まん遊記

ブログネタ
ラスベガス旅行記♪ に参加中!
ニューヨーク・ニューヨークのカジノを一通りうろついて、私はモノレール(無料)に乗ってルクソールへ向かった。が、モノレールはルクソールを通り越して、マンダレイ・ベイまで行ってしまった。ストリップの南端にある黄金色に輝くこのホテルのテーマは太平洋。『地球の歩き方』によるとアトラクションがたくさんあるとのことだが、それが何なのかさっぱりわからない。とりあえずカジノを一周してみたところ、スロット付近に人だかりが出来ているので、ちょっと覗いてみた。どうやら女の人が小当たりしているようだ。しばらく見学してみたが、これ以上当たることもなさそうなので、私はマンダレイ・ベイを出ることにした。ああ、22:00をとうに過ぎている。そろそろメシを食わねば。

010814-ルクソール010814-ルクソール
帰りのモノレールはちゃんとルクソールで停まってくれた。モノレールを下りた正面にスフィンクス、その背後には高さ107メートル、36階建てのピラミッドがそびえ立っている。頂点から空に向かって一条の光を発しているところが“いかにも”っぽい。エントランスも“いかにも”な演出。ファラオの神殿チックとでもいいましょうか。そこを突っ切ってカジノへ向かう。これで3件ほどカジノをまわったが、どこも一緒だな。変わり映えしないというか。まあそんなものなのかもしれないが。しかし、カジノに来て、見学だけってどうなんだろう。どうもギャンブルには興味が持てない。私はおもしろくないヤツなのである。

ぐるっと一周して、食事の料金チェック。そんな高くなさそうなので、洋食屋に入ってスパゲティを頼む。これが不味かった。麺を茹ですぎてるのだ。めずらしいくらいの大ハズレ。どうやったらスパゲティをここまで不味く作れるのだろう?

010814-dinner
何をどうしたらここまで不味くできるのか

続きを読む

ブログネタ
ラスベガス旅行記♪ に参加中!
ラスベガスblvd.を北上しているとき、なんとなく横を見ると、ブワーッと噴水が上がっていた。どうやらベラッジオの噴水ショーの時間らしく、ホテルの前にある池には黒山の人だかり。このようにラスベガスのホテルでは、客寄せのために観覧無料のショーがあちこちで行われているのだ。はあ〜、お金かかってるなあ・・・などと思いながら、まわりにあるホテルを見ると、どれもこれもド派手でビックリ。日本のラブホテルを派手にしたようなホテルだらけなのだ。こういうのが許されるのは日本の高速道路の出口付近か、ラスベガスだけなのだろうか。

そうこうしているうちにお目当てのホテルに到着。なんとプールがあるではないか。これってトラベロッジよりも高いのかなあ?停まってる車もベンツとかだし・・・などと考えていると、かとまちが聞き込みから帰ってきた。このプール付のホテルはなんと59ドルだという。しかし、なんでかわからんけども却下ということになった。メインのストリップから遠いから?判断基準はよくわからない。

当初の予定どおりガクさんの教えてくれた8というホテルに向かう。そこはメインストリップから少し南にあった。できたばかりなのか、新しい感じで、プールもあった。また、団体客が到着したばかりでごったがえしていた。この団体客が入ったら部屋はきっと空いてないだろう。ということで、結局トラベロッジに一泊することになった。残念ながらプールはない。

  

続きを読む

ブログネタ
ラスベガス旅行記♪ に参加中!
そうこうしているうちにベガスに到着。日が落ちる前に到着したのだが、街の派手さに驚く。ベガスに車で行くなら、夜に到着するのがいいって言われるのもわかるわ。砂漠のようなところをずっと走っていて、ほんとに何もなかったのに、いきなり光の洪水みたいな街が現れ、その瞬間『おおっ!』って感じになるらしい。もし、再び訪れるようなことがあったら、夜に到着するようにしたいものだ。

