From:ななころ
自宅より

◆突然の緊急電話

ここ最近、面談が立て続けにあり忙しい日々。

今日も朝から面談が続く。


10:30 一人目の面談

12:30 二人目の面談

15:00 三人目の面談


16:15 面談を終え、妻からのLINEメッセージに気づく

「長男の通う学校の先生からTELあり。」

「息子が外側からドアを閉めて、女の子の指2本を挟んで負傷させてしまったらしい。。。」


このタイミングでブログを執筆しようと思っていたが、慌てて家に戻る・・・汗


17:15 息子と話しをして事情を聞く。

17:45 次男を保育園にお迎えに行く時間となり、妻にバトンタッチ

18:30 ホームステイしていた子が最終日のため、最後のお食事へ 

21:30 帰宅し、子どもたちを寝かしつけ

22:00 お風呂やメール返信など雑務

今ココ → 23:00 ブログ執筆

a1168d30a545576f2fd31f4109d26176_s (1)




◆ななころ流はすぐに買付入れない

実は、二人目の面談が終了した後に、付き合いのある業者から良さそうな物件情報メールが届いていることに気づく。


利回りは14%弱と、ななころ基準を下回るものの、エリアや築年など良さそう。

詳細資料を請求。

すると、15分足らずでレントロールや登記簿など資料の返信あり。


販売図面から読み取った通りなかなかの物件。

これは検討の価値あり。

抑えておきたい物件。

3f31cb6071cc78effb196b6a4c7cd399_s



しかし、ななころはここですぐに買付を入れたりしない。


ななころは競争が大嫌いだから。

それに、競争するような物件は決して売値が下がらない。

ましてや過去購入したように、売値の半値近い指値などほぼ不可能。


いかに安く物件を買うかで勝負はほぼ決まる。

一か八かの不動産投資ではなく、99%負けない不動産投資をする。


だから、買付はすぐには入れない。

他の人に取られてしまったら、それはそれでOK。

ライバルに勝つことが目的ではない。

ライフデザインを実現する経済基盤を確立することだから。


だから、買付を入れる前に付き合いのある銀行に確認のTEL。


私「こんな物件情報が届いたのですが、どうでしょうか?」

私「残法定耐用年数と同じ融資期間でも、金利1%なら返済比率50%を下回りそう。」

銀行「分かりました。検討できるかもしれません。」



曖昧な返事だけれど、脈アリと判断。

銀行員は内諾を得るまで、絶対に断言はしない。

でも、脈がない場合は「不可です」と断言するから笑


果たして銀行から回答はいかに・・・?

(つづく)



◆編集後記

我が家にホームステイしていたデンマークの女の子。

東大に通う留学生。

とっても頭が良くて、可愛くて、良い子。

明日からしばしのお別れでちょっと寂しくなります。。。涙

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4244