11月18日(月)朝の8時頃、フランス南西部トゥールーズ市の北にある都市ミルポワ・シュル・タルヌ(Mirepoix sur Tarn)において吊り橋の崩落事故が起きました(画像はTF1、France 3よりお借りしています)。

IMG_0889

長さは155メートル、幅6.5メートルの橋は、

IMG_0895

大型トラック1台と乗用車1台が通過中に崩落。

IMG_0892

これにより母親の運転する車で高校に向かっていた15歳の女の子と

IMG_0861

大型トラックの運転手が、

IMG_0898
(同型のトラック)
車内に取り残されて死亡しました。

IMG_0884

このあたりの水深は20メートルと深く、川幅は100メートルです。

IMG_0900

橋は1931年に架けられ、2003年に修復工事がなされ、2017年の検査では構造上の異常は認められず、一番最後の点検は2018年でした。

IMG_0882

事故原因については調査中ですが、原因の一つに大型トラックの重量オーバーの可能性が指摘されています。

IMG_0883

橋の通行車両の重量制限は19トン、一度に渡れる大型トラックは1台となっています。

IMG_0868

今回川に転落したトラック会社は日常的にこの橋を利用しており、子供たちを乗せたスクールバスも通ります。

IMG_0874

また朝夕の時間帯は通勤通学の車が頻繁に通る橋であったことから、橋の耐久性についても調査が行われます。

IMG_0864
(在りし日の橋)
80人のポンピエ(消防士・救急救命士)、106人の警察、ダイバーが出動し捜索は夜まで続きました。

IMG_0903

負傷者はポンピエを含む5名だそうです。
フランスには崩落の危険性がある橋が少なくとも25,000あるそうで、今回崩落した橋は数に入っていなかったとのことです。


人気ブログランキングへ木の上をクリックして応援して下さるととっても嬉しいです♪