英語の授業でスープはdrink(飲む)ではなく、eat(食べる)を使いますと習いましたよね?

BlogPaint

フランスもboire(飲む)ではなく、manger(食べる)を使います。

BlogPaint

しかしながら、私的には固形物が入っていない場合は「スープを飲む」で、ジャガイモやニンジンなど具がそのまま見えている場合には「スープを食べる」だと思っております。

BlogPaint

ですので、私は息子に大抵「スープ飲む?」と聞くため、息子は旦那の前でも「スープを飲む」という言い方をして注意されています(悪いのは私)。

BlogPaint

ただ、そうは言ってもインターネットで調べると「スープは飲むなの?食べるなの?」という質問が結構出ていて、回答は、
「カップやカフェオレボールに入っているスープは飲むで、お皿に入っているスープは食べるを使う」というものが多いです(つまりスプーンを使うかどうかってことかしら?)。

BlogPaint

ところで日本では「牛乳を飲むと背が高くなる」と言いますが、フランスでは「スープを飲むと背が高くなる」と言われています。

BlogPaint

スープには色んな野菜が入っておりビタミンが含まれ、栄養面でバランスが取れた食事だからだということです。

BlogPaint

急に背が高くなった子に「あら、たくさんスープを食べたのね」という言い方をしたり、小さい子に「スープを食べなさい」という言い方をします。

BlogPaint

こういった時にうっかり「飲む」という単語を使わないように気を付けております。

BlogPaint

皆さまは「スープを飲む」ですか?「スープを食べる」ですか?お味噌汁はどうですか?私はお味噌汁は具があっても「飲む」派ですね~(o^∇^o)ノ。

人気ブログランキングへツバメの上をクリックして応援して下さったらとっても嬉しいです♪