神宮外苑に50年続く自転車乗り方教室

東京の神宮外苑に50年も続く「自転車乗り方教室」の人気の秘密

たった1日で乗れる子も!? 神宮外苑の幼児向け「自転車乗り方教室」を取材

大人になった今では、毎日なんなく乗りこなしている自転車。だが、幼い頃は何度も何度も転びながら、怒られながら、めげながら……練習した記憶がある。同じ思いをわが子にさせるのかと思うと、なんだか気が引けてしまう。そんなとき、東京・神宮外苑に約50年も続く老舗「自転車乗り方教室」があると聞き、さっそく取材に行ってきた。

神宮外苑 自転車の乗り方教室

あっという間に定員が埋まる人気ぶり

日曜と祝日は神宮外苑の外周道路がサイクリングコースとして開放されており、「自転車乗り方教室」はその一角で実施される。実施時間は午前の部が9時30分〜12時、午後の部が13時〜15時30分となっており、それぞれの部の受付が8時30分から行われているので、受講者(子ども)と一緒に現地で受付を済ませる必要がある(自転車教室の定員は、午前と午後の部それぞれ各30名※自転車14インチ、25名※自転車16インチ以上)。

自転車のサイズもバリエーション豊富に揃う

取材当日は、気温30度を超えるカンカン照りの猛暑だったにも関わらず、参加者はほぼ定員人数だった。春などの過ごしやすい陽気の季節は、あっという間に定員が埋まってしまうので、参加の際は注意したい。

指導員の方々は、皆さん50〜60代以上のベテランばかり。同教室は来年で50周年を迎えるのだが、なんと開設時から子どもたちを教えているという熟練の方も! 受付後は、最初に自転車の乗り方について口頭でレクチャーを受けてから指導がスタートする。

乗り方教室スタート

コーンで仕切られた特設コースにスタンバイしたら、まず指導員自ら子ども用自転車にまたがり、実際の乗り方をレクチャー。話を伺ったところ、実際に目の前で乗ってみせることで子どもたちの理解が深まるのだという。

最初はペダルを外した自転車にまたがり、地面を蹴りながらコースを進んでいく練習。ここでバランス感覚、ハンドル操作、ブレーキの使い方を覚える。

子どもの自転車教室というと、みんな転びまくるのでは……と思っていたのだが、参加者の子どもたちはほとんど転ばない。乗り始めはおぼつかなかったが、小一時間程度でスムーズに蹴り進むことができるようになっていた。

ペダル付きの練習スタート

蹴った勢いで足をつかずにカーブを曲がることができ、ブレーキもちゃんと操作できるようになった子は、次の段階へ進む。いよいよペダルの装着である。

最初だけスタンドを下した状態でペダルを漕ぐ動作に慣れたら、すぐに走行スタート。多くの子が漕ぎ始めにバランスを崩すので、指導員が背中を押しながら数メートルだけ伴走し、あとは手を放す。緊張の瞬間だ。

意外にも転ぶ子は少ない

さすがに転ぶだろう……と思っていたが、ここでも参加者の子どもたちがほとんど転ばないことには驚いた。多少ふらつきながらも、多くの子どもたちがちゃんと自転車に乗れているのだ。

こうして無事に自転車に乗れるようになった参加者には、記念の「自転車教室修了証」が渡され、はれて卒業となる。

乗れるようになったらもらえる「自転車教室修了証」

この一連の流れに要した時間は、たった2時間半! ひょいひょいと自転車に乗れる子どもたちを見ていると、かつて長期間にわたって過酷な練習をしていた自分の幼少期は何だったんだろうと思いたくなる。

なんと30%の参加者が1日で乗れるようになる!

1回の教室で、約30%の参加者が自転車に乗れるようになる。ちなみに1回で乗れなくても、次回の教室でほとんどの参加者が合格していくとのこと。これだけ短期間で成果が現れるとあって、都内はもちろん、県外や北海道からわざわざ訪れる親子もいるという。

気になるのが教え方のコツだが、指導員の方は「親には練習に関与させない」ということが大事だと話していた。確かに、教室が行われているときに親たちはコース脇で子どもたちを眺めているだけだった。転んだときやうまく乗れないとき、近くに親がいると子どもたちの心にどうしても甘えの気持ちが生まれてしまい、思うように上達しなくなってしまうのだという。

"すぐに乗れるようになる"というのはもちろんだが、同教室に多くの親子が集まる理由はそれだけでなく、最近は“自転車の練習ができる場所がない”というのも一因とのこと。近所の道路で練習するのは危ないし、公園も自転車禁止の場所が多いとあって、昔と違って自転車の練習ができる場所はかなり減少している。これらの影響もあって、年々参加者は増えているのだ。

「神宮外苑 自転車の乗り方教室」の受講料は、1回1,000円のみ。自転車やヘルメットなどのサポート具は貸してもらえるので、手ぶらで参加できるのも嬉しいところだ。
(2017.07.28 マイナビニュース)

【この記事はトライクショップ店長日誌に掲載しています】

阿波踊りを前に放置自転車撤去

徳島市で、観光客が多数来県する8月の阿波踊りを前に放置自転車の撤去が行われた記事

阿波踊り控え放置自転車を撤去 徳島市で県職員ら阿波踊り控え放置自転車を撤去 徳島市で県職員ら 

 多くの観光客が訪れる徳島市の阿波踊り(8月12〜15日)を前に、県東部県土整備局は26日、市中心部の歩道に放置されている自転車を撤去した。

 県や市の職員ら12人が午前9時半から、徳島駅周辺や元町、紺屋町などを巡回して放置自転車を次々とトラックに積んだ。6日に移動を求める要請書を取り付けた212台のうち、放置されたままの70台が撤去された。

