松柏木の相場観 18

株式
中国経済の回復の足腰が強まる中、雇用の改善で米国経済の持続的な回復に期待が高まれば、世界経済の先行きに安心感が強まり、世界的な株高の継続を促そう。米ドル高が資源価格を適度にコントロールすれば、世界経済の持続的な回復が実現する可能性も高まろう。今週の注目として、7日バーナンキ(FRB)議長が講演、10日米新規失業保険申請件数、11日米小売売上高、米ミシガン大消費者信頼感指数がある。
NY平均株価 10250〜10550ドル
日経平均株価 10000〜10500円
外為
円の先安感が台頭している一方、雇用改善で米ドルの先高期待が台頭しており、今週の米国や中国の経済指標が良好な内容であれば、外為市場のリスク選好が継続し、最も低金利通貨の円を売る動きが促されよう。
87.00〜92.00円

長期トレンドは押し目買いも、今週は調整局面。8日クエート議会(湾岸統一通貨構想をめぐる投票を行う)に注目。14−16日GCC首脳会議。
新興国の保有金の増加傾向が下値を支える。中国は金の保有量を3年から5年で6000トン、8年から10年で1万トンに増やすことを指摘、現在の保有量は1000トン。
3280〜3420円
白金 4000〜4300円
NY原油 74.00〜78.00ドル

続きを読む

松柏木の相場観 17

株式
先週の世界株式市場で注目ておきたいことは、企業のM&A活動が活発化する兆しを見せていること、
ミシガン大学の直近の消費者信頼感指数が改善していること、中国の不動産投資が活発化していること。
米国経済と中国経済が自律回復に近ずけば、世界的な株高の継続が期待できよう。
今週の注目指標:15日米生産者物価指数、米小売売上高、16日米鉱工業生産指数、17日米住宅着工許可件数、
米フィラデルフィア連銀景況感指数。
ダウ平均株価 9400〜9900ドル
日経平均株価 10100〜10500円

GFMSは、投資家のインフレ懸念やドル安を背景に、今後も金の上昇がつずくとの見通しを明らかにした。
GFMSは、今年上半期の金の上昇が投資需要の急増(180%)による年、宝飾需要の減少(25%)、
鉱山生産の増加(7%)、回収が史上最大の量に増加したことを上回った。
金生産者によるヘッジ解消にも注目したい。 
2900〜2980円
白金 3700〜3900円
外為
金利の低いドルを調達するドルキャリートレードがドル安要因。
87.50〜93.00円
NY原油 67.00〜71.00ドル
  

松柏木の相場観 16

株式
先週後半米国経済の回復の鍵を握る雇用と消費の先行きに期待戻り、
米国株は反発に転じた。
中国本土でも政府による株式市場の安定化策の具体化に期待が高まり、
本土株が急騰、翌4日には海外機関投資家による中国本土株の投資拡大枠の方針が明らかになり、香港株が急騰した。
今週は米国で9月のミシガン大学消費者信頼感指数が発表され、中国では8月の都市部固定資産投資といった統計が発表される。
これらの指標が堅調な内容になれば、先週後半から相場の地合いが好転し始めていることもあり、
世界的な株高につながる可能性が高まろう。
 ダウ平均株価 9250〜9550ドル
 日経平均株価 10100〜10500円

実需の動向とは離れた金融相場、金ETFの増加とヘッジファンドの買いに注目。
 2930〜3050円
白金 3700〜3900円
外為
米国株と中国本土株にリードされる形で、世界の株式市場が引きつずき出直れば、為替市場のリスク資産選好が継続し、
最も低金利通貨の円が売られる可能性が高まる。
 92.00〜94.00円
NY原油 65.00〜71.00ドル
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
記事検索
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