私達が住んでいる町はあちこちで現在電気工事中でして、その内の一箇所に臨時で設置されている工事用信号があります。一車線が規制され信号に従って交互に通行しなければいけません。

日曜日の夜、用事があって息子の運転で出かけました。

町に戻ってくる時の信号はこんな具合です。

BlogPaint

息子は黄色の点滅信号に変わったのを確認して左側車線に入りました。

しばらく進むと、反対側の信号を無視した車が正面にやって来ました。
夜間の田舎道、誰も来ないと思って横着したのでしょう。

車の中からお互いの顔が見えました。

運転していたのは20代の女性で助手席には同年代ぐらいの男性が座っており、彼女は私たちに向かって手のジェスチャーで(後ろに下がれ)と言いました。

うちの息子はルールを守らない人が大嫌いなので、こういった時100%相手の言う事を聞きません。

「別に急いでへんし」と
サイドブレーキを引きました。

すると相手の女性はドアを開けたかと思うと私たちの車までやって来て、ウインドウを叩きました。別にヤンキーがかっているとかそういった類の人ではなく、極普通のフランス女性でした。

息子がウインドウを下ろすと「ちょっと下がりなさいよ!」と言いました。

息子は「信号無視をしたのはあなたの方ですよ。僕が下がる理由はありません」と答えました。

彼女は「見なさいよ、この道路は十分広いのよ。一台ずつ通らなくても二台が十分に行き違いできる広さなのよ!あなたが真ん中を通るのが悪いのよ!」と怒鳴りました。

息子のナンバープレートはパリ郊外なので地元民として教えたつもりにでもなっていたのでしょうか。

息子が無視していると彼女は携帯電話を出したかと思うと写真を撮り出しました。

ナンバープレートを中心に何枚も写真を撮る彼女が気味悪くなり、こちらも念のために撮っておこうと私も彼女の車を撮り始めたところ、彼女は車に乗り込みバックし始めました。

と同時に息子も車を進め、お互い行き違いました。

絶対に譲らない息子も息子ですが、あの彼女の気の強さには驚きました。同乗者がいざとなるとよっぽど頼りになる男性だったのか、それともいつもそう言った我儘をゴリ押しして生きている人なのでしょうか。

それにしても写真を撮った意味は何なのでしょう。フェイスブックやツイッターに自分に都合が良いように書いて載せる気なのでしょうか?

一応私もナンバープレートばっちりのこの写真を撮りましたので、

BlogPaint

何かされましたらこちらも対応を考えたいと思います。えっ、フランス女性より強くなってます?( ̄ー ̄)ニヤリッ

人気ブログランキングへ富士山の上をクリックして応援して下さったらとっても嬉しいです♪ 私だったら下がってあげたくてもバック出来ませんので下がれません(えっ?!)