改ざん、改ざん、また改ざん。


財務省が決裁文書の書き換えを行っていたことが明るみになり、
とんでもないことになってきています。


嘘を正当化するために嘘を重ね、
ついに嘘が破綻してしまったと報道されています。


一方で、かぼちゃの馬車でも、
融資を受けるために、
改ざんが行われていたとされています。


預金残高を10倍以上に膨らませたり、
業者に多額の頭金を振り込んだりしたように
書き換えた例もあるようです。


多額の預金や頭金の支払い能力があるように見せかけ、
融資を引き出しやすくした可能性があるのです。


結局、かぼちゃの馬車は破綻して、
その嘘も破綻してしまいました。


まだ、改ざんを
「誰が行ったのか」「誰が知っていのか」
については明らからになっていません。


それにしても、日本の世の中は、
いったいどうなってしまったのでしょうか・・・。


======

 こうさぎの”ましろ”は、サンタクロースのすぐ近く北の国に住んでいるため、毎年クリスマスには一番最初にプレゼントをもらいます。


 さっそくプレゼントでもらったお菓子を、すぐさま食べ終わってしまった”ましろ”は、もう一つプレゼントが欲しくなります。


 “ましろ”は、しろい体に炭をぬりつけて、別のうさぎの子のふりをして、もう1つプレゼントをもらうことを考えます。


 サンタクロースは、”ましろ”の嘘に気づきながらも、袋の中に残っていた種をひとつ、”ましろ”にあげました。”ましろ”は大喜びでサンタさんのもとを去り家に帰ろうとします。

 
 ですが、そこで恐ろしいことに気づいてしまうのです。

 
 おくりものを手にいれたあと、ましろは炭をおとそうとして、払ってもこすっても黒色がとれなくなってしまったのです。急にこわくなります。


 「どうしよう。ぼく、ほんとに“ましろ”じゃなくて、べつのうさぎになっちゃったのかしら。」


(絵本『こうさぎましろのお話』より)

_SX412_BO1,204,203,200_

=====


この本は、子どもたちに、
いろいろな気付きを与えてくれる本です。


嘘をつくことによって、
自分が自分でなくなってしまうことに、
子どもたちは怖くなります。


小さな嘘が、ちょっとづつ大きな嘘になり、
やがて自分の存在が嘘になっていく。。。


そして、罪悪感に苛まれ、
その後ずっと苦しむことになるのです。



聖人君子のような人は誰もいませんし、
私だって嘘をつくことはあります。


「嘘はついてはいけない」

なんて偉そうに言うつもりはありませんが、


「嘘をつくと、嘘に合わせようと自分が変わってしまう。」

ということは、大人の私たちも認識して、
嘘をつかないといけないと感じた次第です。



◆編集後記

「嘘をつくと、嘘に合わせようと自分が変わってしまう。」


実はこれ、裏を返すと、
成功するためにとても重要だったりもします。


実際に自分にたとえ能力がなくても、
「私はできる!」と自分に嘘をつくことで、
本当にできるようになってしまうこともあります。


これは脳科学的にも証明されています。

脳は、嘘か本当かは区別がつきません。


ですので、自分が本当だと信じたことが、
現実になっていくのです。


「人が、言う」と書いて、
「信じる」という漢字ができているように、


本当であろうが、嘘であろうが、
口に出したことに合わせて、
自分が変わっていくようにできているのです。

面白いですね。


=====

もうね、暗示かけちゃうの自分に。

「オレは才能あるんだ」

「素晴らしいんだ」と思わない限り

やってられないもんね。

 

自分が「ちょっと、僕は・・・」という奴は

人の前で唄う資格ない。

(矢沢永吉 語録より)

=====