前回バシャールの記事の中で、日本でバシャールをチャネルしている人物の団体が、経済的に行き詰っていることに少しだけ触れましたが、なんと9月21日に破産申請手続きととっていたことが分かりました。
あやこバシャールの名でも親しまれていた関野あやこ氏のアンフィニグローバルというセミナー団体。
負債額はなんと1億3000万円!

しかも、どういうわけか公式サイト(http://www.infini-global.org/)に掲載されていた経緯や返金できない旨をまとめた文書は見られなくなっています。

公式BBS(http://www.infini-global.org/voice/c-board.cgi?cmd=all;page=1)もいろいろ書き込みがあったようですが、現在は閉鎖されているようです。


以下、公式サイトに掲載された文章の引用です。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ご報告★

ROCO - 12/9/30(日) 11:32 -
私たち、アンフィニグローバルは

正式に解散することになりました!


9/21 の朝、決めました。

正確にいうと、破産申立(はさんもうしたて) ということになります。 


受講料の返金額 約3700万。

出資金、借り入れ、あやこさんへの未払い金、業者さんへの未払い金、

すべて あわせて 約1億3000万円 ほどになります。


スタッフは、現在、4名。

かさいひろこ、大湯由里子、中谷和子、亀田智恵美。


9月20日までどんな動きをしていたのですか?

と、質問されることがよくあります。 

『新しい惑星の学校』 のスポンサーと出会いたいと動いていました。

制限のワクの中にいて、それが起きるわけもありませんでした。

ストリーミング映像配信を維持することが、ギリギリのところでした。


崩壊は、『ほんとうの自分へと加速するために

まだ目を醒ましていない部分を 自分に見せるために

自分で起こすものだ』 と バシャールはいいます。


ここまで起こしたことで うけとったこと。

言葉にできないくらい、たくさん たくさん ありました。


そして、最後に、自分への揺らぎのない信頼が生まれてきました。

だからこそ、今回、この動きに踏み切ることができました。


未来はまっさらです!

でも、今、びっくりするくらい、本当の自分に

ひらいていっているのがわかります。


今回 みなさんにお返しできなかったこと・・・

今は、どんなかたちになるのか、まったくわかりませんが

あたらしいエネルギーで、どこまでもハーモニーのエネルギーで

とてつもなくワクワクのエネルギーで

かならず、あらわしていきたいと思っています!


今、私たちにできることとして

YOUTUBEで 今までの映像を、すべてオープンにすることで

最大限に、光を放出したいと思っています。


みんなで創ったクラスの時空間が、世界じゅうにオープンになります。

これは、想像を超えたこと。

とても とても うれしいです。 


自分につながっていると

未来は、とてつもなくワクワク感じられますね!


アンフィニグローバル かさいひろこ


★ 破産申し立てをしたので

破産手続きをするために必要な経費以外

もうどの方へのお支払いも、一切できません。

ここにだけは少しでもお支払したい・・・ ということも

今はまったくできなくなってしまっているので、ご了承ください。

このことは、動いて初めてわかりました。


みなさんへは、弁護士事務所から、この週末以降に

『破産申立受任通知書』 が届きます。

そのことに対する質問は、弁護士事務所のほうに

直接お問い合わせください。


★ よく質問されるので あらためて明確に書いておきますね。

私たち、アンフィニグローバルは あやこさんに

ギャランティをお支払して、クラスの運営をしていました!


★今、公開しているアーカイブ映像は

今日から随時、YOUTUBEに公開していきます!

ご覧になりたい方は、ぜひ、planetinfini のチャンネルをご登録ください。


★ 9/28に、あやこさんからのワクワクあふれるメッセージを

TOPページにアップしていますので、ぜひご覧ください!

http://www.infini-global.org

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



結局ワクワクしていれば何でも叶う的なことを広めていた大元の一つがこの様です。

しかも返金されない人が結構いるらしい。

こんな手遅れの状態になるまで、なぜ金集めをしていたのか?

今年6月頃にはブログなどで注意を呼びかけておられた方も居ましたし、私の知る限りでは昨年末には既に相当行き詰っているという情報も流れていました。

それほど経済的な破綻が確実視されるほどの状態であったにもかかわらず、活動を自粛することで負債の増加を防ぐことは考えなかったのか?

たった4人の運営者と一人のチャネラーという小さい組織で、どうしたらこんな負債が生じるのか?

そして、バシャールの言い成りになってワクワクしてセミナー受講料などを収めたものの、突然『破産申請しました』『返金出来ません』『弁護士を通してください』と言われた人たちの気持ちをどう受け止めているのか。

『返したいけど返せません』じゃ済まない問題です。

しかも散々煽り立てたアセンションが目前に迫っているこの時期・・・これからどうなってゆくのか、継続して注視しようと思います。


参考サイト
http://desktop2ch.org/psy/1346510806/ (455以降)
http://shunyam.blog.so-net.ne.jp/archive/c2302029474-1