ガクさんが教えてくれた8というホテルに行く前に、メインストリートであるラスベガスblvd.(通称ストリップ)を走る。さすがに道は混んでいる。もうすぐ夜だから、人が集まってきているのだ。そこでかとまちが、

「安ホテルではなくテーマホテルに泊まりたい」

というようなことをいきなり言い出した。確かにテーマホテルの宿泊料はそんなに高くない。しかしドケチな私はホテルに金をかけたくない。そういう心づもりはしていなかったし。まあとりあえずインフォメーションに行って、各ホテルの空き状況を調べることになった。

こういうときのかとまちはフットワークがよく、車を止めると、スタスタスタと歩いて聞いてきてくれる。しかし、今はハイシーズンでほとんどのテーマホテルが満室。ストリップの北のハズレのほうまで行かないと泊まれるホテルはないようなことを言われたらしい。ちなみにこのインフォメーションはストリップのど真ん中にあり、その裏手にはトラベロッジというお手頃価格のホテルがあった。ツインで69ドルとのこと。

  

続きを読む

ブログネタ
ロサンゼルス に参加中!
私は旅行に出るとあまり寝ない。キャンパーだったときも、みんながビックリするほど寝ないらしい。厳密に言うと、寝ていないわけではない。短く深く寝ているのだと思う。たぶん。ということで、昨夜は誰よりも遅くまで起きていて、今朝は誰よりも早く目が覚めた。あんなに疲れていたのに、自分でもビックリだ。というより、疲れすぎて眠れなかったのかもしれないな。

今日はラスベガスに行くことになっている。車で行くわけだが、さいころはまだソーシャルセキュリティーナンバーをゲットしていないので、自分の車に保険をかけることができない。なので、さいころカーでべガスまで行って、万が一のことがあった大変、ということでレンタカーすることになっている。レンタカー屋には10:00アポ。しかしみなさん、起きる気配がまったくない。どうするのかなあ・・・かといって、私は起こすつもりもないんだけど。よい頃合になると、目覚し時計が鳴った。うるさいので私が止める(まったく意味なし)。まあ、とにかく身支度でもしまひょ。

先に起きてきたのはさいころだった。ふたりでガサゴソし出したら、さすがにかとまちの目も覚めたよう。現在時刻を知って、にわかに慌てているようす。それでも朝食を作って(ベーグル)くれるのがすばらしい。

  

続きを読む

ブログネタ
ロサンゼルス に参加中!
たどりついたメルローズ・アベニューは、ほとんど人が歩いていなかった。ほんとにおしゃれな街なのか?おしゃれな街だというのに、こんな人気がないのはどうしてなのか?この街に立ち寄った理由を聞いたところ、かとまちがジーンズを買いたいということらしい。手足がやたら長いかとまちは、ガイジンサイズなら自分に合うジーンズがあると考えたようだ。

しかし、かとまちサイズのジーンズにはなかなか巡り遭わなかった。なぜなら、LAではやたらのびのびジーンズ(ストレッチ素材)が多く、それはかとまち好みでない。でまた、余計な加工をしているものが多い。裾をロールアップしてあって、そこに妙な刺繍が施してあったり、なーんか奇妙なステッチが入ってたり。もうひとつ、理解のできないものがあった。それはUSED加工だ。太腿の部分を妙に色落ちさせたものが多い。これは日本でも多い、とかとまちは言うのだが、私には理解できない。わざわざ破れているのまである。なんで?ジーンズって自分で育てるものじゃないの?

何軒目かで、ようやくかとまちのお目にかなうものがあった。かとまちが試着している間、私とさいころはぐったりと椅子に座って待機。とにかくどこの店に入っても(特に靴屋)、まず座るところを探してしまう。どうやら自分で思ったよりも疲れているようだ。LAって日差しが強いし、風が冷たい。そのうえ空気が乾いているから、まだ身体がなじめないでいるのだろうか。いや、単に10時間以上のフライトで疲れているのか?

