先日相談を受けていて、

「そりゃ、あんまりだ(怒)」

ということがありましたので、
シェアさせていただきます。



「本を出版するなどで信頼させ、
 コンサル&業者として、
 初心者サラリーマン投資家を食い物にする」


といった事例を、
これまでいたる所で見聞きしています。


先日お話しをお伺いした相談者の方が、
あまりにも理不尽な騙され方をしていたのです。



◆何冊も本を出版する投資家

そのコンサルの方は、
自身も不動産投資家であり、
大家業を営んでいます。


すでに著書を何冊も出版しています。

つい最近も出版されて、
出版記念セミナーをしていましたね。


そして、各地でセミナー講師をしたり、
コンサルもしていたりもします。


不動産投資の活動歴もわりと長く、
知り合いの投資家も多いようです。


一見すると「信頼できそう」なのです。


ライフデザイン実践会の会からも、
「あの人が・・・」といった声もあったほどです。

104858c3ab23f16d8c21c5cd5cc52b02_s




◆自ら宅建業を営む

そして、不動産投資である程度成功されたのか、
自ら不動産業者を立ち上げて、
収益不動産の売買仲介を行い始めます。


会社のホームページを見ると、
設立が平成26年となっているので、
今から4年前に立ち上げているようです。


廃業した水戸大家さんもそうでしたが、
「不動産投資家 → 宅建業者」
という流れは、結構あるパターンです。


しかし、その販売の仕方があまりにもひどい。。。


会社のホームページの代表挨拶では、
「不動産投資家のための不動産会社」
としていますが、

とても不動産投資家のためと
言える代物ではありません。


そして、先日、
この会社から物件を購入した方から、
相談を受けたのです。


アパートの収支が悪く儲かっておらず、
さらには修繕が発生するなどして、
苦労しているというのです。


そこで、物件の概要や収支、
当時の資料を一通り見せてもらったのですが、
愕然としました。。。

3f9e0db7f71a587d060a504b75061ac4_s




◆愕然とした取引内容

まず最初に愕然としたのは、
自らが業者売主(代理)となり、
大きく利益を乘せた上で物件を販売しているのです。


このブログの読者さんには、
詳しい説明は必要ないかと思いますが、

実際はこの業者とは別に売主(所有者)が別にいて、
その売主がOKを出した売値に、
利益を上乗せした上で売却しているのです。


※上乗せは推測の域を出ませんが、
 登記簿や実勢価格などから分かります。


そして、さらに、
見せ金のために顧客の預金口座にお金を振り込み、
当然かのようにフカシ融資をやっています。
 

それだけではありません。

コンサル料として500万円を上乗せしているのです。


売買金額にオンした上に、
さらにコンサル料を500万円ですよ!?

驚きませんか?


さらに、さらに、

銀行手数料150万円、

登記費用200万円など、


最初の見積もり段階では無かった項目で、
内訳や詳細のよく分からない項目が、
追加されているのです。

精算書1



◆「羊の皮を被った狼」

当時の精算書(昨年)が手元にありますが、
この精算書を見て愕然としました。。。

ここまでやるかと。。。


「羊の皮を被った狼」とはまさにこのことです。


もちろん価値に見合った金額を請求することは、
たとえコンサル料が高額だったとしても、

顧客が納得しているのであれば、
問題ないと僕は考えています。

(宅建業法に触れる可能性がありますが)


しかし、素人をいいことに、
信頼させて騙すような形で請求しているのは、
どうなのでしょうか・・・


僕たち自身が知識武装するしかありませんが、
不動産投資家仲間のフリをしてこういう行為をすることが、
本当に残念で仕方ありません。


以前は不動産投資家の仲間って、
ほんとうに温かい人が多かったのですが。。。

くれぐれもお気をつけください。


いずれ精算書などは、
メルマガ等で公開してしまおうと思います。

メルマガも合わせてお読みください。