。
完全にギルドウォーズ(以下GW)に浸かっております。

釣り上げることができるならば本懐なので洗脳トラップ設置です。
ギルドウォーズは日本語版も来年1月末となりました。
課金形式もパッケージ課金、すなわち6,300円程度を支払えば付き課金無というかなり美味しい設定です。
(MMOのような月課金も可能らしいですが詳細は不明)
従来のMMOであれば数か月分、WinやPS2のRPGと比べれば安い価格です。

トリスタなどのMMOにおける不満点て概ねこんな感じです。
・単調なレベリング(廃プレイ)
・考える必要のない戦闘(クリックゲー)
・PvPが出来ても結局はレベル差
・バグ放置、運営のグダグダ、そしてボッタクリ
・ルーター、横殴りなどのストレス
・冒険の目的がない(あっても抽象的)
・パーティーを組む必要が(経験値効率以外に)ない
最後の2つは主にトリスタの話ですが(^^;

それらの全てを完璧に解決!ってわけではないですが、ここ1ヶ月ほどやっていてギルドウォーズ信者になるほど良いゲームとお奨めできます。

■レベリング不要!
GWは最終的にはPvPを楽しむ為のネトゲです。
レベルはありますが上限は20でしかありません。
普通に1日3時間程度のプレイをしていれば1ヶ月かからず到達できるLvです。
単調で永遠と続く狩も、同じクエストを繰り返しやる必要もありません。

また、キャラクターのLvは中盤あたりで20に達してしまいますが、以後は敵のみが強くなっていきます。
スキル構成を考えたり、パーティーでの協力がないと進めなくなります。

■パーティープレイとソロプレイ
基本的にパーティーを組まなければ冒険が出来ないゲームです。
中の人がいるキャラクターとパーティーを組みますが、ソロプレイも可能です。
その場合、ヘンチマンという傭兵NPCをつれて冒険をします。
ただし、AIに癖があって難易度は高くなりますが・・・。

■RPモードとPvPモード
RP(ロールプレイング)モードは一般のMMOみたく世界を旅しながらレベルを上げ、
装備を手に入れ、スキルを獲得していきます。
そこには、しっかりとしたストーリーがあり、ボリュームも質も家庭用ゲームの良質RPG以上です。
ほとんどの人が2〜3週は楽しめると言ってます。
逆にPvPモードはPvP専用のキャラクターを作って対戦だけを楽しめるモードです。
こちらはほぼ最大数値の武器、Lv20と直に対戦ができるキャラクターを作れます(但し、スキルなど制限はある)。
勿論、RPモードで育てたキャラでPvPにも参戦できます。

■豊富なスキル
職は6種類(ウォリアー、レンジャー、モンク、エレメンタリスト、ネクロマンサー、メスマー)あり、メインを1つ、サブを1つ(重複無)なので30パターンあります。
それぞれの職に90種類近くのスキルがあり、RPモードではこれらを集めていくでしょう。

実はPvPモードで作るキャラはRPモードで、入手したことのある(アカウント単位です)スキルしか選べないのです(基本的なスキルは幾つか使えます)。
ただし、PvPモードでもらえるポイントを使ってPvPモードでスキルを使えるようにしていくことも可能です。

■スキルスロット
GWには豊富なスキルがありますが、1つ制約があるのです。
キャラクターは1回の冒険には最大で8つまでのスキルしか使うことができないのです。
エリアに合わせてスキルを入れ替えたり、弱点を探して最適なスキルを探したりという面白さがあります。

■ステータス
グラフパックは不要です。
GWで能力値にあたる箇所はポイントを配分していく形式ですが、ステータスは何度でも自由に再配分することが可能です。
スキルと供に状況に応じて振りなおすことが攻略となるわけです。

■転職
GWには2次職などといった転職システムはありません。
ウォリアーを選べばあなたは一生ウォリアーです。
ただし、サブ職はゲーム終盤に変更することが出来ます。

つづく  
Posted by trickster_strada at 12:16Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月21日

GvG@TSとGuild Warsと

公式にてGvGの実装予定が発表されました。
25日実装予定のようです。
  続きを読む
Posted by trickster_strada at 23:17Comments(0)TrackBack(0)公式

