静電気の故郷(ふるさと)TRINC

Xtitile_image
静電気の故郷(ふるさと)TRINC(トリンク)です。
 

img_nikankougyou20171006

 TRINC(浜松市西区、高柳社長、053・482・3411)は工場などの火災の原因となる静電気の知識とその除電方法について全国の消防関係者に伝える活動を始めた。静電気による火災、爆発事故発生の実態や対策方法を解説する講習会を年に4回ほどのペースで実施する方針だ。除電器メーカーの社会貢献として施設の安全性を検査する消防関係者に静電気の知見とリスクを周智する。 富山高岡市の戸出消防署で「静電気防止対策講習会」を実施した。高柳社長が講師となり、消防関係者約40人に静電気が起きる原因からその特性、火災や爆発といったトラブル、加湿などの除電方法を紹介した。 工場などで製品への異物付着を防ぐために使われている除電器自体が原因で火災が起きている実態も明かし、除電器の漏電対策や防爆認定の重要性を強調。防爆認定された自社製品のデモンストレーションも行った。 消防関係者向けの講習会は愛知県安城市の消防署や防災危険物安全協会からの依頼に続き2回目。高柳社長は「これは世直しのつもり。静電気の問題をぜひ消防関係者に説明させて頂きたい」と全国で周知活動を推進する考え。(富山)
2017.10.05 日刊工業新聞掲載 発生原理や対策解説

 

TRINC


 ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村

img_nikankougyo20170731A
   ―約2年半にわたる執筆で「TRINC METHOD(全集)」を発刊しました。全4巻を書き終えた感想を。
 「達成感と一抹の寂しさがある。そして正しい異物対策を伝えたいという使命感は一層強まった。1999年に偶然にも静電気・異物対策に携わることになった。当時、めにしたモノづくりの現場は品質不良や歩留まりの悪さに悪戦苦戦し、混乱を極めていた。私は一技術者として常識にとらわれず、減点発送でゼロから考え、新しい考え方や技術を提案してきた。著者は静電気と向き合った15年以上の経験と知見の集大成だ」
 ―最終巻は「実践効果実績集」として実際の成果や顧客の声を紹介しています。
「当社の手法が実際にモノづくりの現場で効果を発揮していることの証だ。大手企業に認められた喜びや顧客に喜ばれた時の感謝がよみがえり編集中に思わず目頭が熱くなった」
 ―書籍の活用法は。
  「当初は販売ツールにしたいとも考えたが、執筆しているうちに考え方が変わった。今は技術や製品を大切に育てたい気持ちが強い。だから書籍も申込制にした。製品不良や異物問題で悩み、真剣に対策を考えてる人や企業に活用してもらいたい」
 ―全4巻の構成をどう考えましたか。
 「起承転結だ。第1巻は『新らしい概念』。ベンチャーとして企業した当初はなかなか新しい概念、技術を理解してもらえなかった。執筆中に当時の”こんちくしょう精神”がよみがえった。表紙の青色はきれいな空気、クリーンな空をイメージした。第2巻『新しい手法』は執筆に最も苦労し、第3巻『従来の間違い常識集』と発刊の順序が入れ替わった。最終巻は実例集にすると決めていた」
 ―第2巻に苦労した理由は。
 「業界別に静電気対策や異物に効果的な除電器を提案する実用的な書にしたかった。単なる自社製品の宣伝や製品紹介、技術解説の羅列にならないように心がけた。写真や絵図をふんだんに使い、製品の誕生のエピソードなどを盛り込んで読み物風に仕上げている。第2巻の表紙はみずみずしい新緑、第3巻は落葉をイメージした。第4巻は表彰状などによく使われるえんじ色で、感謝の意を表した。」
 ―書籍はベンチャーとして成功した自身の足跡でもあります。
 「無手勝流がはびこっていた製造現場の異物対策をなんとかしたい一心で発起した。最初は製品を背負って顧客を訪問し、次にセミナーで正しい異物対策について説いてまわった。その中で、新しい異物対策をまとめたガイドラインがほしいという顧客の声に背を押され全集を執筆した」
―今後、高柳社長の技能や経営哲学をどう伝えていきますか。

 「困りごとを解決する技術があれば、世の中のかいsyはを生かしてくれると自身がついた。当社の手法を業界のデファクトスタンダードにするのが夢。国内ではだいぶ浸透した手応えがあるが、海外はまだまだ。近く全集の英語版も発刊したい。今後、数年をかけ私が積み上げたものを後継者に引き継いでいく。浜松市内に建設予定の新研究所は、静電気の原理や技術を伝える基地としていきたい」
日刊工業新聞 「著者登場」 2017.07.31

 

TRINC


 ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村


 

 インターネットが普及して20年。

この間、大きな変化が起きましたが、その1つが宅配物流の急増です。

ネットで注文して、11個、自宅まで届けられる個別宅配です。

今までは、小売り店までの一括配送で済んでいたものが、個別の宅配になったのだからたまりません。巨大な輸送網が必要になりました。

 この動画はAMAZONの配送センターの様子を示しますが、ロボットが動き回らなければ荷物はさばききれません。

 しかし動き回るロボットは走行時に静電気が溜まり、スパークすることにより制御が狂い衝突事故を起こします。

 アスクルの物流センターが大きな火災事故を起こしたのは記憶に新しいです。荷物に化粧品など可燃性物質が含まれていて、そこで荷扱いによる静電気の火花が飛ぶからとても危険な状態です。

 また荷物には電子機器や電子部品、半導体なども含まれ、静電気にとり壊れてしまいます。

 すべてに共通している原因は静電気です。すなわち静電気対策がすべての問題の鍵を握っているのです。

 TRINCは発生する静電気に立ち向かい、あらゆる問題の解決手段を提供してきました。備えあれば憂いなしです。早めにTRINCにお尋ねください。

 

 

TRINC


 ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村

週刊文春3月9日号に
TRINC社長 高柳眞の
インタビュー記事が掲載されました。

img_bunsyun20170303_02

           TRINC



ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村

「TRINC Method 全集」全4巻発刊!

「TRINC Method Vol4. 実践効果実績集」も同時に発刊です。

img_tmthd_460

TRINC Method : http://trinc-method.jp/

           TRINC



ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村

「 Print Doors 2017」(光文堂 新春機材展)に出展します。
                  会期:2017/1/25(水) - 2017/1/26(木)
                  会場:名古屋市吹上ホール
                 皆様のご来場お待ちしております。
                   http://trinc.co.jp/event.html
                 TRINC

img_printdoor2017


ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村

 あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

2017年1月5日(木)より営業しております。

flower5498

TRINC


2017年1月酉
ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村

 年末年始休暇のお知らせ

2016年12月29日(木)~2017年1月4日(水)

年末年始の休暇となります。
新年は2017年1月5日(木)より通常営業を致します。

良いお年をお迎えください

hamamatsu_photo
TRINC



ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村

SEMICON Japan 2016に出展します。

               ◆展示会名     SEMICON Japan 2016
               ◆日 時     2016年12月14日(水)~12月16日(金)
               ◆場 所     東京ビッグサイト
               ◆当社出展小間     HALL:2 小間番号:2303
img_sem2016
環境トリンクを始め、静電気・異物対策製品を出品しています。

皆様のお来場お待ちしております。

 TRINC


ぽちっと押してください!
    ↓        ↓
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村
TRINC_logo  
img_trinc_oha  

このページのトップヘ