静電気の故郷(ふるさと)TRINC

Xtitile_image
静電気の故郷(ふるさと)TRINC(トリンク)です。
 

昨年暮れ、中国の日系工場でバートリンク(ワイド型)を大量に購入いただきました。

本件は私が現場を確認しご提案申し上げた関係上、アフターフォローも兼ねて先日訪問しました。
その結果
  (1)従来の不良率(除電器なし、エアブローのみ)
  (2)バートリンク設置後の不良率
  (3)他社製除電器設置時の不良率
を比較したところ、
 「TRINCの場合が、異物不良削減41.3%で一番効果があった。」
との事でした。

 実際に私自身が提案した内容で大きな効果がでて、お客様に喜んでいただいたため、私も大変嬉しく、この仕事のやりがいを感じています。
 さて、TRINCはご要望に応じて、実際の現場を拝見させていただき、ご提案するコンサルティングも行っています。 お客様の悩み事が解決するまで真摯にご対応させていただきますので、静電気・異物対策でお悩みの方はぜひ下記のURLよりお問い合わせ下さい。
http://www.trinc-c.co.jp/chat_channel.html
b_image_tas_321_bam


ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村
TRINC_logo  
img_trinc_oha  

 ASEANの日系工場を訪れると、クリーンルームを新設するより、局所的にクリーン度を上げて対応したいとの要望をよく聞きます。 一方、欧米系の工場では、杓子定規的にクリーンルーム全体をクリーンにする事にこだわっています。 しかし、作業者や資材が中に入る以上、なかなかクリーン度が上がらず苦慮しています。
 TRINCは、簡便ながらクラス10以下の驚異的なクリーン度を達成する手段を開発しました。
 精密機器、医療機器、光学機器、医薬品、食品などクリーン環境を必要とするあらゆる分野に革命を起こしています。
 それが「クリーンデスクトップトリンク」や「エアブローデスクトップトリンク」です。ぜひ、TRINC浜名湖デモセンターにてサンプルをご覧ください。(M.S)
img_tas-621adt_3image_tas_615







ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村
TRINC_logo  
img_trinc_oha  

TRINCの製品には、世間の常識という枠組みから飛び出した製品ばかりです。

 「リストストラップが不要になる」「作業机の上が、たちどころにクラス10以下になる」等々といった製品です。 リストストラップが不要になるなどと聞けば、常識にとらわれた方からは、(むしろ従来の知識や経験がある人ほど)、「そんなことはありえない」と一笑に付されることになりかねません。

 先日、あるお客様のFFU付装置内に、弊社の製品を取り付けたところ、「明らかに装置に落下している異物の量が減っている」との連絡を受けました。 弊社製品を実際に取り付けるまでは、紆余曲折があり、「TRINCを取り付けて装置の方が壊れたらどうするのだ」「すでにFFUが付いているのに、効果があるはずがない」「お金を出してまで借りる必要はない」などなど、様々な反対の声があったようです。
しかし、お客様のご担当者は、「TRINC METHOD」を読まれていたため、既存の装置に「間違いだらけの静電気・異物対策」がある事に気付いていました。
設置前には、遠路、TRINC浜名湖デモセンターにもご来場いただき、さらに確信を持たれたとのことです。
収集した情報を基に、社内の反対の声を説き伏て導入され、大きな効果が得られたようです。

皆さんの会社や職場でも、今までの常識を疑って見てください。そこに新たな一歩を踏み出せるヒントがあるかも知れません。
※FFU:Fan Filter Unit(ファン フィルター ユニット)




ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村
TRINC_logo  
img_trinc_oha  

2月21日に、京都で開催された展示会に参加して来ました。
塗装関係の展示会です。

京都はホテルの予約が取れないぐらい、大勢の外国の方が来られ、中でも京都駅は雑踏しておりました。

展示会場は全くの別世界で、TRINCのブースへは自動車、電機、家具、工芸品の塗装に携わる方が大勢異物付着対策の相談に来られました。
がんばる製造業の皆様のお役に立てる事は、本当にうれしく思います。
これからも問題解決の応援をしてまいります。 ご遠慮なくご相談ください。


ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村
TRINC_logo  
img_trinc_oha  

 段々と寒さも和らぎ春の訪れを実感できる様になりました。
春の訪れは嬉しいのですが花粉のシーズンでもあるので手放しに喜べません。
先日訪問したマスク製造現場も非常に忙しくフル稼働でマスクを製造されておりました。
医療用のマスクの殆どが不織布を素材としております。
不織布はふわふわした材料であるので異物が付着、混入すると除去するのは容易では御座いません。
と言うのはエアーブローが出来ないからです。
そこで大きな異物だけでも除去しようと人手によりピンセットで拾い出しているのが現状です。
この困難な問題を軽減できる手段があります。
ご興味が御座いましたら是非弊社にご相談願います。(K.N)

ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村
TRINC_logo  
img_trinc_oha  

