From:ななころ
プライベートオフィスより

◆銀行の融資対象エリア

とてもバタバタしている一日のため、今日は手短に。


驚いたことがあった。


ななころがしばらくチェックしていた茨城県の物件。

他の人から買付が入ったらしい。


ななころが購入するような物件は売れ残り物件。

道路付けが悪い、融資が付かない、など訳あり物件。

買付が入るのはまったく問題はない。


どうせ融資が崩れるだろうと思っていた。

そして、売り主が諦めたところからがチャンス。


不動産は焦ったら負け。

釣り糸を垂らしておいてじっくり待つ釣りのよう。

焦らずじっくり待って購入する。


しかし、驚いたことに、融資が出そうで売れそうとのこと。

「融資が厳しい厳しい」と言われている昨今において。


しかも、「えっ?このエリアに出すの?」という地銀が、融資を出しそうとのこと。。。


買い主の属性や資産背景は分からないが、通常なら完全に融資対象エリア外のはず。

当然、支店は物件所在地には無い。

うーん。


そーいえば、先日我が家を訪問してきた、とある信金の銀行マンも言っていた。

「エリアはなんとかなるかもしれません。」

これまでの信金の常識だったらありえないと思っていた。

うーん。


銀行の変なエリアという概念がやっと崩れてきたのだろうか???


一部の銀行だったり、今回だけ特殊だったりするのかもしれないが、銀行もより柔軟になってきているのだろうか???


会員の中でシェアされている話では、以前として融資は厳しい状況。

・S銀行 → 一都三県のみ

・J銀行 → 今は不動産向けやってない

・A信用組合 → 一都三県のみ

・T銀行 → 新規ダメ

・A銀行 → 新規ダメ

・D銀行 → 今は相当厳しい

などなど


引き続き調査を進めてみたいなと思う。