不動産投資でライフデザインを実現するには、

二つの要素の掛け合わせがあってこそ、

初めて達成すると僕は考えています。


1つは「実践力」です。


ここ5年で、不動産投資が、

サラリーマンの間で一気に浸透して、

行動する人が増えました。


サラリーマン属性を活かして、

数千万円どころか、

1億、2億の借金を恐れず、

購入に踏み切る人が増えました。


実践力がある人が急増したのです。


しかし、どうでしょうか。。。


1億2億もの多額の借金を負って、

給与に代わる安定した経済基盤を確立して、

ライフデザインを実現している人は、

どのくらいいるのでしょうか?


残念なことに実践力は素晴らしい人が多いのですが、

もう1つ大切な要素が欠けているのです。


もう1つの要素とは・・・

 ↓↓

 ↓↓

 ↓↓

 ↓↓

 ↓↓


「ロジック」です。


不動産投資で成果出せていない人や、

物件を購入して借金やリスクばかり負っている人は、

このロジックが間違っているのです。



例えるならば、東京から沖縄を目指しているのに、

徒歩や自転車で行こうとしてる人が、

あまりにも多いのです。



飛行機代の数万円をケチって、

数百万円、数千万円と時間を損しているのです。



それどろか、多大なりスクまで、

負ってしまっているのです。



ですから、

「第2期ライフデザイン実践個別指導プログラム」では、

5年でライフデザイン実現を達成するロジックを、

4ヶ月かけて座学と実践の全8回の講座で、

少人数制で徹底的に教えていきます。


<ライフデザイン実現までのモデルケース>

【STEP.1】3千万円 利回り15% 1棟アパート

【STEP.2】3千万円 利回り15% 1棟アパート

【STEP.3】中古の賃貸併用住宅を購入

【STEP.4】3千万円 利回り15% 1棟アパート

【STEP.5】3千万円 利回り15% 1棟アパート


※実際にはこのような物件を買い進めていきます

スクリーンショット 2018-11-07 23.47.18



トータル1.5億円ぐらいの投資総額で、

毎月150万円超の家賃収入を得て、

毎月50万円超のキャッシュフローを実現するための、

ロジックです。



ライフデザイン実現までのロジックを教えます。

安定的に儲かる不動産投資のロジックを教えます。



スクリーンショット 2018-11-08 21.44.14



特に、もう一度ゼロから不動産投資を学び直したい人に、

とても有益なプログラムです。



「えっ!? 月150万円の家賃収入で、CF50万円なの?」


思ったよりも手残りが少ないと思われる方もいるかもしれませんが、

これはかなり堅く見積もっているためです。



空室、家賃下落、経費、税金、保険などを、

しっかりと考慮した上での計算です。



見せかけだけの偽りの数字ではありません。


ですから、最低で50万円/月のCFです。


いかがですか?

2億3億の借金をして物件を購入し、

CF50万円/月を得るのと、

どちらが効率的で、安全でしょうか?


このような講座に興味のある方は、

「詳細希望」と書いてお問い合わせください。

詳細をお送りします。

▼お問い合わせはこちら



◆追伸

「もう物件を所有しているのですが、受講できますか?」

という質問をいただきましたが、

すでに物件を所有されている方でも受講はできます。



今朝メルマガで先にご案内したところ、

すでに20名近くの方に問い合わせをもらっており、

さっそく昨日1名の方が申し込みしています。


主婦の女性の方です。

ですので、残り3名となります。



プログラムの詳細をお読みになって、

講座受講に関して不安や疑問があれば、

面談でななころに直接聞いていただくこともできます。


第3期の募集は、2期生が成果を出すまで、

いっさい考えていません。


また2年後の募集になるかもしれません。


もう2度と開催しないかもしれません。


1棟購入するまで徹底的にサポートするからです。

(1期生は、4名中3名がすでに購入済みです。)



「これだけ講座受講特典が付いて、
 こんなに安くていいのですか?」

という声までいただきました。


たしかにこれだけの講座ボリュームで、

この受講料は「相当安い」ですが、

それなりの受講料はします。


ですので、飛行機代をケチりたい人は、

決して問い合わせしないようにしてください。



そして、このブログを読んでピンと来た方は、

まずはプログラム詳細を請求してください。


「詳細希望」と書いてメッセージください。

詳細をお送りします。

▼お問い合わせはこちら