ダイエット講座 その③ 基礎代謝をあげよう❕

 ダイエット講座3回目。

 みなさん、飽きてきてません?

 今回書いたらダイエットはしばらくお休みしますね!

 いまさらですが、せっかくダイエットしてもリバウンドしたら意味がありません。

 結局のところダイエットって日常生活の改善が大前提になります。
 だから難しいんですよね。

 ただ、前回少し触れたように体を高燃費に、代謝をよくすれば少し太りにくい体質になります。

 基礎代謝といって人は生きてるだけで何もしなくても、息をしたり、心臓を動かしたり、体温を維持したりとエネルギーを使います。
 
 平熱が低体温のひとは当然基礎代謝は低くなります。今、多いんです低体温のひと。

 同じ体重の人でも、体温が一度違うだけで基礎代謝が10%以上違うデータもあるそうです。

 じゃあ、基礎体温をあげるには?

 真冬に屋外で裸で寝る!

 ・・・

 風邪ひいて高熱がでるので痩せるでしょうが・・・死んじゃいます💀。

 では真面目に。

 ①筋肉をつける 筋肉があるだけで基礎代謝は上がるんですが、筋肉があることで熱量の消費につながるんです。低燃費の軽自動車と高燃費なベンツの燃費の差みたいなもの。

 ②身体を温める 食べ物でいえば唐辛子やショウガなど体を温めるものを食べる、サプリなんかもこの手のもの多いですよね。また、ぬるめの風呂や足湯、運動なんかも身体が温まり消費カロリーを増やします。

 ③ストレッチ 身体を柔らかくすることで血液の流れもよくなり代謝もUP!

 他にもいろいろありますが簡単なのはこの3つかなあ?

 すべて健康にもよいことですので、ぜひ実践してみて!
yjimage


            moto

 
 
 
 
 
  

ダイエット講座 その② 脂肪を減らしたいんですよ・・ね。

 先日に引き続き2回目。

 ダイエット講座と題にしてますが、もともとダイエットって「生活様式」「日常の食べ物」って意味。

 で、代謝異常や肥満に対する食事療法や治療 という意味をもったんだけど、日本ではただ単に「痩身」って意味が強く意識されてるみたい。

 で、何が言いたいかっていうと、必要以上に脂肪なんかが過多になって成人病なんかにならないよう普通の体型にしましょうねってこと。痩せすぎは痩せすぎで健康とは言えないんだからなんだから注意しましょうね。

a0203f3db15a81a2773ca946c0677cb3_9425

上の女性なんかモデルさんなんだろうけど、あと3ヶ月ダイエットしたらこうなっちゃいそう・・。
SK33


 で、今日の本題。

 脂肪は体内のエネルギーが不足した時に分解されてエネルギーになるもの、まあ、エネルギーを冷凍保存してるようなものですね。

 飢餓に備えて貯蔵するのはいいけれども欲張って貯め込み過ぎるから体が重たくなって、重たくなったら動きたくなくなって・・って悪循環がスタートしはじめる。

 低燃費の軽自動車やハイブリッドカーにたーくさんガソリン積み込んだってガソリン減らないんですから。

 じゃあ、たくさん食べられる今の食生活で食べ過ぎ気味なら体を高燃費のF1カーみたいにしちゃえば無駄な脂肪も落ちやすいってわけ。

 ・・でも、今日はその前に。

 どうせ燃やすなら燃えやすいところから燃やそうってことで、落ちやすい脂肪と落ちにくい脂肪について。

 難しいところは飛ばしっちゃってざっくり言えば

 内臓脂肪は落ちやすくって、皮下脂肪は落ちにくいってこと。

 内臓脂肪は内臓の周りにつく脂肪でお腹がぽっこり出ているけど皮下脂肪みたいにつまんでもぷにゅってならない脂肪。
 これも適度な量ならアディポネクチンっていうインスリン分泌や動脈硬化を防いで、血圧を下げる良いたんぱく質を分泌してくれるんだけど、内臓脂肪が増えすぎると逆に分泌を減らし、INF-αっていうインスリンの効きを悪くして高血糖のもとになる物質を出しちゃうから糖尿病にもなりかねない。

 内臓脂肪の落とし方はは軽度な負荷で(2、30分以上歩く、縄跳びなど)比較的簡単に落ちるので通勤時なんかに電車の駅を帰りは1駅分ちょっと足を高めにあげて歩くとかを毎日、無理なく続けることがコツ。

 大事なことは軽度な運動でも習慣的におこなうこと。習慣的に行うことで筋肉がつき代謝もその分上がっていくんです。

 いつまでも健康でいるために、ぜひ実践されてみてはいかがですか?

                moto

  
 
 

  

ダイエット講座 その① 適正体重ですか?

 (⊹^◡^)ノo゚。*こんにちは。

 暦の上では秋、朝晩は少しずつ涼しくなってきましたね。

 夏場は食欲も落ち気味ですが秋は冬に向けて食欲が増進します。

 実りの秋、天高く馬肥ゆる秋、食欲の秋・・。

 美味しいものが手軽に食べられる昨今、誘惑がいっぱいです。

 そもそも人類の歴史は飢餓の歴史だったから、人間の体はなるべくエネルギーを貯め込むように なっています。何世代もかけてそういうカラダになったのだから急に好きなだけ食べれる時代になったってカラダは急に変わりません。

 戦後まもなくは日本もそうでしたが、いまだ饑餓状態の国もある一方、先進国では好きなものをお腹いっぱい食べれる、そんでもって何でも自動化されて楽ばっかりできちゃうからメタボリックシンドロームなんて言葉もあたりまえになってきました。 

 で、糖尿病とか、脂質異常症とか高血圧とかが問題になってきちゃう。過ぎたるはな及ばざらずが如し、です。
BMDHD61CAAABoxH

  
 

 贅沢な話ですが適正体重は維持できるように適度な運動、節制が必要になってきます。

 まず、適正体重を知りましょう。

 一般的に健康体重の目安としてBMIが有名です。

 計算方法は 体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)。

 身長160cmで体重60kgの方なら60÷1.6÷1.6で23.4になります。

 下記の表が判定基準。 

  
 日本肥満学会の判定基準(成人)
指標判定
18.5未低体重(痩せ型) 
18.5~25未満 普通体重
25~30未満肥満(1度)
30~35未満肥満(2度)
35~40未満肥満(3度)
40以上肥満(4度)

 あなたは如何だったでしょうか。

 18.5~25未満なら統計上病気にかかりにくいとされています。

 18.5未満の方、無理なダイエットしをしていませんか?

 25以上の方、ちょっとダイエットに挑戦してみませんか?

 長くなってきたので続きは今後ちょこちょこ書いていきます。

 
 それでは今日もすてきな一日になりますように!
 
               moto 

 
 
女の子ブログも要チェック