楽待コラムの執筆を再開した1つの理由は、
深刻な相談が増えてきたから。

深刻な悩みを抱える人を助け、増やさないため。


今年10月に、「不動産投資リカバリー戦略セミナー」を開催した。


このセミナーは、主に不動産投資を始めたけれど、
あんまり儲かっていない人に向けたセミナーだった。


不動産投資は、夢を語るような煽り広告も多いため、
実際にやってみて初めて現実に気がつくことも少なくない。


購入前の業者の説明とは大きく違い、
「まるで儲かっていない・・・」という人も多い。


(もちろんちゃんとやれば夢のような不動産投資は可能。)

(僕は家賃収入のお陰で、今こうして自由に生きている。)



さらに危険なのは、儲かっているのか、危機的な状況にいるのか、
自身では分かりにくいところだ。


今一度、自身の投資戦略を見直しして、
リセットするためのヒントを与えるセミナーだった。


いつもは都心で開催するが、
今回は大宮という遠方での開催だった。


それにも関わらず多くの方にご参加頂き、
関心の高さを感じた。


その参加者の1人からとても深刻の相談を受けた。


物件の状況を聞くと、まるで儲かっていない。


ある不動産投資の高額塾の会員になっていて、
合わせて3棟を購入していた。


しかし、その物件すべてが危険な状態。


新築2棟アパートは、2室以上空いたら赤字。

今はなんとか返済とトントンぐらいの収支。


中古1棟マンションは、空室だらけの状態。

赤字を垂れ流している。


セミナーに参加して、深刻さを理解したそうだ。


詳細はここではお話しできないが、
正直言ってこれはひどい。


6b0f27877fcce280a4cd34250f566078_s



勉強せずに塾の主催者や業者の言いなりで、
このような物件を購入してしまった本人も悪い。


しかし、あんまりだ。


完全に主催者、業者、銀行がタッグを組んで、
型にはめにいっている。


だから、助けることにした。


すぐに満室へのアドバイスを授け、
売却に得意な不動産業者につないだ。


リカバリー戦略としてはこうだ。

1.まず満室にする

2.順に物件を売却する

3.合わせて借り換えを打診する


あとは本人次第。

出来る限りのことをやるだけ。


もちろん多少の傷は覚悟しなければならない。


でも傷口が膿んでしまう前に、
適切な処理を施せば、傷は治る。


大丈夫。

過去に相談を受けた人で、
何人もリカバリーができている。


あとはやるだけだ。


メルマガではもう少し具体的に話しをしようと思う。



◆追伸

楽待コラムを読んで頂いて、役立ったら、
「この記事は役に立ちましたか?」で、
「はい」とタップしてほしい。


タップするのはちょっと手間ではあるので、
もし役立たなかったら何もしなくてもOK。


ただ、もし少しでも役立つところがあれば,
「はい」をタップしてもらえると嬉しい。


【楽待コラム】

#1「不動産投資で成功する人の共通点とは?

#2「不動産投資で成功する人の共通点とは?