From:ななころ
セミナー会場より

◆人生ってなんだろう?

人生の折返し地点にきたからでしょうか。

40歳を過ぎたあたりからでしょうか。

「人生ってなんだろう?」と考えることが多くなりました。


不動産投資で成果を出すことは、人生を充実したものにするための1つの手段に過ぎないわけで、

最終的にどんな人生を描きたいかをいつも考えることってとても大切なんじゃないかと思っているのです。


私たちの人生ってなんなのでしょうか・・・?


世の中には、

人生どん底を味わいながらも、「最高の人生だったー」と人生を振り返りながら死んでゆく人と、

安定した人生を送りながらも、「なんてつまらない人生だったんだろう」と後悔しながら死んでゆく人。


いろいろな人達がいるわけです。


最高の人生を送れた人と、不幸な人生を過ごした人は、いったい何が違うのでしょうか?

最幸の人生を送るためにはどうしたらいいのでしょうか?


o0464070013988883050
(北斗の拳より)


◆これまでの人生でどんなことを覚えているか?


それでは、自分のこれまでの人生ってどうだったでしょうか?


これまでの人生を静かに思い出してみると、いろいろなことが走馬灯のように蘇ってきます。

そう考えると、人生って「記憶」なんだなと思うわけです。

記憶を積み重ねていくことが人生なんだなと。


そして不思議なことに、嬉しかったことや苦労して何かを成し遂げた時のことだけでなく、辛かったことや大変だったことが思い浮かんでくるのです。


たとえば、初めての彼女とのデートで、1時間以上も待たされた時のジェットコースターのような感情は、もう30年近く前ですが、今でもはっきりと覚えています。


一方で、なにごとも無く、平穏な毎日を過ごしていた時期のことは、ほとんど記憶がありません。

何事も無かった日というのは、たとえ昨日の事でさえ、はっきりと覚えていなかったりしますよね。



◆「記憶」=「感情」

そう考えると、記憶って、「感情」なんだなと思うわけです。

つまり、感情を大きく揺さぶられた時に、記憶されるわけです。


そして、もう一歩進めて考えてみると、感情を大きく揺さぶる毎日を過ごすことが記憶に残り、人生に記録されていくんだなと感じているのです。

人生って、記憶の積み重ねであり、感情の積み重ねなんだなと思うのです。


だから、感情を豊かにすることって、日々の思い出が積み重なっていき、充実した人生になるじゃないかなと思うのです。


本日は、今まさに記憶について少人数でセミナーを開催しているのですが、感情を大きく動かすことができれば、脳にどんどん記憶することができるわけです。


さらに、10年経っても、20年経っても、はっきりと記憶として残るんだなということが分かってくるのです。


あとは感情を動かすコツさえ分かってしまえば、記憶力というのは飛躍的に向上するのです。

年齢、性別、経験、いっさい関係なく。


つまり、記憶力を向上させるということは、感情を豊かにすることであり、結果的に充実した人生をおくることなのではないかなと考えている次第です。


今日の出会いに感謝しながら。。。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3cfa



◆編集後記

今、とてもバタバタしています。

私が志事として取り組んでいるホームステイ事業が、とても立て込んでいるからです。


昨日は、ある企業とコラボして、セミナー&説明会を開催していました。

この企業は元サッカー日本代表の本田圭佑選手が出資しているホームステイ事業の会社です。

(TAT◯RUではありません笑)


そして、昨夜からスイス人の女の子が、また我が家に来てくれています。

彼女は3年前に、約1年間我が家にホームステイしていました。

もう5回目でしょうか。


どんどんキレイになっていく姿をみて、嬉しくもあります。

我が子もデレデレです


そして、なんとっ!?

我が家にホームステイした時に知り合ったフランス人とお付き合いすることになり、今度は一緒に我が家に来てくれているのです。


このホームステイ事業は、正直にお話すると、まだ売上はほとんど立っておらず赤字です。。。

個人のお金を回している感じです。


しかし、こうやって我が家がきっかけで、世界中がつながり、カップルまで誕生するホームステイ事業を、私は誇りに思っている次第です。