2007年04月03日

UFJ NICOS「VIASO」カード

二輪車におけるETCの導入の経緯について調べてみました。

素手で運転でき、ダッシュボード等に通行券や現金類を用意できる四輪と異なり、二輪車での料金支払いは面倒なものである。その点からも二輪車用ETCの登場が待たれていた。

転倒防止のための開閉バーの短縮や誘導標示など、二輪車へのETC導入のためのレーン改修が各地で行われ、2006年11月1日から導入開始した。

なお、二輪車ETCに関しても、各高速道路会社管理の高速道路と、その他の一般有料道路とでは扱いが異なるので注意が必要である。二輪車用車載器は日本無線が開発し一般販売を開始している。小型で防水性・耐震性を備え、定価30,000円(消費税別)である。さらに、ORSE及び各道路会社により、期間限定で車載器入手の助成措置が行われている。

trogidae at 15:18│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