ソワレが要らないフランス暮らし

フランスに行くのならソワレ(イブニングドレス)が必要? いえいえ、ここは長靴がいるんですよ。。。ぼーっとしたフランス人の旦那と倍速で動く息子と可愛いにゃんこ達との日常。

続報 大型トラックの重量制限超過が原因か

吊り橋の崩落事故 車が川に転落2人死亡」の続報です。(画像はTF1よりお借りしています)

IMG_0916

11月18日(月)朝8時頃、フランス南西部トゥールーズ市の北にある都市ミアポワ・シュル・タルヌ(Mirepoix-sur-Tarn)で吊り橋の崩落事故が起こりました。

IMG_0917

そして本日19日トゥールーズ市の検察官より、崩落した橋を通過していた大型トラックは、

IMG_0935

重量制限の19トンを遥かに超える50トンであったと発表がありました。

IMG_0922

事故があった日、同じ会社の大型トラックは2台連なって走行しておりましたが、一度に橋を渡れる大型トラックは一台と制限されていましたので、後ろの一台が待つ形で先の一台が橋を渡り始めました。

IMG_0923

先のトラックはこの会社の社長が運転していました。そして先のトラックが渡り始めたところでやっと重量制限19トンに気づいた後ろのトラックがハイビームをつけて合図をしたという事です。

IMG_0924

しかし、その瞬間橋は崩落し、トラックは向かいから来た乗用車を巻き込んで川に沈んでいきました。

IMG_0926

彼らはベジエール(Bessières)市に所在する会社で、この日は川を隔てた
ミアポワ・シュル・タルヌ(Mirepoix-sur-Tarn)市の現場に向かうところでした。

IMG_0929

この橋から4キロ離れたところには別の堅固な橋がありましたが、彼らが何故この橋を渡ることにしたのかは現在調査中です(近かったからですよね)。

IMG_0918

事故の詳しい原因は引き続き調査されますが、

IMG_0920

失われた命は戻りません。

IMG_0934

この地域に住む人たちは、この会社に限らず明らかに制限重量を超えた大型トラックがこの橋を渡るのを何度も目撃しているそうです。

何れ起こる事故だったのでしょうか。事後になりますが、もっと早くに取り締まるべきことでした。

人気ブログランキングへ木の上をクリックして応援して下さるととっても嬉しいです♪

秋につき、初冬につき

皆さん、こんにちは。「ミネットと一緒に太ろう」の時間です(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

金曜日にスーパーに行きましたら、ジロル茸(あんず
茸)が出ていました。

BlogPaint

1キロ28ユーロ(3360円)(因みにシイタケは1キロ24ユーロ 2880円)
でしたので、250gにしまして、残りは1キロ19ユーロ(2280円)のChanterelle Grise(ミキイロウスタケ)を220g買いました。

BlogPaint

旦那は自らクロマニョン人を名乗っており、

BlogPaint

料理本を見て料理します。とは言ってもオムレツですので、

BlogPaint

大変シンプルなレシピでございました。でも私は作りませんよ。ジロル茸の土などをハケで落とす役をしました

BlogPaint

まぁ、結果的に少しガジガジしておりましたが、

BlogPaint

旦那も息子も何も言わなかったので良しとしましょう(* ̄∇ ̄*)エヘヘ。

IMG_0800
TF1の天気予報、画像はお借りしています)
さて、気温がぐっと低くなりましたのでお夕飯は冬のお料理です。

BlogPaint

を使いまして、フランス中南部オーブラック地方の郷土料理「アリゴ」を作りました。はい、旦那がね( ̄ー ̄)ニヤリッ。

BlogPaint

私がしましたのは、チーズを細かく切ることです。「アリゴ」はマッシュポテトにバター、チーズ、ニンニク、生クリームを入れて作りますが、

BlogPaint

と混ぜるのに非常に力が要ります。私腱鞘炎になってはブログが書けませんので(えっ?)旦那に任せました。

BlogPaint

と伸びるのが特徴で、ワイン祭りなどがある時の屋台では、地面に鍋を置いて下から顔の高さまで伸ばして見せるパフォーマンスなどをやっています。

BlogPaint

という事で秋と冬の料理を楽しんだ週末でした。旦那が「僕の休みはどこに行った~!」と言っておりましたが、美味しいものを食べれたんだから気にしな~い、気にしな~い....ね⁈


人気ブログランキングへおサルさんの上をクリックして応援して下さるととっても嬉しいです♪

吊り橋の崩落事故 車が川に転落2人死亡

11月18日(月)朝の8時頃、フランス南西部トゥールーズ市の北にある都市ミルポワ・シュル・タルヌ(Mirepoix sur Tarn)において吊り橋の崩落事故が起きました(画像はTF1、France 3よりお借りしています)。

IMG_0889

長さは155メートル、幅6.5メートルの橋は、

IMG_0895

大型トラック1台と乗用車1台が通過中に崩落。

IMG_0892

これにより母親の運転する車で高校に向かっていた15歳の女の子と

IMG_0861

大型トラックの運転手が、

IMG_0898
(同型のトラック)
車内に取り残されて死亡しました。

IMG_0884

このあたりの水深は20メートルと深く、川幅は100メートルです。

IMG_0900

橋は1931年に架けられ、2003年に修復工事がなされ、2017年の検査では構造上の異常は認められず、一番最後の点検は2018年でした。

IMG_0882

事故原因については調査中ですが、原因の一つに大型トラックの重量オーバーの可能性が指摘されています。

IMG_0883

橋の通行車両の重量制限は19トン、一度に渡れる大型トラックは1台となっています。

IMG_0868

今回川に転落したトラック会社は日常的にこの橋を利用しており、子供たちを乗せたスクールバスも通ります。

IMG_0874

また朝夕の時間帯は通勤通学の車が頻繁に通る橋であったことから、橋の耐久性についても調査が行われます。

IMG_0864
(在りし日の橋)
80人のポンピエ(消防士・救急救命士)、106人の警察、ダイバーが出動し捜索は夜まで続きました。

IMG_0903

負傷者はポンピエを含む5名だそうです。
フランスには崩落の危険性がある橋が少なくとも25,000あるそうで、今回崩落した橋は数に入っていなかったとのことです。


人気ブログランキングへ木の上をクリックして応援して下さるととっても嬉しいです♪
Twitter プロフィール
フランスの雨が多いブルターニュ地方に住んでいます。ボーっとしたフランス人の旦那と倍速で動く息子と猫5匹、畑のど真ん中からつぶやきます。
プロフィール

ミネット

記事検索
ギャラリー
  • 続報 大型トラックの重量制限超過が原因か
  • 続報 大型トラックの重量制限超過が原因か
  • 続報 大型トラックの重量制限超過が原因か
  • 続報 大型トラックの重量制限超過が原因か
  • 続報 大型トラックの重量制限超過が原因か
  • 続報 大型トラックの重量制限超過が原因か
  • 続報 大型トラックの重量制限超過が原因か
  • 続報 大型トラックの重量制限超過が原因か
  • 続報 大型トラックの重量制限超過が原因か