TOP | カテゴリメニュー TRPG NEWS | 月間予定 | 週間予定 | TRPGアイテムレビュー | ノンジャンルレビュー | RSS

20090128
オンラインセッション環境「どどんとふ」レビュー前編
dodo_19みなさんは「どどんとふ」ってご存知ですか? POPUP TRPGでもたびたび取り上げてきましたオンラインセッション環境ですが、これが中々の優れもの。でもメジャーさはいまひとつ。今回は前後編に分けて「どどんとふ」のレビューです。
さて特集記事です。今回は「どどんとふ」!
みなさんは「どどんとふ」を知っていますか? いまだ知名度はメジャー級ではありませんが新進のオンラインセッション環境です。
TRPGも多様化してきてプレイ文化も様々な実がなっています。その中でも成長著しいのがオンラインセッション関係。10年以上前からオンラインセッションは存在しましたが(natumeがはじめてオンラインセッションを行なったのは1994年です)、ここ数年でTRPGゲーマーの無視できない割合がオンライン経験をつんだかと思っています。
ただでさえPOPUP TRPGはWeb上のサイトですから、オンライン文化には興味が大きいのです。

そんな流れの中で新しく生まれ出ようとしているのが「どどんとふ」です。
まずは簡単な特徴を紹介しましょう。

・インストール不要のWEBツール。IEだけでプレイ可能。
・チャット、マップ表示、ダイスBot、さらにはトランプなどのカード管理が出来る総合的なオンラインセッション環境。

以上2点です。「簡単、手軽」で「オールインワン」。「欲しかったものは全部ある」なツール「どどんとふ」。ベタ褒めですが、とても良いものですよ。

しかし、「どどんとふ」はいまだメジャーでないのも事実。
今回は「どどんとふ」の機能解説(初心者編)を通して、このツールを紹介して行きたいと思います。

linkdotまずは潜入。
何はともあれ、「どどんとふ」を使ってみようと思います。こういう時にインストール不要は嬉しいですね。ここをクリックしてください。始めの画面に飛べるはずです。

dodo_02
ここはロビー画面。お知らせや部屋の一覧が出ています。「どどんとふ」でのセッションはこの部屋の中で行なわれます。
今回はお試しなので、実験用の「プレイルームNo.0」にはいってみます。

dodo_04
中に入るとそこはこんな感じでした。多機能な「どどんとふ」なので、画面にはいろんなウィンドウがあります。最低限のものは少ないのですが、丁度良いのでここで簡単に説明をしましょう。

メニューバーです。ここにいろんな機能のメニューがあります。Windowsの基本的な構成と一緒ですね。
ここがMAP表示画面です。「どどんとふ」ではフロートなウィンドウデザインなので、ベースはこのMAP表示域なんですね。ドラッグで移動させたり、ホイールで拡大縮小表示(!)も出来ますよ。
ここはチャットウィンドウ。名前をつけて発言するほか、ダイスボットの指定なんかも出来ます。
ここはイニシアチブ管理ウィンドウです。D&Dやアリアンロッド等行動順を管理する必要のあるシステムでは、このウィンドウが便利。
ここはダイスウィンドウ。チャットで「2d6」なんて表記をすればダイス機能は使えますが「サイコロを振ってる感触が重要だ!」なんてひとはここからダイスをチョイスして画面を転がせます。

linkdotシンプルチュートリアル
――とはいえ、「どどんとふ」初心者には、画面に一杯ものがあると混乱してしまうこともありそうです。
ここは初めての「どどんとふ」ということで思い切ってシンプルに構成してみましょう。
メニューから「表示」を選択。このなかにウィンドウの種類が表示されています。現在表示されているウィンドウにはチェックマークが付いているので、「MAP表示」と「チャット表示」以外は全部外してみてください。

ついでにチャットウィンドウを見やすい位置に動かすと……こんな感じです。すっきり! このウィンドゥだけでも基本的なTRPGのセッションは何の問題もなくプレイできます。
dodo_05
では実際にコマを置いて見ます。メニューから「コマ」→「キャラクター追加」を選択。

dodo_06
コマ画像の倉庫が現れます。上のリストから選んで、名前をつけて「キャラクター置き場」が画面に現れます。ここからMAP上にドラッグ&ドロップしてやればコマ追加完了。
ちなみに、このとき「複数作成」にチェックをしておけば、同じキャラクタを番号付きで複数作成できます。ゴブリンだのコボルトだのをたくさん出したい時に便利。

dodo_07
これが実際にコマをおいてみたところ。もちろんコマを掴んで動かせば、すぐに別のスクエアに移動させることが出来ますよ。
FEAR製ゲームではエンゲージといって同じスクウェアに複数のこまが入ることもありますが、「どどんとふ」でもその再現が可能です。コマが重なっている場合、カーソルを上に当てれば横にずれて表示されます。
dodo_08
また一時的にコマを退避するためにMAP領域の実MAP外側にコマを置いたり、透明度を上げて背後の地形を透かして見たりすることも可能です。
dodo_09
せっかくなので、MAP画像使用もしてみましょう。今回はアップロードもテストしてみました。
dodo_10
メニューから「マップ」→「マップ変更」から新しい画像を選びます。画像ではなく、白地図を追加することも出来ますよ。更にその画像に合わせたマス数を入力して「設定」をおせばOK。

今回は初めての「どどんとふ」ということで、機能を絞って紹介してみました。どどんとふはこれ以外にも、リプレイ録画機能とか再生機能とか立ち絵カットイン機能なんかもあったりで、相当盛りだくさんなオンライン環境です。
後編は明後日1/30を予定しています。後編では「どどんとふ」ならでは面白い機能と、どどんとふの今後についてレビューしてみたいと思います!

公式へのリンク
どどんとふ公式
http://www.torgtaitai.com/software.html
プレイサーバー
http://torgtaitai.s99.coreserver.jp/DodontoF/DodontoF.swf
来ヶたいたいキングダム(開発者blog)
http://www.torgtaitai.com/tDiary/

この記事にコメントする

名前:
URL:
 
 

D&Dの祭典DAC応援中

Archives
記事検索