◆働く目的

サラリーマン時代、毎朝の通勤電車の中で、
流れる景色を眺めながら、
もんもんと考えていたことがあります。


「いったい何のために働くのだろう?」 

「いったい誰のために働くのだろう?」



会社では上司の理不尽なパワハラ。


上司が帰るまでは、課員は誰一人、
先に帰ってはいけない。


先に帰る時は、上司に理由を言って、
許可が出た時だけ。


最低でも20時までは仕事(定時は17時15分)。


仕事が終わると、毎晩のように、
飲み屋にいる上司から課員全員にメールが入り、
呼び出しがかかる。


飲み屋に行ったら行ったで、
ずっと立たされて2時間説教。


サラリーマンをやめる直前の2年間は、
こんな状況でした。。。


3daab7f3075f773f88fc1c56fd689028_s




◆スルガ銀行もノミネート「ブラック企業大賞」

先日、2018年のブラック企業を決める、
「ブラック企業大賞」のノミネートが発表されました。


「お前の家族を殺すぞ!」


社内で横行していたパワハラは衝撃的だった、
見事に(?)スルガ銀行もノミネートされています。


〜 記事一部抜粋 〜

18年版「ブラック企業大賞」9社ノミネート 野村不動産、スルガ銀、財務省など

 ブラック企業大賞企画委員会は12月5日、“今年1番のブラック企業”を決める「第7回ブラック企業大賞」のノミネート企業を発表した。今回は野村不動産、スルガ銀行、財務省など9社が挙がった。「大賞」「業界賞」などの各賞は12月23日に発表される。

 労働環境の悪さなどが問題となった企業を毎年選出し、皮肉を込めて“賞”を送るというコンセプトの企画。長時間労働、セクハラ・パワハラ、いじめ、低賃金、コンプライアンス違反――などの観点から、弁護士やジャーナリストなどで構成される企画委が評価する。

(2018/12/05 MSN記事より)

〜 ここまで 〜



◆ノルウェーでは就労時間外の労働は法律違反

日本の企業の惨状について、
ノルウェーの友人とよく議論しました。


個人の時間や家族の時間を大切にするノルウェーでは、
就労時間に対する法律は厳しく、
決められた時間以上に働くことはできないそうです。


また、「タダ働き」も厳しく制限されていて、
働いた場合には必ず対価が発生します


ノルウェー人の一日のサイクルは、
24時間を3分割して考えるそうです。


8時間・・・睡眠

8時間・・・仕事

8時間・・・プライベート



ノルウェーで小学校の先生をする彼は、
8時に学校に行き、15時か16時には帰宅する生活。


そのためか、我が家に泊まりにくると、
仕事が帰って、すぐ食事の支度、片付けと、
家事に負われる妻に向かっていつも注意します。

優しく微笑みながらゆっくりと。


「◯◯さん(妻の名前)、座って休んでください。」


そんなノルウェーは、人口わずか600万人にも満たない。


それにも関わらず、1人当たりのGDPや、
平均寿命、就学率、成人識字率ともに世界的に高く、
「人間開発指数(HDI)」も世界トップクラス。


税金も高いが、働く人の平均年収は1200万円ぐらいと、
当時は話していました。

1005127139d1b780e88cf01787d6752d_s



◆倍働いても人生が豊かにならないのはなぜ?

だからといってノルウェーがすごいとか、
日本がノルウェーに比べて劣っているとか、
そんなことを言うつもりはありません。


でも、当時は彼と話しをしていて、
日本の企業の働き方に大きな疑問を感じました。


働く時間は2倍以上なのに、
年収はノルウェー就業者の平均年収の1/2程度。


一方で、人生を豊かに過ごしているのは、
圧倒的にノルウェーの友人だなと感じたのです。


電車の窓から流れる景色を眺めながら、
もんもんと考えていました。。。

39196501722cca6b5065c52514401c1c_s
39196501722cca6b5065c52514401c1c_s



◆ライフデザイン実現の4つのステージ

しかし、月日が流れ、
不動産投資である程度の経済基盤を確立し、
サラリーマンをやめると分かってきました。

働くことの本当の意味が!


僕はサラリーマン時代に、
自己啓発系の本を読み漁り、

ライフデザイン実現には、
4つのステージがあることを知りました。

スクリーンショット 2018-12-06 17.06.43


まずは「ステージ2」を目指そうと考え、
不動産投資を始めたのです。


ステージ2に到達したら、サラリーマンを辞め、
好きなことをビジネスにしようと考えたのです。


そして、今では、会社や上司のために働くのではなく、

・自分の人生ため

・自分の成長のため

・家族のため


これらの自分にとって最も大切だと思う、
3つのことにのために働くことが、
できるようになりました。


今は働くことが楽しくて楽しくて仕方ありません。


そうなると不思議なもので、
どんどん収入も増えてくるもので、
今ではサラリーマン時代の何倍も収入があります。


何より自分のための時間があります。


不動産投資の目的はというと、
「お金儲け」「優雅な生活」「将来の不安解消」
といった目的がよく上げられますが、

「ライフデザイン実現の第一歩」になると、
強く感じている次第です。



◆追伸


そろそろお子様をもつパパサンタさんは、
何をプレゼントしようか迷っているところでは、
ないでしょうか?


我が家にも小学3年生と5歳の息子がいますが、
何をプレゼントしようか、
さり気なくヒアリングしているところです(笑)。


しかし、長男はそろそろサンタを信じなくなる年頃。


先日、車の中で、

「サンタクロースって、パパとママなんでしょ!?」

と聞いてきました。


まだちょっと半信半疑のようです。

こういうところがまだまだ可愛い。


ちょっと返答に困りましたが、

「サンタクロースを信じられなくなった人は、
 プレゼントをもらえなくなるみたいだよ。」

と言ったら、黙り込んでしまいました。


今年はサンタは来るのでしょうか・・・。


メルマガも合わせてお読みくださいね。