私には霊感は全くありませんし、予知能力などに至っては皆無です。

しかしながら先週の水曜日にアクアジムに行った時のことです。なんだかいつもと違っていて体がふわふわしていて(やばい、めまいかなぁ)と思っていました。

BlogPaint

アクアジムは45分間コースで、最初の20分間くらいはプールの中を腕を動かしながら水の中を飛んで歩いたり横っ飛びをしたり逆回りしたりしてウオーミングアップします。

普段はFちゃんとおしゃべりしたり、一週間に一度会う人たちと挨拶を交わしながら回るのですが、その時は気が付くと心の中で(神様、仏様、ご先祖様、どうぞお守りください)と呟いており、そんな呟きに自分でも驚いて(あれ、なんでこんな時に私ったら何を言ってるんだろう)と打ち消すのですが、またしばらくすると無意識に
(神様、仏様、ご先祖様、どうぞお守りください)と呟いておりました。

BlogPaint

この言葉は例えば運転前、誰かれ構わずに、「私と周りの人たちの安全をすがる」私の常套句ですが、プールで呟いたことなどありませんでした。

何度か呟いて(今日の私、変なの~)と思いながら、本格的な腹筋運動に移って10分くらい経った時のことです。

BlogPaint

プールの端から水着姿の人が慌ててやって来て、私たちのプールの監視員の女の子を連れて行きました。それから直ぐに監視員の女の子が戻って来て私たちのコーチに何かを呟いて、コーチが受付の女の子に指示を飛ばし、それを聞いていた前のコースの女性コーチが小走りにプールを横切ってサウナがある方向に向かいました。

その時点ではコーチはまだ私たちの指導を続けており、私たちも水の中にいました。ところがそれから一分もしない内に受付の女の子が戻り、コーチに何やら耳打ちしたところ、「皆さん、すみません。緊急事態が発生しました。監視員がいなくなりますので全員プールから出て下さい。」と言われました。

BlogPaint

この時、サウナに入っていた女性が倒れて頭を強打し、頭に酷い裂傷を負っている状態だったそうです。気分が悪くなって倒れたのか、滑って倒れたのかは不明で女性はそのまま意識を失ってしまったそうです。

プールサイドの赤色の回転灯が回り、
サイレンが鳴り響き、コーチは救命士のような大きなバッグを担いで消えていきました。

BlogPaint

その光景を見ながら、無意識に私が呟いていた言葉、そして訳の分からない不安の正体が見えたような気がしました。

ざわわっと身震いしている私の横でFちゃんが、
「ねぇ、ジャグジーなら入ってもいいのかしら。だってあと25分(10分と自由時間15分)あるもの。もったいないわぁ」と言いました。Σ( ̄ロ ̄|||)

「そりゃダメだよ。監視員さんいないもの。それに私ポンピエ(救命士)が物々しく入って来るときに呑気にジャグジーに浸かっていたくないよー。(人が生きるか死ぬかの瀬戸際なのにね。。。)」とお断りしました。

BlogPaint

それにこんな時には自分の為にも早くここを離れて家に帰るのが一番、そんな気がしたのでした。どうかその方がご無事です様に。

人気ブログランキングへカボチャの上をクリックして応援してくださったらとっても嬉しいです♪