ソワレが要らないフランス暮らし

フランスに行くのならソワレ(イブニングドレス)が必要? いえいえ、ここは長靴がいるんですよ。。。ぼーっとしたフランス人の旦那と倍速で動く息子と可愛いにゃんこ達との日常。

2019年08月

おばちゃんはいいひんよ(茶ト君からのメッセージ)

皆さん、こんにちは! お隣の茶トです。

BlogPaint

おばちゃんやったらいいひんよ。僕は、

BlogPaint

なんや、でっかい荷物持って、

BlogPaint

BlogPaint

飛行機に乗って「日本」とやらの国に行ってしもてん。僕は、

BlogPaint

BlogPaint

って言ったんやけどなぁ~。僕を置いて、

BlogPaint

おっちゃんはお留守番やて。僕と一緒や。

BlogPaint

帰ったら「どうしょう、茶ト君、また太ってしもたわぁ~」って言うで。
でも僕にもお土産買ってきてくれるかな?

BlogPaint

皆、僕にもお土産持たしたってなぁー!

BlogPaint

なんや、皆が僕のメッセージを見てくれる頃、おばちゃんはおばちゃんのパパとママに再会してる頃やねんて。あれ以上太らん様に目光らせてやってやー!

ほんで、僕のおばちゃんを宜しく!

人気ブログランキングへリスの上をクリックして応援して下さるととっても嬉しいです♪

冷凍庫のお掃除

我が家は田舎なので冷蔵庫とは別に大きな冷凍庫があります。

昔、外国の小説を読んで「冷凍庫から死体が発見される」シーンがどうしても想像できませんでしたが、こちらに住んでから「これなら楽に一人は入るな」ということが分かりました(えっ、しませんよ。しませんってば)。

BlogPaint

この辺の人達は狩猟をされるので、そんな大型冷凍庫を幾つも置いておられる家もあります。

我が家の冷凍庫は2台目で引き出し式の冷凍庫です(人は入りません。入れませんってば)。1台目がすっぽり式の大きな冷凍庫だったのですが、下の方に何を入れたか探している時に蓋が閉まったら(閉められたら?危険な我が家)どうしようかと思うような物でした。

BlogPaint

1台目の冷凍庫は3年前に壊れました。壊したのは旦那です(ノ`Д´)ノ。

BlogPaint

22年前こちらで冷蔵庫を買う時、
ヨーロッパ製の冷蔵庫、冷凍庫は霜がつくのでアメリカ製かアジア製にするようにと現地の日本人から教わりました。

しかしながら旦那が「お得な物があるよ~」と勧められ、2011年に単独で購入した冷凍庫は、あっという間に霜がつき、2016年には大氷河期を迎え霜取りが必要となりました。

BlogPaint

2週間前から冷凍庫の中を整理し始め中を空にして、(電気を入れれるのは夜遅くかな)と思って私が外出先から帰った1時間後、旦那はニコニコして「さぁ、もう中に物を入れていいよ!」と言いました。

(どういうこと?何のマジック?)と思いましたが、まさか彼が初歩中の初歩の失敗をするとは夢にも思っておりませんでした。

BlogPaint

皆様、もうお分かりですね? 彼はノミを使って氷の彫刻を製作.....いえ、破壊活動を行いましたので、電気を点けた時には冷凍庫は全く作動しませんでした。

BlogPaint

責める私に「丁度、冷凍庫の寿命だったんだ。君が長い間霜取りに賛成しなかったから電気を切って入れたタイミングで壊れたんだよ」と言いました。

そんなことあるかぁ~い!

