August 28, 2012

2012夏 ツーリング・レポート(3)

卒業生のNさんからレポートです。
バイクはBSA B40です。
この文章に写真は付属しません。
遭難寸前乙。

______________________


夏休みに甲府〜秩父へと2泊3日ツーリングに行ってきました。目的は甲府のクリスタルライン周辺と、秩父の大滝周辺をのんびり走ることです。

初日:
朝8時に出発。上野原ICまでサクッと中央高速で移動。県道18号線から国道411号線に入り、一之瀬林道を経由して大ダル林道や笠取林道を覗きながら柳沢峠へ。塩山から県道219号線を北上してクリスタルラインへ。

初日は主に御岳昇仙峡付近のクリスタルライン南東エリアを走破。御岳林道が景観もよく印象に残っています。18時に甲府市内から近い要害温泉の宿にチェックイン。


2日目:
朝9時に出発。明野のひまわり畑を観光してから前山大明神林道を皮切りに、クリスタルライン北西エリアをくまなく探索。初日と違いダート区間が多かったけど、舗装工事も結構進行していて、荒れた舗装路、ダート、ピカピカの舗装路と3種類のバリエーションが楽しめました。観音峠だけが工事のため通行止めだったのが心残り。

2日目の宿は国道299号線沿いの赤谷温泉。午後から雷を伴った雨が断続的に降り始めたので、16時には信州峠を越えて長野県側に移動。当初は三国峠から中津川林道を経由して秩父方面に向かう計画でしたが、三国峠の手前で通行止めの表示が。仕方なく県道68号線をいったん西に戻って馬越峠、ぶどう峠を経由して国道299号線へと向かうことに。このあたりから雨足が強くなり始め、暗くなる前に宿に着けるだろうかとだんだん心細くなってきます。

ぶどう峠から国道299号線に入ったあたりで雨はもう土砂降りに。時間は既に18時ごろ。雨が落ち着くまでどこかの軒下を借りて雨宿りという手も考えたのですが、もう宿まであとほんの少し、ということで思い切って志賀坂峠へのT字路を曲がります。しかしこれが間違いでした……

志賀坂峠に入ったとたん空が真っ黒になり、ツーリングでは体験したことが無い激しい落雷とゲリラ豪雨に天候が変化。上り坂ではコーヒー牛乳のような雨水が津波のように上から押し寄せてきます。水没した道路を路面状況が視認できないまま走ることがいかに怖いか、身にしみて体験しました。激しい雨のために酸欠気味なのかキャブに雨水が浸入したのか、追い討ちをかけるようにエンジンがゴボゴボと咳き込み始め、スロットルをあおり続けていないとストールしてしまう状況に。

B40はバッテリーレスのためエンジンが止まったら真っ暗闇になるし、この豪雨の中ではとても再始動出来る気がしない。エンジンが止まらぬよう必死でアクセルをあおり続ける。上り坂のときは最悪ニュートラルにして足こぎで引き返す、という選択肢もあったけど、この状況ではむしろ頂上付近の平坦な道のほうが怖い。もはやエンジンはクラッチを切ってスロットルをあおっても回転が上がらない。タイヤとクランクを回し続けるために1速全開で走り続けているとトンネル発見! トンネルに入ったとたんエンジンの調子は回復。助かった……

エンジンをかけたままにして、今夜の宿の場所を確認しようとiPhoneをバッグから取り出す。が、電源が入らない。バッグ(一応防水です)に雨水が浸入してデジカメなど電子機器すべてが終了した様子。宿の近くに着いたらiPhoneで確認すればいいやと、情けないことに宿の名前すら覚えていない。

「終わったな……」

ここから先は下りになるし、まずは電話を探すためにトンネルを出る。だがこのご時勢、公衆電話も電話ボックスもまったく無い。雨足はまったく衰えず、エンジンの吹けも限界に近い。明かりのついた民家を発見したので緊急避難的に電話を借りることに。「ごめんください……」

ずぶ濡れの怪しい来訪者に驚く老夫婦。事情を説明し、電話を借りる。かろうじて前日泊まった宿の名前は覚えていたので、104で前日の宿の電話番号を聞く→前日の宿で「じゃらん」のコールセンターの電話番号を聞く→コールセンターで今日の宿の電話番号を聞くという手順を踏み、やっと今晩の宿と連絡が付く。老夫婦に何度も頭を下げて出発(既に僕の中では命の恩人的な状態になっており、あとでお礼をしようと名前と住所を伺うが、丁重に辞退されました)、20時頃になんとか2日目の宿にチェックイン。


3日目:
本来は大滝周辺の道をじっくり走破する予定だったけど、iPhoneもパーになり、雨でオイルやグリスも完全に飛んでしまったので、予定を変更して真っ直ぐ帰ることに。県道53号線を経由して下道で東京へ。家に着く直前にトリニティーに寄って、切れたオイルやグリスを補充しながらツーリングの顛末を校長とK田隊長に話したら、K田隊長から「熊除けの鈴持ってる? エンジン止まると熊が出てくるよ」という妙にリアルなアドバイスをもらいました。


ということで写真が無くてスミマセン。いろんな経験値を莫大に入手したけど反省点や課題も大量入手。でもいい思い出になりました。僕の経験不足や技術不足を補うように、B40は本当に頑張ってくれたし頼りになりました。おわり。


にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
応援クリックお願いします!







trinityschool at 16:01│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