メルマガでは、不動産投資に関する質問を受け付けていますが、今日は過去に頂いた質問の中から、特に閲覧数の多い質問を取り上げていきます。
 

【質問】

「擁壁のある物件は、どのような注意点がありますでしょうか?」

 千葉で物件を探していたところ、築 34 年の戸建てを紹介されました。想定家賃は低く見積もって 7 万、固定資産税評価額 500 万、古いわりに綺麗な物件を 300 万でと言う話でした(表面利回り 28%!)


 安い理由は、土地の一面が高さ 5m(横幅は 5m くらい)の擁壁に面しており(隣家が擁壁の上にある。擁壁は隣家の敷地内。)建て替えの際はこの擁壁のことでお金がかかりそうなため、買い手がつかなかったみたいでした。


 出口を考えるため、現在ハウスメーカーに建て替え時に擁壁にかかりそうな費用を割り出してもらっています。(採算に会わなければ、投資家への売却か・・)擁壁問題のある物件への投資について、考え方や注意点を教えてください。



【ななころの回答】 

 築古とはいえ、戸建てで土地付きで 300 万円は、とても興味深い物件ですね!?

 このようなちょっと問題のある物件は、問題をクリアできる可能性があれば、お宝物件に変わる可能性があるので、私も嫌いではありません。


 さて、隣地などとの間に高低差があるときに造られる「擁壁(ようへき)」ですが、すでに擁壁のある中古住宅や土地を購入するときには、どのような注意が必要でしょうか。

 擁壁に関する注意点は意外と多いので、下記の通りまとめます。

▼続きはコチラ


 
◆あなたからの質問をお受けします。

 ライフデザイン実践会特別メルマガでは、読者からいただいた質問に対して、ななころ自身が直接回答しています。

 不動産投資に関するありとあらゆる質問に対して、10年以上の不動産投資経験と、これまで1000人以上の相談に乗ってきた経験から、丁寧にアドバイスしていきます。

 あたながライフデザイン実現するために、役立ててもらえると幸いです!


 皆様より頂いた質問やご相談に、ななころが答え、解説をします。

・「○○について、ななころさんはどう思いますか?」
・「○○について、どう解決したらいいか悩んでいます。。。」
・「○○な時、ななころさんだったらどうしていますか?」など...


 質問への回答は、毎月25日ごろとなっております。※質問が無い場合は、配信無し
 

ライフデザイン実践会 特別メルマガ 
ライフデザイン実践会 特別メルマガ
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください