2018年10月21日

【家族】最近頻繁に子どもたちが訪れるので休日が忙しい。

スポンサードリンクID:p1ce3a


*********************************

この夏頃から、ほぼ毎月のように子供たちが家に来るので休日がとても忙しいです。


今月頭に長女が夫婦でやってきてところですが、おととい嫁から「次の日曜日に行ってもいいですか?」とラインがありました。

わが家と子供たちの住まいは、気軽に寄れる距離ではないので、来るとなると泊まりになるし、食事や布団や孫たちの世話でとても忙しいです。

ただ、息子は来ないようで、嫁と孫たちで来るそうです。

以前、嫁から家庭のことで相談を受けたことがあるので、また何かあったのかと少し不安になりました。

息子にラインで確認すると、特に家庭に問題はないようで、嫁がこちらに用事があって、ついでに寄りたいと思ったそうです。

ふう、よかった。

いらぬ親心が邪魔をしました(笑)。

子どもたちが来なければそれも寂しいですが、頻繁に来るのも結構疲れます。

孫たちが「手をつないで」と小さな手を差し出す仕草がかわいらしいです。

付かず、離れず、ほどよい距離を置きながら、よい関係を続けていきたいなと思います。



゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


お読みいただきありがとうございました。

よろしければ応援よろしくお願いします。

節約・貯蓄 ブログランキングへ


にほんブログ村

tropicalpanchi at 15:46|PermalinkComments(0)家族のこと 

2018年10月15日

【貯蓄】そろそろ来年の貯蓄計画でも...

スポンサードリンクID:p1ce3a


*********************************

ちょっと早いんですが、来年の貯蓄計画を立てたいと思います。

正直今年は、ほんとお金を使いました。

家計費ではなく、私の支出の方です。

現在の累計額をは約170万です。

長女の結婚祝いや、長男の学生時代に免除した国民年金の支払い(オットと折半)が大半です。

これに海外予行費が30万以上かかると思うので200万超えは確実ですね。

今年の貯蓄額は、オットからの贈与を考慮して350万前後でしょうか。

どれもこれも予定していた支出なのでいいんです。

でも、来年はがっつり貯めようって今から決めています。

来年も私の年収は上がることだし、しばらくは子供絡みの支出は、ない(と思う)。

一応目標は480万です。

もちろんオットの分は含みません。私の年間貯蓄額です。

オットにも頑張って稼いでもらって、夫婦合わせて800万は、最低でも貯蓄に回したいな。

そして、来年はいよいよ金融資産5000万越えです。

1億円に向けてこの先も貯金生活をがんばりたいです。



゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


お読みいただきありがとうございました。

よろしければ応援よろしくお願いします。

節約・貯蓄 ブログランキングへ


にほんブログ村

tropicalpanchi at 23:29|PermalinkComments(0)老後の生活・家計 

【年金】繰り上げ受給の損得を考えてみる

スポンサードリンクID:p1ce3a


*********************************

65歳から受給できる年金240万を繰り上げて、住民税非課税となる210万となった場合の死ぬまでの受給額を計算してみました、

85歳まで生きた場合、年金額240万では、受給期間20年で4,800万。年金額210万は、65歳までの受給額が国民年金が275万(55万円×5年)、厚生年金が72万(9万×8カ月)、合計347万、65歳から85歳までが4200万、合計4,547万

その差は税込み250万円。

ここから税金などが引かれますが、社会保険や税金の控除額を考えると、手取りの差はもっと小さくなるでしょう。

90歳まで生きた場合は、税込み550万の差になります。

100歳まで生きた場合は、税込み850万の差になります。

ただし、オットが先に死んで一人になった場合は、この計算はちょっと狂うんですが。。。

この差をどう考えるかですが、単純にトータルの損得で計算してよいものでしょうか?

お金をレジャーや食べ物に存分に使える時期は死ぬまで一定ではないはずですよね。

せいぜい85歳までではないでしょうか。

それ以降は、静かに過ごす日々、一日を生きるだけで精いっぱいだと思います。

逆に医療費は徐々に増えていくでしょうから、

その時期から医療費にお金がかからないのはとても助かると思います。

時間をかけて、損得をもっと調べてみたいと思います。



゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


お読みいただきありがとうございました。

よろしければ応援よろしくお願いします。

節約・貯蓄 ブログランキングへ


にほんブログ村

tropicalpanchi at 21:00|PermalinkComments(0)老後の生活・家計