 県などは毎年この時期、通行を妨げ、景観を損ねる市中心部の放置自転車を一斉撤去している。撤去した自転車は県の管理地で半年間保管し、持ち主が現れなければ廃棄処分にする。
【写真説明】放置自転車をトラックに積み込む県職員ら=徳島市新町橋2
(2017.07.26 徳島新聞)

【この記事はトライクショップ店長日誌に掲載しています】

自転車が駐輪場から消えた体験 毎日新聞

毎日新聞連載の記事から盗難体験

/11 愛車との絆、プライスレス

 あの日、あの時、あの場所で、たしかに置いたはずの自転車が消えた。ママチャリは突然に。弘法大師は筆を選ばなかったというが、もし1本しかない筆が消えたなら、何も書けない。いわんや悪筆のサイクリストをや。商売あがったりだ。

     あれは梅雨明け前の暑い休日のこと。いつものように夜が明け、東京都内は朝から熱気に覆われていた。こんな日にママチャリで遠出できるほどの体力と気力は、まだチャージできていない。午後になってJR駅前の駐輪場に自転車を入れ、電車で出かけた。目的地までマイカーで移動するのでなく、駅前に駐車して公共交通機関に乗る「パーク&ライド」の自転車版だ。

     用事を済ませ、1時間半後に戻ってきたら、自転車がなくなっていた。おかしい。ダイヤル式の鍵で後輪をロックしていたのに。駐輪場は満車になっており、置いたはずの場所には別の自転車が止まっている。駐輪場の管理者に電話で問い合わせると、「仮に盗まれたとしても、こちらでは責任を負えません。警察に盗難届を出してください」とのこと。初めての「パーク&ライド&ロスト」体験だ。

     仕方ない。交番まで炎天下を歩くしかない。10分ほどの道すがら、さまざまな思いが去来した。秋の夕暮れ時、当時110キロあった巨体を乗せて、そろりそろりと運んでくれた愛車。寒い冬には一緒に凍えた日もあったりなかったり。渋滞した春の日、真っ赤なポルシェよりも速く、緑の中を走り抜けたっけ。真夏日の深夜に風をきって走ると爽快そのものだった。この日も日中の気温は30度を超えていたはず。こんな夜に、お前に乗れないなんて。

     汗だくになって交番に着いた。出された盗難届の書式を見ると、自転車の防犯登録番号を書く欄がある。購入時に車体にシールを貼ってもらったことは覚えている。番号は不明だ。控えの紙を受け取ったが、10年近く前のこと。今どこにあるか分からない。

     警察でも番号は探せなかった。「自転車屋さんに控えが残っているはずですよ」。お巡りさんが親切にも、販売店に問い合わせてくれた。しかし、自転車店には膨大な量の控え用紙があり、購入年月日不明の自転車の登録番号を手作業で探し出すのは困難そうだった。

     さらに、現在の価値を記入する欄がある。「2万円くらいで買ったとして半分の1万円でしょうかね」と言うと、お巡りさんは笑顔で「そんなにしないでしょ」。あの中古車を1万円で買う人はいないか。「じゃあ、5000円でどうですか」「まあ、そうしときましょう」。5000円でも買わないかなあ、と思いつつ、ひとまず「登録番号不明」で届け出の準備をして交番を出た。

     とぼとぼとしばらく歩いていると、「放置自転車保管場所」の看板を発見した。そうか、誰かが乗って行った後、どこかに乗り捨てたら、放置自転車として撤去され、ここに収容されるのか。もし運ばれてきたら連絡してもらえると助かる。係員に申し出た。

     「さっき運ばれてきた自転車もありますよ。見てみますか」

     整然と並べられた撤去済み自転車を見せてもらう。鉄くず同然になった廃車も少なくない。これに比べれば、私のママチャリは現役バリバリだったな、と感じたその時、きらびやかに妖しい魅力を放つ1台が目に飛び込んできた。私の自転車だ!

     鍵は壊されていない。ついさっき、駅前で放置自転車として撤去されたことを示す札が付いていた。駐輪場に止めたのに、なぜ?

     現場責任者が説明してくれた。あの駐輪場ならではの事情があるという。

     「満車の日には、先に入っていた自転車を引っこ抜いて外に出し、自分のを止める悪い人がいるんですよ」

     駐輪料金は最初の2時間は無料。詳細な手口は省くが、他人の自転車を勝手に排除してスペースを横取りする行為が簡単にできてしまう。引き抜かれた自転車は放置状態になるため、自治体に撤去される。このような自転車でも、保管場所で受け取るには返還手数料が必要だ。最近では、駐輪時に利用者が暗証番号を設定し、番号が一致しないとロックを解除できないシステムに置き換わりつつある。精算機が旧型だと、引き抜かれるリスクがあるらしい。

     「被害を防ぐには、自転車の鍵だけでなく、ワイヤ錠でラックに固定したほうがいいでしょうね」。現場責任者が助言する。そういえば駐輪場にも、ラックと自転車をワイヤでつなぐことを勧める表示があった。今ひとつ釈然としない部分もあるが、駐輪場に置いただけでは安心できないのが現実のようだ。

     時価5000円の値打ちもない自転車のために、その価値を上回る返還手数料を支払うのは合理的でない。それでも、無事に発見されて実に喜ばしい。健康回復の道筋を示してもらった恩がある。プライスレスだ。

     いよいよ夏本番。みんなが痩せる「死のロード」の季節を迎えた。お楽しみはこれからだ。【奥村隆】=次回は8月29日掲載

    (2017.07.25 毎日新聞)

    【この記事はトライクショップ店長日誌に掲載しています】
    記事検索
    livedoor プロフィール
    livedoor × FLO:Q
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