「どこまで行くの?」

私の口をついて弱音とも取れる言葉が出た。自分でいうのもなんだが、これはは非常にめずらしいことである。

  

続きを読む

ブログネタ
ロサンゼルス に参加中!
定刻どおりLAに到着。入国審査はなんなく終わったのだが、そこでショックなことが!審査官がパスポートにスタンプを押してくれるのだが、なんと!ペルーのスタンプの上に押しやがった。お気に入りだったのにさ、なんちゅうことしてくれるのよ!ペルーなんてそうそう行けないのよ。USなんていつでも行けるやないのさ。しかもクソおもしろくもないスタンプ!

パスポートを見ながら、苦虫をつぶしたような表情で出口に向かうと、警備員(警官?)に止められた。他の人は止められてないのに、なんで私を止めるのだ?その黒人のいかつい男は英語でなにやら語りかけるが、何を言ってるのかさっぱりわからない。そしてよくわからないままに解放された。

さて、迎えは来ているのだろうか。かとまちは自力でさいころ宅まで来いと言っていたが、さいころは迎えに行くと言ってくれた。話がつかないまま出国してしまったのだが、果たしてどうなったんだろう。

到着ロビーは迎えの人で溢れかえっていた。旅行代理店の人もいれば、一般人もいる。これは探すのがたいへんだ。何度かロビーを往復するが、ふたりの姿はなかった。まあ、そんなもんだろう。とにかく椅子のあるところに行って、さいころの住まいがどのへんにあるか調べ、バスかタクシーで行くとするか。

  

続きを読む

ブログネタ
韓国 に参加中!
前に私がソウルに行ったのは確か97年の春だった。そのときは金浦空港着で、そこそこの国際空港だったように記憶している。しかし、この新しくなった空港を知った今では、金浦空港なんて羽田空港くらいにしか思えない。とにかくすごい。金浦空港のように『これ、なんのニオイやろ?』っていうようなことはまったくない。そう、シンガポールのチャンギ空港のようなハイテクの香り満載。ハブ空港たるもの、これくらいじゃないといかんよな。日本には土地がないからハブ空港が作れないのだろうか?いや、でもさ。韓国にこんな立派な空港が作れるのよ。土地がないから日本には作れないなんてことないよね。関空なんて海の上にあるわけだし、面積を増やしたければ埋め立てるという方法があるし。

トランジットは無料のネットサービスで暇つぶし。ビデオルームがあって、映画とか見れるサービスがあって(有料)、フリーでネットできる設備もある。しかもうれしいことに日本語フォントを積んでいるのだ。当然ながら空港内には日本語文字が溢れかえり、日本語を話す空港職員も多い。ほんと日本人って、どこの国に行っても『上客』認定なわけか。

  

続きを読む

ブログネタ
韓国 に参加中!
3軒目の本屋でやっと『地球の歩き方』をゲットし、空港バスに乗り込んだ私。バスに乗ってるときはいつもボーッとしているのだが、この日は格別。何があったのか知らないが、堺あたりで高速道路を下りていることに気づく。おいおい、大丈夫かいな。間に合うんかいな。と、一時は心配したがなんとか1時間前に空港着。

朝から生茶を少し飲んだだけで何も食べていない。とりあえず立ち食いに毛が生えたような店でうどんを食べる。これが高い。きつねうどんが500円以上ってどういうこと?たいしておいしくもないのにさ。

ところで、ところで。本日関空でビックリしたことがあった。先月から出入国カードが廃止されてるんだもん。日本国籍を有する人が対象だけど、これってすごい快挙じゃない?日本国も頑張ってるよね。せっかく暗記しているパスポート番号を記入する機会が減るのは、ちょっと残念なような気もするけどさ。

  