2005年10月20日

Guild Wars

本格的にGuild Warsはじめました。

トリスタ、ぶっちゃけ飽きましたよ。
やることがなさすぎるんです、Lv上という作業が続くだけ。
引退はしませんけど、たまにINするって感じでLv上はもういいや。  続きを読む
Posted by trickster_strada at 23:11Comments(1)TrackBack(0)Guild Wars

2005年09月29日

攻撃型用シミュレータ追加

シミュレータADアップデート。つ  続きを読む
Posted by trickster_strada at 14:49Comments(6)TrackBack(0)ツール

2005年09月28日

シミュレータAD

最近、Blogに投稿しようとするとメンテでできない…。
ヘルファイヤとかの考察もあるんだけど、とりあえずこれ。つ  続きを読む
Posted by trickster_strada at 13:20Comments(2)TrackBack(0)ツール

2005年09月22日

魔シミュあっぷでーと

魔用シミュレータにパッチ当てておきました。
感覚型なんか狩りませんから(笑
これで狩に必要な情報はいらないかな…。
対象MOBの絞込みを強化し、特定の型を除外できるようにして狩場を探しやすくしました。つ  
Posted by trickster_strada at 17:00Comments(0)TrackBack(0)ツール

魔法型スキル2種盛合わせ

TrickWorldの魔法型掲示板を読んでいたらばちらほらと面白いTipsがあったのでテキトーに解説。
魔法型は攻撃スキルを2種選択することになる、その組合せの考察って感じです。
テキトー訳ですよ(しかも長い)  続きを読む
Posted by trickster_strada at 13:47Comments(0)TrackBack(0)その他

ドラ子追加スキル情報

ドラ子の追加スキル関連情報です。
イビルフレイムとライトアローの情報はそれなりにあっても残りがないので調べてきました。
TrickWorldのBBSをテキトーに読んだ情報につき、真偽は知らんがな。
※かなり推測が混じっているので取り扱い注意です。  続きを読む
Posted by trickster_strada at 12:11Comments(0)TrackBack(0)韓国情報

2005年09月21日

チキン卒業

チキン卒業しました、闇ドラ子です。
Base140/TM90 となりました。  続きを読む
Posted by trickster_strada at 23:05Comments(2)闇ドラ子

無駄に…

無駄にバージョンアップしときました。つ
配色って凝りだすと際限ないんだよなorz  
Posted by trickster_strada at 14:00Comments(0)TrackBack(0)ツール

近況。

さて、記事自体は幾つか書いていたのですが未投稿も多いのでネタのあるすとらだです。
空白時期に闇ドラ子は転職し、すくすくとチキンを食べて大きくなりました。
現在、Lv139/TM90です。  続きを読む
Posted by trickster_strada at 09:04Comments(0)TrackBack(1)闇ドラ子

2005年09月20日

魔シミュ

サボりすぎorz
仕事が忙しくてゲームはすれどBlogまで書かなかったですだよ。
お詫びとして、これ置いておきますね。つ  続きを読む
Posted by trickster_strada at 15:47Comments(4)TrackBack(0)ツール

2005年09月05日

転職はまだか?

9月に入りましたが、明日の定期メンテで転職はくるのでしょうか?
夏実装という予定が9月となり、公式ブログでは9月を夏と言い張ったりしましたが、
8月のアップデート攻勢でやや信頼を取り戻したジークレストです。
明日のメンテでアップデートされればガチャの悪夢や今までの色々もなんとか忘れられそうです。
遅くとも来週にはアップデートされることを願いますが…。  続きを読む
Posted by trickster_strada at 10:47Comments(0)TrackBack(0)闇ドラ子

2005年09月04日

チキンオンライン

闇ドラ子、ほとんどメインとなっております。
105⇒108と少し控え目(ツッコミOK)
相変わらず火山への道で相棒牛とガツガツ、チキン食べて育ってます。
(139まで狩場はあそこな感じ。)
デスペナ痛いので80%くらいになったならばワニクエをやってLvアップ⇒火山道の繰返です。  続きを読む
Posted by trickster_strada at 23:43Comments(0)TrackBack(0)闇ドラ子