ついこの間お正月を迎えたばかりだと思っていたら、あっという間に2月も半ばとなってしまいました。 2月と言えば、昔から商売をする人の間では「ニッパチ」という言葉がよく使われます。
商売が繁盛しない代表的な月が2月と8月だという意味です。
2月については寒くて消費者が外出を控えがちなこと、年末年始商戦の後であると同時に3月の期末商戦の前にあたるため商取引が不活発になるのが理由だと言われています。
このように世間一般ではあまり忙しくないのが2月ですがTRINCでは様子が違います。
乾燥期のいわゆる静電気シーズンの真っただ中であるため「静電気問題で困っているのですぐに来て相談にのってほしい」といったご依頼を数多くいただき、超繁忙状態です。
これからだんだんと暖かくなっては行きますが静電気シーズンはまだまだ続きます。
静電気でお困りのことがあればTRINCにお気軽にご相談ください。
我々が全力でサポートいたします。(N.I)
b_img_tas810smt-sfs



ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村
TRINC_logo  
img_trinc_oha  

 だいぶ寒さもやわらいできましたが、まだ乾燥しているので風邪をひきやすく注意が必要ですね。
乾燥していると静電気や異物のトラブルが発生しやすくなるため、弊社にはお困りのご相談、お問合せが増えています。 そんなお客様の問題(悩み)を解決するため『TRINC浜名湖デモセンター』を開設しました。
静電気・異物対策装置、クリーン環境装置を展示しております。
様々なお客様がお越しになり、実際に動かして性能確認されたり、実物を持参されて実証実験も行なわれています。 一度、TRINC浜名湖デモセンターにお越しください。新しい発見があるかも知れません。(T.M)
TRINC浜名湖デモセンター




ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村
TRINC_logo  
img_trinc_oha  

 はじめまして、新入社員のJFです。現在入社して2ヶ月程になりますが、一人前になるための勉強の日々が続いております。 先日、印刷関連の展示会に出展した際に、非常に珍しいものを見る機会がありました。
 img_insatuki
昭和40年代の自動凸版印刷機です。(高速印刷を可能とした当時としては一世を風靡したモデルだそうです。)

各メーカの最新鋭の印刷機が居並ぶ中で、約70年前の機器を見ていると印刷技術の歴史を感じると共に、その進化のスピードに驚かされます。めまぐるしいスピードで進化する印刷機ですが、現在も紙の2枚送り問題や機器内での紙詰まり等、静電気に起因する問題でお困りになられているお客様が多数いらっしゃいます。
お客様のニーズをくみ取り、静電気による紙詰まりを解消するために開発されたものがTAS-282 SPF(シートペーパーフィーダートリンク)です。

 TRINCはお客様の問題を解決すべく、現場のニーズをすくい取り、日々研究開発を重ねております。今後ともお客様のお役に立てますよう邁進して参りますので、TRINCへの変わらぬご支援宜しくお願い申し上げます。

ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村
TRINC_logo  
img_trinc_oha  

 TRINCがある静岡県浜松市は温暖な気候ですが、冬は北西から「遠州のからっ風」と呼ばれる非常に乾燥した風が強く吹きます。乾燥した風の影響で非常に寒いと 言われています。 寒がりの私としては、「風が当たれば寒い」を毎年肌で感じています。
 冬に多いご相談のひとつ「除電器の風が寒いので無風の除電器がほしい」というものがあります。
 作業員の方が冷え性の方ですと、有風型除電器では手元や体が冷えてしまい健康によくありません。体にずっと風を当て続けると皮膚が乾燥し、かえって静電気が帯びやすくなったりします。
img_cold_wind

職場管理者の方からは作業員が「寒くて体調を崩して辞めてしまった」などとお聞きします。 寒い中での作業は作業ミスも起こりやすく、ひょっとしたら小さなミスから大きな事故に繋がるかもしれません。 また、ドライエアーを使用する有風除電器は特に湿度を下げますので、静電気が帯びやすい環境になり、もう一つ除電器が必要になるなど悪循環に陥る場合もあります。
 かといって、加湿をすると工場ではさまざまな問題を引き起こします。

 TRINCでは寒がりの方の味方である無風除電器を各種揃えていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
 浜松天気
 (上の画像は1月の浜松の天気です。 気温は暖かそうに見えますが風が強くて本当に寒いんです。)
(Y.K)


ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村
TRINC_logo  
img_trinc_oha  

インフルエンザが流行ってきたようです。
img_kabi_01
 予防の意味からも、空気が乾燥していますので、我が家でも加湿器を出して一晩、動かしてみました。 ところが朝起きてみると、加湿器の上の物はベタベタになり、また滴が垂れて周りもベタベタになり、近くに置いてあった大事な書類もふやけていたり、濡れてしまっている物もありました。 調べてみたところ、部屋の湿度をコントロールするのは、室温、空調(気流)コントロール、加湿量等々、簡単ではないようです。
img_humi
 静電気対策で加湿をされるお客様、加湿はご用心
 
 話しは変わりますが、工場においては加湿をして製品を台無しにしては意味がありません。
 半導体の足が錆びて酸化金属皮膜が発生し半田不良を起こすためです。
 加湿はご用心!
810SMT-SFS
 静電気対策には、何より安全で、確実な効果が得られるイオナイザーが一番です。
 TRINC製品を使って「今までの悩みが嘘のように消えた」、「今まで無駄にした時間を返してほしい」など驚きの言葉を頂いております。 ご興味のある方はご一報ください。 (E.T)

ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村
TRINC_logo  
img_trinc_oha  

このページのトップヘ