続きを読む

ブログネタ
ロサンゼルス に参加中!
昨日は東京でJ-WAVE LIVE 2000+1。奥田山崎をしっかり堪能したあと、きんちゃん、ほたぴょん、ほたぴょん妹と韓国料理。そこでワイヨリカ(名前だけは知ってる)のボーカルと、WAHAHA本舗の柴田理恵に遭遇した。そして今日の昼の便で帰阪してLA旅行の準備。我ながら『バカではなかろうか?』と思う。

さてさて、気を取り直して、いつものごとくフライトスケジュールと持ち物だ。
 
8月13日(月) KIX 13:40発→ICN 15:30着
          ICN 17:30発→LAX 13:00着(時差1時間)
8月22日(水) LAX 0:30発→ICN 8月23日(木)5:05着
8月23日(木) ICN 9:50発→KIX 11:30着


航空券代は11万2900円。大韓航空なので、たぶんシーズン最安値ではないだろうか。

持ち物はいつもとほとんど同じ。さいころの家に泊めてもらうので荷物少なめになるかと思ったが、なんとなくリュックの中にいろいろ詰めてしまった。いつもと違うもの、今回から導入したものといえば、

●安物のカメラ
かとまちがEOSを持っているだろうことを見越し、カメラは安物の小さいやつにした。
●NWAワールドパークスのJCBカード
なかなかマイルが貯まらないので、買い物でも貯めてやろうと目論んだのだ。ぎりぎりに申し込んだのだが、JCBが間に合わせてくれた。
●耳栓
飛行機のエンジンの音は気にならないが、人が出す音がうるさいとどうにもこうにも眠れない。いつも購入しようと思っていて忘れていたのだ。
●こましなTシャツ
いつもは捨てるようなTシャツを持っていくが、今回は同行者がいるので少し気を遣ってみた。KOBOUZU焼香Tと民生カレーTだ。民生カレーTを旅行に持っていくのはもったいなくって、かなり根性を要した。
●こましなパンツ
こちらも通常なら捨てる寸前のものを持っていくのだが、同行者がびっくりしたらいけないので。ちなみに靴下は例によって捨てる寸前のもの。

明日は空港バスに乗る前に『地球の歩き方〜アメリカ西海岸編』を購入せねば。


ポチッと押してみよう!
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
  

ブログネタ
ロサンゼルス に参加中!
LAなんて、まったく私らしくない。自分でもそう思う。なのになぜLAに行くことになったのか。それは元メンバーのさいころがLAの日本人学校で教師をしており、その住処に転がりこもうという計画が、かとまちとの間に立ち上がったからだ。当初はGWだのなんだのと言っておったのだが、なんやかんやで盆休みになった。

出発は8月11日だ。5月に申し込んだし、便数が多かったということもあり、あっさりと予約が取れてしまった。せっかくアメリカに行くんだから、MLBでも見ようという話になり、サイコロが総力をあげてスケジュールを調べてくれた。結果、新庄のNYメッツやイチローのシアトルマリナーズはLAでの試合がなく、野茂の所属するホワイトソックスの試合が21日にあるとのことだったので、帰国は盆休みオーバーの8月23日とした。

しかし、しかしだ。ここで大事件発生。8月11日、つまり出発日に奥田民生と山崎まさよしが一夜限りのユニットを組んで、J-WAVEライブに出演するというではないか!私は迷った。かなり迷った。一時はライブを諦めもした。だけど決断。かとまちには悪いけど、私は出発日をズラす。出発日さえズラせば奥田山崎もLAも両方手に入れることができるのだから。かとまちからどんなに非難されても甘んじよう。

旅行代理店に『11日をキャンセルして13日出発にしてくれ』と連絡を入れたところ、ここでも大騒ぎ。もし13日が取れなかったら、先に払っている2万円はキャンセル料として徴収される。それでもいい。きっと大丈夫。まだ1カ月以上ある。旅行代理店に条件了承の連絡し、退路を断ってから『ごめん』とかとまちに連絡。向こうにさいころがいるからか、かとまちはあっさり『いいですよ』と許してくれた。

しかし事件はまだ続いた。



続きを読む

このページのトップヘ