2014年2月12日野沢温泉スキー場に行く。
日影ゲレンデまではスノーモービル。
DSC_0188
リフトに乗り「上の平ゲレンデ」に到着(標高。1220m~1410m)
雪景色が素晴らしい。ここから雪化粧した林の中。滑走距離2000m。パウダースノーの緩斜面は気持ちがよい。
DSC_0192DSC_0189DSC_0191

DSC_0194DSC_0196DSC_0197DSC_0198
上の平コースを降りるとパラダイスコース(標高1220m~1410m)滑走距離1200m。
遠くの雪山が綺麗。広いコースは初心者にとっても安全で快適だ。
上の平コースより急だがゲレンデが広く、蛇行して進めば初心者も楽しめる。
初心者にとってはスピードが出せ練習に良いコースだ。
DSC_0199DSC_0200DSC_0202DSC_0203
パラダイスコースのリフト乗り場
DSC_0204
パラダイスコースを降り、右折すると林間コース(標高660m~1075m)。ここも滑走距離5000mと長く景色もよく満足度も高い。緩いコースで初心者も安心して楽しめる。
DSC_0205DSC_0206DSC_0207
雪の山道をゆっくりと快適です。ほとんど勾配のない個所もあり手前で速度を上げるなど速度調整も必要。
DSC_0208DSC_0209DSC_0210DSC_0211
それほど混みもせずぶつかる危険性も無い。

DSC_0216DSC_0217

5000mの林間コースを滑り日影ゲレンデに到着。往路はスノーモービルで来た道をスキーで戻る。
スキー初心者にとっては時間もかかる分、充実感があり冒険気分の一日でした。
スキー場は外国人も多く、外国人のスタッフもいます。ゲレンデ受付の壁に地図が貼ってあり、どの国から来たかピンを打つようになっています。それを見ると
オーストラリア、カナダ、ヨーロッパ、アメリカからのビジターが目立ちます。
特にオーストラリアの東側は多いです。聞くところによるとオーストラリアには林間コースが無く。野沢温泉は大人気だそうです。
平日のゲレンデはまるでヨーロッパリゾートにいるようです。
DSC_0219DSC_0220DSC_0221
2月14日。宿の朝食。美味しかったです。
DSC_0223
野沢温泉街で温泉まんじゅうと野沢菜を買いました。
昼食は温泉街で。食堂も外国人が目立ちます。でもこれは平日のことで、休日は日本人が多いそうです。
宿からゲレンデまで道行く人は欧米人ばかりで外国にいるようです。
外国人観光客が増えていると聞きますが、平日のスキー場の外国人比率の多さには驚きました。
DSC04833H
宿泊した宿です。雪景色は綺麗ですが、雪おろし大変でしょう。
屋根から大きなつららが垂れ下がったり、久々の雪景色満喫しました。
DSC04843HDSC04844HDSC04841HDSC04842H
上里に着いたのは2月14日18時36分。
大雪でバスは途中で止まり、在来線も動かず新幹線で帰りました。上越新幹線は雪に強いらしく動いて良かったです。横浜も雪国状態で吹雪の中を歩いて帰りました。これもめったにないことで楽しい思い出です。
DSC_0226DSC_0228DSC_0229