◆NHKクローズアップ現代にて放送

昨夜(2018年10月10日)、
NHKクローズアップ現代にて、

「追跡!スルガ銀行問題 〜超低金利時代の“闇”〜」

が放送されました。


放送の前半では、

・スルガ銀行で行われていた不正の実態

・かぼちゃの馬車オーナーのその後

・スルガ銀行で日常茶飯事的だったパワハラ

・スルガ銀行の営業部門が暴走した構図


といったところが報じられていました。


既出の情報が多かったですが、
あらためて今回の問題を振り返ることができました。

スクリーンショット 2018-10-11 18.08.55



◆かぼちゃの馬車オーナーへの同情

かぼちゃの馬車オーナー達が、
不勉強だったのは間違いありません。


しかし、かぼちゃの馬車オーナーにも、
同情する部分はあります。


不動産業者からの説明だけでなく、
銀行が同席してこのように説明されたら、

これまで不動産に関わったことがない人は、
銀行の体質などを理解していないでしょうから、
信頼してしまいますよ。。。



スルガ銀行員

「スルガ銀行は個人向けにフォーカスしてやっているので」

「この物件に関してはちゃんと融資をすることができます」

「物件の入居率に関しては
 今後も私たちが定期的に見ていくので大丈夫です」


スクリーンショット 2018-10-11 10.36.24

スクリーンショット 2018-10-11 10.36.35

スクリーンショット 2018-10-11 10.36.47


インタビューを受けている、
かぼちゃの馬車オーナーも言っていますが、

かぼちゃの馬車オーナーが返済できなくなったら、
困るのは自分たち「銀行」ですから。。。


蓋を開けてみたら、
まさか銀行員やその上司たちは、
自分たちの保身のためだけにやっていたなんて。



◆スルガ銀行員たちへの同情

一方で、スルガ銀行の行員たちへも、
同情する部分はあります。


遅かれ早かれこうなることは、
目に見えていた。

頭の良い銀行員ならなおさら分かっていた。


それでも正常な判断ができなくなるほど、
スルガ銀行の行員たちも、
また追い詰められていたのでしょう。。。


「家族を殺すぞ」などと言われたら、
精神的にキツイですよ。


私はサラリーマン時代、
もっとひどいパワハラを経験してますから。

スクリーンショット 2018-10-11 10.41.06



◆これが不動産投資

取材に応じいてた、
かぼちゃの馬車オーナーの奥山一郎さん(仮名)。


現在の家賃収入は月15万円。

銀行への返済額は月64万円。

毎月49万円の赤字だそうです。。。



スクリーンショット 2018-10-11 10.34.08



家族を安心させるために始めた不動産投資が、
一転して、家族の将来を不安にさせる不動産投資と、
なってしまいました。


少しでも支出を抑えるために、
物件の清掃や備品の補充など、
自分でできることは自分でやっているそうです。


「なんでこんなことやってるんだろう・・・」

そう奥山さんは呟いていました。

スクリーンショット 2018-10-11 10.34.48



しかし、成功する大家さんの多くは、
ここからがスタートなのです。


少しでも支出を減らすために、
利益を最大限にするために、
お金の無いうちは自分でやっています。


お金が無いから、
自分の時間と労力を費やしています。


軌道に乗って利益が出せるまでは、
みな苦労と努力しています。


「苦労・努力 → 儲かる!」


根性論のようですが、
その順番を間違えてしまうと、
おかしくなってしまう。。。


これが不動産投資なのだと思います。


今すぐ楽して儲かる不動産投資は、
一部のお金を持っている人たちか、
たいして儲からない投資なのです。



◆えっ?その不動産投資、大丈夫?

そして、番組後半では、
ある女性不動産投資家について、
取材をしていました。


女性は不動産投資を始めて、
良いクルマを買い、
生活が豊かになったと言います。


まるで不動産投資の成功モデルのように、
番組で紹介をされていました。

スクリーンショット 2018-10-11 10.53.03


しかし、その投資の中身を見て、
少々不安になりました。。。


長くなったので次回に続きます。

(つづく)

メルマガも合わせてお読みください。