これまで14名のかぼちゃの馬車オーナーより、
問い合わせ相談が入りました。


そのうち半分の7名からの返信。

半分の7名は一切返信なし。


返信のあった7名のうち、
実際にお会いすることになったのは5名。


お会いするに至らなかった方2名は、
「遠方なので・・・」ということで辞退。


「えっ?遠方なんて言ってられる状況じゃないのでは!?」

と思いましたが、仕方ありません。



お会いすることになった5名のうち、
1名の方は「仕事のトラブル」を理由に、
当日直前にドタキャン。


私はすでに相談を受けるカフェで待っていました。


「仕事のトラブルと人生のトラブル、どちらが緊急事態ですか?」

などと思いましたが、仕方ありません。



そして、実際にお会いして相談を受け た4名のうち、
感謝の意があったのは2名のみ。

特にその場でお礼も、お礼メールすらありません。


かぼちゃの馬車オーナーも大変な事態で、
心に余裕が無いと思いますので、仕方ありません。


ただ、貴重な時間を使って、
無償で相談に乗るのはやめようと思いました。


何かを求めていたワケではありません。

カフェ代すらも自分の分は自分で払ってます(笑)。


私のアドバイスが役立たなかったということも、
あるかもしれません。


「なんとか救ってあげたいな」
という思いだったのですが、
虚しく思えてきました。


全員が全員、そんなことは無いのでしょうが・・・。



ということで、腹を立てることでもないので、
かぼちゃの馬車のオーナーの相談に乗るのを、
止めることにしました。


今後もし相談に乗るとしても、
「きっちりと高い報酬を払って頂ける方」か(笑)、


無償で相談に乗るにしても、
「信頼できる人間関係を結べる方」だけに、
させていただこうと感じた次第です。


とはいえ、今相談に乗っている方は、
引き続き全力でサポートしてきます。



0d4304a4763f49bec3c2bdc55729475b_s



◆ありがとうの意味

ところで、以前、
小学生の息子に教えられたことがあります。

記事を書いていて思い出しました。


「ねぇ、パパ、ありがとうって何で言うか知ってる?」


その日の学校の道徳の授業で習ってきたのでしょうか。

突然、息子が私に質問してきました。


大人的なうんちくを返しても面白くありません。

素直に息子に聞きかえしてみました。


「えっ?なんで言うの?」


すると、息子は、

「あのね、「あなたの気持ちを思っていますよ」ってことを、
 伝えるために言うんだよ。」

と少しドヤ顔をしながら教えてくれました。




◆英語の「Thank(ありがとう)」の由来


そこで、私も「ありがとう」の由来を、
ちょっと調べてみることにしました。


日本語では「有り難い」からきているなどと言われますが、
英語の「Thank」はどうなのでしょうか?


すると、サンク「thank」はシンク「think」(考える、思う)に通じ、

「サンキュー(thank You)」は、

「あなたのことを思ってますよ(think about you)」

という意味が込められているそうです。


「あなたからのご恩(親切)に感謝していますよ」

といった相手を思いやる心なのでしょう。


まさに息子が言っていたことと同じでした。


ドイツ語の「ダンケ(Danke)」も同じような由来だそうです。



こうした

「ちょっとしたことなのですが、
 とても大切にしないといけないこと」

をこれからも大切にしていきたいなと感じた次第です。


559ff8984d1aa145753c65fccf109eaf_s