September 26, 2012

2012の終末論

アポカリプスを想定し、様々な予言が交錯している

年、2012年は本当に終末となるのであろうか?


確かに近年の地球的規模での潰滅的な災害は、


アポカリプスのプレリュードでもあるかのように次第に


確信へと遷移してきているかも知れません。


特に我々日本人は、昨年の3月11日の東日本大震災の


惨劇を目の当たりにし、その思いは、より一層強いもの


となっているかもしれません。



今、別の視点からそのテーマに迫りたいと思います。


NASAや学者の天体観測等により、近年、冥王星は惑星


から外され准惑星になりましたが、今から36年程前に


シュメール文明研究家の第一人者のゼカリア・シッチン氏は、

シュメール人が残したピクトグラフ(象形文字)を読


み解き「The 12thPlanet」を上梓し、世間を仰天させました。


その内容は我々人類の創世は、ある惑星(ニビル)の人々


(アヌンナキ)から創造されたという荒唐無稽とも思える


ものでした。


ご興味がある方は、日本で17年程前に「謎の惑星ニビルと


火星超文明」が学研から出版されていますので、Amazonと


かで入手できたりします。


その中でその惑星(ニビル)をPLANET-Xとして紹介しています。


ゼカリヤ・シッチン氏の学説に基づき、2007年にそれを更に


独自に敷衍させたPLANET-Xをジェイセン・ランド氏は、出版


しました。 その著作の中で約3600周期の惑星PLANET‐X


(Brown dwarf茶色の矮星)に関して様々な切り口から、


そのbrown dwarfの接近により、その周期と重なるように


地球に重大なダメージを及ぼす事の可能性があり、地震、


火山の噴火、自然災害等の地球的規模な大災害が起こりうる


と説いています。 その原因を地球のpole shift(北極南極の


極軸が入れ替わる)で起こるかも知れないと仮説しています。


確かに世界の地震、自然災害等は巨大化し、最近、世界各地の


火山の噴火が目立ってきています。(2012年7月24日桜島、


9月9日ニカラグアのサンクリストバル火山、9月14日グアテマラ


のフエゴ火山等)この現象をどう捉えるかですが、取りあえず


備えあれば憂いなしですかね。


NASAは2009年にPlanet-Xの存在とその及ぼす影響を全面的に


否定しています。
 
しかし、シュメール人のピクトグラフから読み解いた、


ゼカリア・シッチン氏の文献は大変興味深いものがあるのは


確かですね。



true_gate at 20:42 この記事をクリップ!

January 12, 2012

業(カルマ)を解き放て・・・

最近、自分の前世の事をよく想い浮かべています。

もちろん想像の域を超える事はないでしょうが、今の自分を

自己制御できないのは、やはり、カルマに依拠するところ、

前世の所業が知らず知らずの内に作用しているのではと諦観

にも似た想いを抱くようになり、思い通りの人生を生き抜く

には、カルマを解き放つ以外になかろうと想いつつ、しかし、

あの世の秩序(アカシア)が存在している限りカルマからの

開放は難しそうである。




ここで、前世などバカバカしいと考える人も少なからずいる

かもしれませんが、特にインド国内での考証で仏教での輪

廻転生を確信づける事実が文献に残されています。 日本

でも翻訳本があります。「前世を記憶するの子供たち」とい

う本ですが、なかなか興味深いものでした。




さて、英国にコリン・フライという霊媒師(ミディアム)の

方がいらっしゃいますが、この方は輪廻転生を否定せず、そ

れを受け入れてポジテブに構えることで、どんな逆境でも、

明るい幸運が舞い込んできますと助言しています。

それがまさに

『あの世の天使に助けられて生きよ!』
by Colin Fryです。


true_gate at 02:52トラックバック(0)五次元宇宙 この記事をクリップ!

December 23, 2011

あなたのテーブルにドイツワインを!

先日、待ちに待ったボジョレ・ヌーボー(Beaujorais


Noubeau)が解禁されましたね。


ご存知とは思いますが、ワインの生産量はフランスよりも


イタリアの方が多く、世界No.1の生産量となっております。


と言う訳ではないですが、ヴィノ・ノヴェロ(Vino Novello)


は、やはりイタリアワインの今年の新酒ワインですが、


ボジョレ・ヌーボーに先んじて11月6日に解禁されて


います。しかし、ボジョレ・ヌーボー程に日本での知名


度は高くないので、店先ではお目にかかることはあまり


ないですね。


さて、表題に戻りますが、は何故この時期にドイツワイン


なのかですが、その生産量も世界No.8なのですが、あまり


ワインに詳しくない素人でも、容易にTPOにあわせて料理


に合うワインが無難に選定できるからです。


どうしてかと言いますと、ワインが全てランク付けされてい


てラベルを見れば、一目瞭然に見分けられるからなのです。


ドイツ人らしいですね、なんでもシステマチックになって


いないと気が済まないのですね。



ドイツワインを大きく分けると


<ターフェルヴァイン> <クーベーアー> <クーエムピー>
  (Tafelwein)      (QbA)      (QmP)


の3つです。



ターフェルヴァインはテーブルワインでお求め易い低価格


です。さらにクーベーアーよりクーエムピーはより等級が


上となっています。



<ドイツワインの等級表>
--------------------------------
(Tafelwein)
・Deutsher Tafelwein
・Landwein
--------------------------------
(QbA)
-------------------------------
  (QmP)
・Kabinett
・Sp&auml;tlese
・Auslese
・Beerenauslese
・Trockenbeerenauslese
・Eiswein
--------------------------------
(※下端ほど等級が上)



ターフェルヴァインは


①ドイチャーターフェルヴァイン(Deutsher Tafelwein)
②ラントヴァイン(Landwein)


の2つにさらに分類されます。
(※上記ドイツワインの等級表参照)



クーベーアーに分類はないです。



クーエムピーは


①カビネット(Kabinett)

②シュペトレーゼ(Sp&auml;tlese)
③アウスレーゼ(Auslese)
④ベーレンアウスレーゼ(Beerenauslese)
⑤トロッケンベーレンアウスレーゼ(Trockenbeerenauslese)
⑥アイスヴァイン(Eiswein)


の6つに分類されます。 



特にアイスヴァインは冬の夜も明けない早朝に摘み取られた


凍った葡萄から作られる逸品で、一度味わうと忘れられない


ワインです。


チーズにソーセージそれと塩漬けの豚すね肉の


煮物アイスバインも添えればおいしさ倍増ですね!
   (Eisbein)



ワインのアイスヴァインと煮物のアイスバイン似たような名


前なのでお間違えなきように。


くれぐれもオーダーの時には、肉かワインかを明確にして下

さいね。



これであなたもドイツワイン通ですね。



true_gate at 22:47コメント(0)トラックバック(0)季節のイベント この記事をクリップ!
Profile

Nao

JWordクリック募金


Search
Weather
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QR code
QRコード
  • ライブドアブログ