◆メルマガで廃業(倒産)を告白

昨夜の水戸大家さんのメルマガを読んで、
驚かれた方も多かったのではないでしょうか。


今年1月のかぼちゃの馬車問題以降、
メルマガではいつもの景気の良い話しから一転、
ネガティブなネタが多くなっていました。


大阪事務所の撤退や、
従業員の大量リストラの話しがあったかと思うと、

突然、6月下旬に、
「破産しました」というような、
Youtubeに動画をアップして周囲を驚かせました。

(これは半分ネタだと思っていますが・・・)


〜 メルマガ記事一部転載 〜

昨日、管理会社売却のお話をしましたが、 

今日はもう1つ大切なお知らせがあります。 


それは何か?というと、 

株式会社水戸大家さんですが、 

9月末をもって解散することにしました。 


(2018年8月1日 水戸大家さんメルマガ記事より)

〜 ここまで 〜

スクリーンショット 2018-08-02 17.53.08


◆記事を書くか悩みました・・・

今日の記事は、正直最後まで書くか悩みました。

まだ本当のことかどうかは、
判断できなかったからです。


過去の行動を見ていると、
人の注目を集めるためには、
いろいろなことをやる人です。

(良い意味でも悪い意味でも)


今回の件も、まだ信憑性を確認できないため、
この段階で記事にするか悩んだのです。



◆本当に融資は厳しくなっているのか?

メルマガの記事の中で、廃業の理由を、
「融資の引き締めによる、売上減少」としています。

そもそもそこに違和感を感じるのです。


たしかに、2年ほど前からの融資の引き締め、
そして今回のかぼちゃの馬車問題以降、
融資が徐々に厳格化されているのは確かです。


SBJ銀行は完全に1棟ものへの融資を止めてますし、
スルガ銀行もほぼストップしています。


融資関連の書類が厳しくなっているのも確かです。


それでも、依然として、不動産投資に、
融資をしている銀行はたくさんあります。

まったく融資姿勢が変わっていない銀行がほとんどです。


7月のセミナーと、
ライフデザイン実践会の会員さんから頂いた情報で、
銀行27行分のデータをまとめて、確証も得ています。


融資が厳しくなったのは、
本来融資を受けられなかった人が、
従来通り融資を受けられなくなっただけだと考えています。


ですから、「融資が厳しい、厳しい」というのは、
少し解せないところがあります。


ましてやあれだけ派手にお金を使い、
儲かっていた(はず)会社です。


ちょっとやそっと融資が厳しくなったことが、
廃業に追い込まれた原因というところに、
特に違和感を感じたのです。


では、なぜ水戸大家さんは、
廃業に追い込まれる事になったのでしょうか・・・。

(次回につづく)