BlogPaint

この時、お隣のおばあちゃんが生存中でしたので、おばあちゃん家の納屋の冷凍庫に入れさせてもらうことが出来、冷凍庫の中の物は事なきを得たのですが、おばあちゃん家の冷凍庫は氷河の中に年代物の何か(最早判別不能、人じゃなかった( ̄ー ̄)ニヤリッ)が入っているような状態で氷の方がスペースを取っておりましたよ(((( ;゚д゚)))。

BlogPaint

急ぎ冷凍庫を購入しましたが、この時うっかりして購入したのがフランス製(長い間ドイツ製だと思っておりましたが今調べたらフランス製でした。ドイツの皆さんごめんなさい)でした。ですのであっという間に霜がつき、翌年から旦那に「霜取りをしなきゃ」と言われ続け、先週末重い腰を上げてやっと霜取り作業を行ったのでした。

BlogPaint

今回は主導権を私が握り、溶けた氷はバケツ一杯分の水となりました。ちゃんと電気は付きました(* ̄∇ ̄*)エヘヘ。

人気ブログランキングへリスの上をクリックして応援して下さるととっても嬉しいです♪ 本日お出かけ中にてコメント公開、返信遅れます。ごめんなさい!

行水日和

ここ数日大変暑く、私たちが住むブルターニュ地方の本日の最高気温は31℃でした。夕方5時に2階に上がると、

BlogPaint

東の庭の水飲み場がホシムクドリで賑わっておりました。5月に飛ぶ練習をしていた子達も混じっているのでしょうかね?

BlogPaint

旦那も家にいましたので、二人で可愛い行水姿を見させて頂きました。

BlogPaint

入れ替わり立ち代わりやって来ては飛び立ち、あっという間に水は無くなってしまいましたよ。

BlogPaint

どうやら夏毛が抜けて冬毛に変わり始めているように見えますがどうでしょう?(夏毛と冬毛の記事はこちら←クリックで記事に飛びます。)

BlogPaint

あら、そこのあなた、何羽いるか数えようと思われましたね?入浴料でも頂きたいような盛況ぶりです←私は関西人。

BlogPaint

お隣との境の植木で羽を乾かして、再び、

BlogPaint

水浴び、そして、

BlogPaint

一応我が家の敷地に留まり(いい子達だ~)羽を乾かしています。(見えます?)

BlogPaint

旦那が「大変だ、水を入れてあげないと」と言って階下に降りて行きました。

BlogPaint

右端の子の羽の抜け替わり途中がちょっとムズムズしますね。
さて、旦那によって水が張られた行水所は..........、

BlogPaint

ホシムクドリさんが来なくなりました( ̄ー ̄)ニヤリッ。
旦那に「水いっぱい張んなや~。さっきのんで丁度良かったのにぃ~って言ってるんちゃう?」と言うと、「朝の5時に水入れてって頼んでも、もう入れてやらんぞ」と言っておりました。

人気ブログランキングへリスの上をクリックして応援して下さるととっても嬉しいです♪

ビアリッツ・G7サミット閉幕

ビアリッツ・G7サミットへ向けて」「ビアリッツ G7サミットの始まり 上」「ビアリッツ G7サミットの始まり 下」「ビアリッツ・G7サミット 2日目 上」「ビアリッツ・G7サミット 2日目 下」より続きます。(画像はTF1よりお借りしています。)

IMG_7546

8月26日(月)、フランス南西部のリゾート地で開催されておりましたG7サミットが閉幕致しました。

IMG_7547

フランスでのニュースという事で、フランス側視点からの報告では大変有意義な話し合いであったとのことです。

IMG_7548

最終日の午前中には地球温暖化対策について話し合われ、マクロン大統領は海洋を航行する船の速度を軽減し温室効果ガスの排出を削減することが急務であると話しました。

IMG_7553

また海のマイクロプラスチック汚染について、マイクロプラスチックから作った時計をメンバーにプレゼントし、海の生態系への影響について話し合いました。

IMG_7525

午後はアメリカの巨大IT企業、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン(総称してGAFAガファ)の納税制度について話し合われました。

IMG_7522

現地でも3%の課税をする「デジタル課税」案を
フランスがEU合意に先立ち実施した場合、アメリカ側はフランス産ワインに多額の関税を課すという話は、マクロン大統領とトランプ大統領が24日(土)昼食時に会談した時とは異なり、

