鮎川です。


昨年の話ですが映画「ボヘミアンラプソディ」を観にいきました。

image1 (007)

インスタグラム等で昨年の夏あたりから出ていて自分は世代で小中学校のころ
ファンだったということもあり、かなり久々に映画館に足を運びました。
最初は近くの映画館、あとは新宿で胸アツ応援上映(ライブ感覚でみるスタイルです)
で観にいきました。

内容自体はおもしろかったし世代的に感慨深いものがあったのですが
正直なところこんなに人気がでると思わず、若いひとの「感動した!」の
ツィートをみてむしろビックリした感じです。

この時期は小中学校で運動会のシーズンですが、身内で教員がいるので
運動会の話題になり、動画やテレビをみていると(主に小学校)
ダンスや組体操のBGMに「We Will Rock You」や「We Are the Champions」が
かかっていて本当に全世代に浸透しているのかなあと感じました。
1977年発売のアルバム「New of the World」の1曲目と2曲目なんですが
もう40年以上前の曲なのに古さを感じないのはすごいですよね。


ちなみに組体操いろいろケガの問題とかで話題になることがあると思うのですが
組体操を運動会で行う場合は届出が必要なんだそうですよ。(行政によって違うかも
しれませんが)
あと、熱中症対策で来賓以外の見学席でもテント張っていたり(フェス型というらしい)
午前のみとか・・・運動会もいろいろ変わりつつあるんですね。

では。