IMG_7520

フランス側より妥協案が提案され、アメリカの報復措置は見送られる見込みです。

妥協案は、2021年OECD(経済協力開発機構)がデジタル課税に関する各国共通のルールを導入したあと、フランスは2019年と2020年のガファ等のIT企業の支払い金額を計算して、それが売上高の3%未満なら企業に還元するというものです。

IMG_7519

またイランのサプライズ訪問についてトランプ大統領は、「マクロン大統領は事前に私に許可を取ったので何の問題もない」と述べました。G7サミット終了後の米仏共同会見ではトランプ大統領はイランのロウハーニー大統領と会う準備ができていると語りました。

IMG_7523
(左 イランのザリフ外相)

その他、サミットでは「アマゾンの森林火災」「米中貿易戦争」「英国のEU離脱」「香港デモ」等についても話し合いがなされ、

IMG_7554

特にアマゾンの森林火災については、消火活動の為に2000万ドル(約22億円)の緊急支援をすることを発表しました。またその後の植林についての支援も約束しました。
アマゾンの森林火災は今回が初めてではなく、今回G7サミットのタイミングで話題となり、世界規模で環境破壊問題(発展途上国の経済問題)を共有することが出来たのは良かったのではないかと思います。

IMG_7555
(米メラニアさんと仏ブリジットさん)

ファーストレディ達は最終日、リゾート地の海岸の散歩を楽しみ、

IMG_7528

マクロン大統領は短い「首脳宣言」を作成し、G7サミットは閉幕。

IMG_7544

13,200人の警察、軍隊による警備は解かれ、空港は解放され、ビアリッツにいつもの時間が戻りました。

人気ブログランキングへリスの上をクリックして応援して下さると大変嬉しいです♪

TGVと衝突した牛たち

8月25日(土)14時45分頃、フランス東部ジュラ山脈で標高が一番高いところにある村、ラジュー(LAJOUX)近くでTGV(フランス高速列車)と牛の群れが衝突しました。(画像はTF1よりお借りしています。)

IMG_7500

TGV9269号は乗客257人を乗せてパリのリヨン駅を出発し、スイスのローザンヌに向かっておりました。

IMG_7506

ところが、ラジュー市の近くに差し掛かった時、60頭の牛の群れが線路上におり衝突。16頭が即死、6頭が獣医さんの到着を待って安楽死させられ、合計22頭の牛が亡くなりました。

BlogPaint
(この写真のモザイク無しは一番最後ランキングクリックマークの後、スクロール後に見れるよう添付しますので、平気な方はどうぞ)

牛たちは酪農家3軒によって飼育されておりましたが、

IMG_7509

農地の柵は大きく開いておりました。
不注意で開けたままであったのか、誰かの手で故意に開けられたのかは現在調査中です。

IMG_7510

この事故でTGVの乗客に怪我はありませんでしたが、TGVは点検の為回送扱いとなりました。

私の家の近くでも牛たちが逃げて道路に出ていたことがあります。↓そのお話はこちら ↓ 。



その時に牛の飼育者から、知恵のついた好奇心が強い若い牛がさらに若い牛たちをリードして美味しい草があるところに連れて行くと聞きました。

牛たちには気の毒な事故でしたが、この事故がせめて誰かの悪意からきたことでは無かったようにと願います。

人気ブログランキングへリスの上をクリックして応援して下さると大変嬉しいです♪では写真をご覧になられたい方はスクロールしてください。

↓        ↓     



↓        ↓




↓        ↓



↓        ↓


↓        ↓




IMG_7501
(ごめんね、安らかに。。。)
Twitter プロフィール
フランスの雨が多いブルターニュ地方に住んでいます。ボーっとしたフランス人の旦那と倍速で動く息子と猫5匹、畑のど真ん中からつぶやきます。
プロフィール

ミネット

記事検索
ギャラリー
  • スーパーにダース・ベイダー?
  • スーパーにダース・ベイダー?
  • スーパーにダース・ベイダー?
  • スーパーにダース・ベイダー?
  • スーパーにダース・ベイダー?
  • スーパーにダース・ベイダー?
  • スーパーにダース・ベイダー?
  • スーパーにダース・ベイダー?
  • ノエルはストをやめましょう